じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 金比羅さんの会で花見はあるのか?

<<   作成日時 : 2012/04/06 10:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


人数が増え過ぎるのも考えものですな。米朝一門が全員顔を揃えるというのは、あり得ないことになってしまいましたから。比較的集まるのが、事始めとお正月。これもまた時期が偏ってる。

以前は京都の「金比羅さんの会」にはわりとみんな集まっていました。俗にこう呼んでますが、正式には「桂米朝落語研究会」と言います。

そういうといまだに忘れられないことがあります。どこかの落語会でお客さまにこんなことを尋ねられたました。

「今度のベーケンはいつですか?」

私は目を丸くして、

「ベ、ベ、ベーケンっていったいなんですか?」

「桂米朝落語研究会」を省略して言うてはったんですね。そんなもんわかるかい!

我々が言う「金比羅さんの会」は昔、うちの国宝の厳しくて偉大な反省会があったので、若手噺家は仕事さえなければみんな来ていたのです。出番がなくても勉強になりますから。担当が国宝から私に移って、みんなは来なくなりました。勉強にならないから……。ま、仕方ないけどね。これでも気がついたことは注意してやってるのですよ。しかも飲みながら。

画像


毎年4月のこの会は終演後、一門のお花見をやっていました。うんと昔はそのまま円山公園まで繰り込んでいたのですが、花見客も大勢ですし、米朝、枝雀が居るというのでなんの関係もない人が集まってきたりして、そのうちに比較的静かな金比羅さんの境内でやるようになりました。ここもよく咲いているのですよ。

ところがある年メチャクチャ寒かったので、それ以後は外へも出ずに中で宴会をするようになりました。誰も花を見ません。どこが花見やねん?

それでも集まってやってたんです。その後、国宝が来たら花見をやる、来なかったらやらないというのが続いております。近年では一昨年、国宝が来てくれたので花見の宴をやりました。

そして本日はベーケンです。ベーケンっていい響きですね。使おうかな。「金比羅さんの会」です。やっぱり一門の花見はありません。我々は有志を募って某所へ行くつもりですが……。

  ☆4月6日(金) 18:00 〜
第273回桂米朝落語研究会/安井金比羅会館(和室)
  京都市バス「東山安井」すぐ・京阪「四条」南東へ徒歩15分
「子ほめ」米輝 「七度狐」弥太郎 「転失気」優々 「桑名船」まん我
「武助芝居」文我 「竹の水仙」ひろば 「京の茶漬」米二 「首提灯」吉の丞
会員¥1,200(入会費・年に一度の更新料¥500) 一般¥1,500 当日のみ・予約不要
TEL 06-6365-8281 米朝事務所 http://www.yasui-konpiragu.or.jp/

吉の丞君、初めてのトリです。予約は要らないのでお気軽にどうぞ。

ついでに迫っている会も紹介します。

画像


  ☆4月8日(日) 14:00 〜
第28回桂米二音太小屋寄席/天満・音太小屋(2F・椅子、腰掛席)
  大阪地下鉄・阪急「天神橋筋六丁目」東へ徒歩5分
「花ねじ」優々 「二階借り」米二 「ハンカチ」ちょうば 「住吉駕籠」米二
前売・予約¥1,800 当日¥2,000 http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/
TEL (G)06-6353-6985 FAX 06-6353-6984 音太小屋(日本会計用品内)
 「音太小屋」で「ねたごや」と読んでください。
 終演後、参加料¥1,000(1ドリンクと軽食)〜で懇親会あります。
 懇親会でご質問お待ちしております。但し、貝になるとき有。

最寄の駅は「天神橋筋六丁目」ですが、はっきり言うてわかりにくい路地にあります。メッチャ迷う人あります。スマホをお持ちの方、Googleマップで「音太小屋」または「06-6353-6985」と入力したら出てきますよ。

画像


  ☆4月12日(木) 19:00 〜
第23回神宮道上がる下がる寄席/洛東教会(2F・椅子席)
 京都地下鉄東西線「東山」北東へ徒歩8分
 市バス「京都会館美術館前」東へ徒歩1分・仁王門通神宮道東入
 〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町91-66 洛東チャーチホーム
「米揚げ笊」福丸 「天狗裁き」米二 「蛸芝居」米紫 「住吉駕籠」米二
前売・予約¥1,800 当日¥2,000 主催:神宮道商店街組合(神宮道上がる下がる)
TEL 075-771-9401 FAX 075-761-1772 博宝堂(月曜定休・10〜18時)
http://www.madoi-co.com/wedding/rakuto/
http://www.hakuhou-doh.com/ http://www.heianden-wagashi.jp/
 桂米二お膝元の落語会です。洛東教会まで歩いて5分です。
 うちの町内のお店、平安殿のお菓子が当たる抽選会あります。

神宮とは平安神宮のことです。明治神宮ではありません。当たり前やけど。あの有名な大鳥居の南の信号を東へ少し歩いた南側です。Googleマップなら「洛東チャーチホーム」で検索してください。

この日、きっと琵琶湖疏水の桜が見事です。

「金比羅さんの会」は予約不要ですが、「音太小屋寄席」と「神宮道上がる下がる寄席」は桂米二もメール予約を受け付けております。予約の仕方は「米二ドットコム」→「落語会情報」を見てね。予約してね。来てね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
日曜日『音太小屋寄席』に行かせて頂きます。が、迷わずに行く自信はありません!開演時間までに着くように頑張って行きます。
さくらんぼ
2012/04/06 20:36
ベーケン ええ。シャレてる。響きがドイツ語っぽい。
イッヒ リーベ ベーケン  ハイル ベーケン!
いける。
てっきり内々(うちうち)では、前からこない呼んではるのやと思てました。

折角、米二さんが、手間隙かけて手広く書き込んではるんやから、
コメント0では見てる方がつらいんどす。なんとかネタを拾うては、
ちゃちゃっと書いてまう。「笑うてナンボじゃ」は、上方生まれの
性(さが)どすねん。
「明け方にシュッと更新すると、馴染みのお客の色々意見で、
 コメントの雨が降るようだア〜 
 人気ブログ塚を握る奴は、これでなけりゃあ、嬉しくねェ」
そこは雨だけに、それぞれのお方のイヤなタイミングで降り出し、気に障る降り方することもありんすわさ。それもまた浮世じゃわいなあ。
千枚漬
2012/04/06 22:22
「ベーケン」不思議な響きですがいいですね!そのベーケン後、某所で反省会宴をしながらお花見はできましたでしょうか?
先日、YouTubeでたまたま見つけて 米朝師匠と久米宏さんの対談(最期の晩餐企画)見ておりました。場所は、安井金比羅さんの高座の前。 リクエストしていないのに食べるお話になって「京の茶漬け」のしぐさをさらさら〜と。それもこちらが食べたくなるような…美味しそうに。
すばらしかったです。米二のも拝見したかったですm(_ _)m
あずあず
2012/04/07 00:14
【訂正 お詫び】
米二師匠の(京の茶漬け)も拝見したかったです。 申し訳ありませんでした。
あずあず
2012/04/07 01:27
本当に、私も、米二師匠の「京の茶漬け」聞きたかったなぁラまた、どこかの会で、しはりますか`T

それから、米朝大師匠は、お元気にしてらっしゃいますかヨa今も、お肉を、食してはるのでしょうねEちょこっとずつでも、続けて召し上がって、パワーをつけて頂きたいですねヌ
くにみ坂
2012/04/07 08:46
「京の茶漬」はあんまりやりません。短い噺なので時間調整にという感じ。

国宝とは週明けに会う予定です。
ジーやん
URL
2012/04/07 13:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
金比羅さんの会で花見はあるのか? じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる