じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 市民寄席50周年

<<   作成日時 : 2007/09/25 21:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


あっちこっちに「市民寄席」と名づけられた落語会がありますが、その代表的な会が京都の「市民寄席」です。私は少なからずこの「市民寄席」と縁があります。初めて行った落語会がこの「市民寄席」。そして何よりも私と市民寄席は同い年、しかも月まで一緒の9月生まれなんですから。

その縁を振りかざして、担当の米輔、春若兄さんに「出してください」とお願いしたものの見事に却下されました。うちの御曹司に出番を取られてしまいましたねえ。でもいつものように鳴物担当では雇ってもらいました。

その50周年記念公演は一昨日でした(また一昨日かい!)。今回の会場はいつもと違って、祇園甲部歌舞練場でした。ここはもちろん祇園にあるのですが、すぐそばにJRAの場外馬券売場があるので、すぐそれとわかる方達がたくさん居てはります。

祇園甲部歌舞練場と言えば、毎年春、華やかに「都をどり」が開かれるところです。楽屋のトイレは女性用だけです。さがしたらどこかにあったと思うのですが、今回は遠慮しつつ女性用を使用させてもらいました。いや、べつにそれがどうということはないけどね。○○ちゃんもここを使ったのかな、と……。

この会場はかなり古いものではありますが、なんといっても歌舞練場。開演前に舞台とか花道(構造上、途中で直角に曲がってます)を歩き回りました。ああ、ここでしゃべることなんか一生ないのでしょうねえ。

トリの福団治師匠が上がったところで、ザーッというすごい音が……。雨です。一時はものすごい降りでした。天気予報で「降る」と言うてましたっけ。自転車で行ってエライ目にあいましたがな。

そんなこんなの50周年を50歳の私からもお祝いしてあげたつもりです。「市民寄席」よ、おめでとう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
市民寄席50周年 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる