じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 繁昌亭通い

<<   作成日時 : 2009/06/10 14:32   >>

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


1日から「もんぼう寄席」の日を除いて8日まで繁昌亭通いが続きました。昼席と私の会「京の噺家桂米二でございます」です。昼席はインフルエンザが流行ったときにキャンセルがたくさん出たらしく、空席が目立ちました。大入が出たのは2日間だけ。ぶっちゃけた話、大入袋には50円入ってます。今までは繁昌亭に出るたびに毎日大入をもらって50円玉が増えた、と喜んでたんですが、少ないと寂しいもんですなあ。

「京の噺家」では幸いキャンセルは出ませんでした。皆さんありがとうございます。ここではさん都君が活躍してくれました。前座で出ただけではなく抽選会の手伝いも。でも彼、この日は腰紐を忘れてたのです。抽選会景品の果物をくくってた紐で代用。カッコ悪いねえ……。この間、今治で長襦袢を忘れた私もえらそうなことは言えませんが……。

画像


抽選会は果物とお菓子が景品です。果物は紙袋、お菓子は赤いレジ袋に入れて、舞台にズラッと並べました。その赤い袋にちょっと形の違うのが混ざっておりました。

「それは何や?」

二乗が拾い上げて確認しました。

「師匠、これゴミ袋です」

楽屋で使ってたゴミ袋なのでした。いつもの天然ボケで二乗が持ってきたのかと思たら、これはさん都君の仕業でした。これ、何を考えて持ってきたんか知らんけど、ゴミ袋を繁昌亭の舞台に並べてどうするの? 神聖な舞台を汚したというて、ここへ上がれなくなるかもしれんよ。

前回の抽選会では、二乗がプログラムに書いた番号が「6」なのか「0」なのかわからなくて困ったことがありました。おかげで抽選会は、前回も今回も落語より盛り上がったけど……。二乗、さん都と天然ボケが二人寄ると何が起こるかわかりません。

ここしばらく毎日出かける仕事と原稿の締切が二つありまして、実のところくたくたです。昨日は金比羅さんの会、今日は「もとまち寄席恋雅亭」。原稿は済んだのであとは落語だけ。もう一ふんばりですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今回の百年目は特に旦那の番頭に対する優しい思いやりに感情をこめて聞きました。センダンとナンエン草の話はいつの時代でも通用するいい話ですね。

しかし、私は店の2階で苦悩する番頭の姿に人間性を感じます。

抽選会ではお茶子さんが景品を手に駆け回ってました。大変そうですね。
園田のファン
2009/06/10 16:51
お疲れ様でございました。百年目は私にとっても因縁のある噺。そして米朝師の full versionを聞いて以来約25年ぶりの代書。期待通りの2時間でした。
初代杢兵衛
2009/06/11 08:22
長講二席、しかもこの二席の組み合わせは初めてでした。ちょっと疲れがたまってます。たまってるといえば洗濯物もたまってるんです。今から片づけます。今日は雑用に当てる日なんです。
ジーやん
URL
2009/06/11 09:14
お疲れさまでございました。そしてマンゴー当選感謝いたします。もちろん丸留様にも…。
しかし常日頃とは味覚の違う部分を刺激されますねぇ、パッションフルーツというもんは。
いや、非常においしゅぅございました…癖になったらどないしょ…。

先週、雀松さんも繁昌亭の会で「百年目」を掛けたはりました。演者さんそれぞれの空気があって、決して国宝流一辺倒では無いのが楽しいですな。それだけ、一門の噺として練られてるという事なのでしょぉね。
サゲまで聴かにゃ気ぃが済まんよぉになってしもぉた「代書」…こっちは癖になってますぅ。
亀虫ぷっぷ
2009/06/11 13:03
たっぷりと楽しませていただきました。
管理職の夫は、「百年目」を前のめりになって、聴いていましたよ。
(会社で、応用すんの?)
ありがとうございました。

あ、そうそう、抽選会は、何も当たりませんでした。(笑)
ちりとてちん
2009/06/11 21:48
何度か通うていただくと必ず当たります。でも当たったら来なくなる人もあるしねえ。
ジーやん
URL
2009/06/18 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
繁昌亭通い じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる