じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 新作落語初演

<<   作成日時 : 2011/09/16 11:31   >>

面白い ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 8


新作落語なるものを今までに十作以上は手がけてきましたが、いつもかなり苦労をいたします。ハイ。

新作落語を演じる噺家には二通りあります。早くから台本をもらって(もちろん自作ではない場合)早くから覚えにかかる人。もう一つはギリギリになって切羽詰らないと覚えない人。私は……もうおわかりですね。ギリギリ派であります。以前は3日ほど前からかかってました。最近は当日。ここまで追い詰められるとすごいよ! ……て感心してる場合やなかったんですが。

多くは小佐田定雄先生とくまざわあかね先生(あ、普段はあかねちゃんとちゃん付けで呼んでますけど、このブログはオフィシャルですから先生と呼ばせてもらいます)の作品です。ことに先代桂歌之助兄の死去で「上方落語勉強会」の世話役を引き受けてからは、ずいぶんやる回数が増えたように思います。だれか、世話役代わってくれへん?

去年は小佐田先生の「火事場盗人」。これは泣かせる噺で、擬似古典と呼ばれる時代設定を古典落語と同じにしてある新作落語です。小佐田先生はこのパターンが多いですね。逆にくまざわ先生は過去二作とも現代物でした。おばちゃんが主人公でパワーのあるやつね。片方は夫婦喧嘩がテーマの噺でした。

で、昨日の作品はまたしても現代物、これも夫婦喧嘩がテーマ。くまざわ先生は我が家の様子を覗き見してはるんと違いますか?

夫婦喧嘩しながら車を運転して、しかもカーナビが活躍するという画期的なもの。画期的ですが、覚えにくい覚えにくい。カーナビの物真似までせないかんしね。あ、昨日は高座で「カーナビが出てくる落語は初めてかも?」と申し上げましたが、すでにあるそうです。笑福亭たま君が何人かで競作して作ったと言うてましたから。ここでお詫びして訂正。

ストーリーはまたどこかで聴いてもらうとして、省略させてもらいます。しかし、私、落語を新たに覚えるとき、いつもは全体の流れをつかんで大雑把に覚えて、そこから細かいところを詰めて行くというやり方をしています。極端なときには大雑把な状態でやります。それは時間切れで間に合わなかったちゅうことですが……。

へんな言い方ですが、それでもできる落語はあります。ことに古い落語で私自身が何度も聴いて馴染みのあるものなんかはそうです。で、これに慣れてきたからいかんのです。昨日の落語は大雑把では絶対にできない内容でしたから。ここでこの言葉を言わないかん、そこでそのセリフが抜けたらギャグが成立しなくなる、こことそこのセリフの順番がひっくり返ったら辻褄が合わなくなる……。これの連続ですわ。

昨日の朝から覚えにかかったのですが、苦しい苦しい。楽屋入りしても人との会話を絶ち、怪談の踊り場に逃げ込んで、頭へ詰め込んでました。

画像


終わってホッとしましたが、今度はお客さまに考えてもらった題名を選ぶ作業。「お題の名づけ親はあなたです」という趣向ですが、なかなかたいへんな作業です。圧倒的に多かったのが「カーナビ」とか「ナビ」を使った名前です。中にはこんなのがありましたね。

「カーナビはアホ!」

これは私がマクラで「うちのカーナビはアホです」と言うたからでしょう。他にも「カーナビの勝ち」「ナビ奉行」「ナビ調停」「夫婦ナビ」とかありましたが、私が選んだのはこれです。

「人生ナビ」

二人の方が同じ題名を考えてくれはりました。ありがとうございます。今は新作ですが、後々これが古典落語の名作として落語史に燦然と輝く金字塔……にはならへんならへん。もう二度とやらへんかもしれん。

とにかく新作落語初演は私にとって大仕事でした。ほんまに余裕がありませんでした。どれほど余裕がなかったかというと、他の出演者にギャラを渡すの忘れました。私の分は持って帰ったよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
新作は楽しいけれども、本当に昨日の話は道筋を間違えたら成り立たないような…。上方落語勉強会は、二乗さんの雑記帳も楽しみのひとつです。
シネマおばちゃん
2011/09/16 11:55
「人生ナビ」ですか。昨日の夜、たまたま、落語情報を、見てたら、あ〜今頃は、新作の噺したはる頃やろうなぁ、って思ってました。もう、しないかもしれません、ではなく、また、何処かで、して下さい。アホな、ナビの噺を、聴かせてほしいです。
くにみ坂
2011/09/16 12:12
決してあげ足をとるつもりではありませんが、"怪談の踊り場"ってどんな風になってるかすごく興味があります。
皿屋敷のお菊さんが日本舞踊の稽古でもしているんでしょうか?
ちょっと悩むところです。
難延草
2011/09/16 18:42
意地悪ですね。そういう変換ミスは直接メールで私にそーっと教えてくれはったらええやないですか。ほなら、こちらもそーっと修正しますがな。大っぴらに書かれたら、もう修正でけへん。このままにしときます。
ジーやん
URL
2011/09/16 19:21
【怪談の踊り場】嫌みなコメントされますね。揚げ足ばかりとると自分の足元すくわれますょ。師匠のジョーク追求しないで聞きながしましょう。
かかし
2011/09/16 19:32
怒り爆発してコメント書き込んでる間に師匠が先にコメントを入れられてしまいましたヌ。きっと師匠のファンの皆様も同じ思いですよ」
かかし
2011/09/16 19:45
でも師匠が新作をギリギリにならないと覚えないとか、可愛い変換ミスしてはるんとか、どんくさい私はホッとしますけど…人生ナビ面白かったですよ。また、観たいです。もっと強烈な奥さんが観たいな♪
たりらりらん
2011/09/17 02:15
さっても綺麗な色めの羽織りで 時々PCサイトも覗くおばちゃんより
シネマおばちゃん
2011/09/17 10:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新作落語初演 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる