じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 中村屋コロッケ

<<   作成日時 : 2010/02/14 00:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


天満天神繁昌亭での「京の噺家桂米二でございます」からもう1週間以上も経ってしまいました。相変わらずバタバタの毎日です。

12日付でNIKKEI NETの更新をしています。ラスト2ですな。

さて繁昌亭の日に話を戻します。いつも楽屋入りするときは腹ペコです。自分の会の日は準備に一番時間がかかり、朝からなんにも食べない日がほとんどです。で、繁昌亭の会のときはいつも行列のできるお店、中村屋のコロッケのお世話になります。これが私の腹を少しふくらませてくれます。あ、楽屋見舞いではなくて自前ですよ。この日は吉弥君の弟子の弥太郎君が買いに走ってくれました。いつも二つ食べて開演に備えます。

この日、一番しんどいネタはもちろん「たち切れ」です。楽屋には銀瓶君やまん我君が駆けつけてくれました。銀瓶君は以前会ったときに「勉強に行かせてもらいます」と言うてましたが、ほんまに来ました。律儀な男です。「軒づけ」の途中で帰りましたが……。

「たち切れ」もコロッケのおかげでなんとかしゃべれたのかもしれません。腹ペコではなかなか……。

しゃべり終わったら仲入りです。いつも繁昌亭では開演前や仲入りのときに寄席囃子が流れます。仲入りになって最初に流れてきたのが、笑福亭仁智兄さんの出囃子でした。「オクラホマミキサー」、運動会のフォークダンスの曲です。

♪チャラ、ラーララーララ……

「たち切れ」の地唄の「雪」のあとにこれが流れてきたので、あまりの落差に楽屋は爆笑となりました。いや、べつに仁智兄さんの出囃子が悪いわけやないんですが……。

7年間連載したNIKKEI NET「京の噺家桂米二でございます」(落語会とおんなじ名前でややこしくてすみません)の最終回はその「たち切れ」について書く予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中村屋コロッケ じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる