じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 新春恒例!! 米朝一門会

<<   作成日時 : 2013/01/06 23:54   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


2日と3日はお正月恒例の「新春米朝一門会@サンケイホールブリーゼ」でした。私は3日に出演いたしました。

新春のこの会は、前のサンケイホールの「桂米朝独演会」時代から40年ほど続いています。改めて40年と聞くとちょっと驚きますなぁ。私が新春のこの会に出るのは4年ぶり。かなり競争率の高い会なんです。

2日は出番がなかったのですが、一門の新年の挨拶があるので出席。挨拶言うたかて、日本酒で乾杯するだけです。というて酔うほど飲むわけやありません。こんなん寝てる子を起こすだけやん。

乾杯の前に国宝の挨拶。

「えー、そういうわけで……。何がそういうわけやわからんけど……。乾杯!」

笑かせてくれました。ご機嫌がよろしくてけっこうでございました。

新婚の二乗が新妻を連れて来てたので、みんなの前で結婚の報告と挨拶。

「12月に結婚させていただきました。まだまだ未熟ですが、どうぞよろしくお願いいたします」

それだけ言うて挨拶を切り上げようとするので、思わず私は一言。

「こら、嫁はんをちゃんと紹介せんかい! 名前を言わなわからへんやろ!」

今年一発目の公開説教。えらいみんなに受けてしもたがな。受けさすつもりなんかなかったのに。ちなみに嫁さんは微咲(みさき)さんと言います。

画像


2日の一門会は、まず出演者全員+国宝による新春のご挨拶。スポーツ紙には紹介されてましたが、ざこば兄さんの涙、涙の挨拶となりました。それから落語六席。

私は、次の日に何をしゃべろうか? 演目をどうする? そのことばかり考えておりました。三つ目で持ち時間は22分。時間は目安とはいえ、あまりオーバーするわけにはまいりません。それに自分で演目を決めていても、前に出る噺家の演目によっては変更せざるを得ない場合もありますしね。似たパターンの噺は避けんといけません。

私のすぐ前に出るのが吉弥君。前にもあったなぁ。あんたにあれをやられたら、わたしゃこのネタでけへんようになったということが。何も彼の責任やないけどね。

そして3日。開演前、前座のそうば君に「何するの?」と訊いたら、「手水廻し」という答えが返ってきました。二つ目の吉弥君に同じ質問をしたら、「まだわかりません」と意地悪なお答え。でも私、彼よりはだいぶ先輩ですから涼しい顔をしておりました。前日と同じようにご挨拶から始まり、落語もスタート。

結局、吉弥君がやった噺は「ふぐ鍋」。アチャーッ! 私がやろうと思てた演目の第一候補やないの。悪いほうの予感的中。何も彼の責任やないけどね。

けど「ふぐ鍋」は持ち時間22分にぴったりやったんです。あわてて第二候補、第三候補を吟味して、どっちにしようかと考えてましたが、直前に気が変わりました。

実際にやり出したのは「くしゃみ講釈」。魔が差すというのはこのことですね。候補にもなんにも入ってなかったネタを選んでしまいました。問題はこのネタが長いということ。何も考えんと普通にやったら30分かかるんです。なんとか22分にせんといけません。

そんなわけで、早口でなんともせわしない落語になってしまいました。前半はズバッとカットしましたが、あとはいつもの自分の間を少しずつ、少しずつ切り詰めていったという感じでした。ま、それだけ必死やったということになりますが……。ほぼ時間通りで降りてきました。

終演後の打ち上げはいつもの桂米二の会とはまったく顔ぶれが違います。桂米朝と関わりのある人がほとんどというお歴々ばっかりでしたが、嬉しい人も参加してくれました。「ミス・サイゴン」のエレンこと木村花代さんです。大阪出身の花代さん、「ミス・サイゴン」の後、そのまま数日は大阪に居るということだったので、ご両親と来てくれはったんです。別嬪さんをエスコートしながらの打ち上げでした。花ちゃん、本当にありがとうね。みんな喜んでくれました。

画像


では落語会。どちらもメール予約は開演2時間前までお待ちしております。電話予約はできたらお昼頃までにお願いいたします。

画像


  ☆1月7日(月) 19:00 〜
第51回桂米二不定期落語会/太融寺本坊2F(椅子席)
  梅田・北区太融寺町 TEL (G)06-6311-5480 (G)太融寺
「子ほめ」二葉 「厄払い」米二 「ちはやふる」よね吉 「牛の丸薬」米二
予約¥2,000 当日¥2,300 TEL 080-5338-7331 桂米二落語会予約センター(主に留守電)
メール予約・問合せ g-yan@yoneji.com 携帯専用 yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
後援:丸留果物店 http://www.marutome.com
 2013年も桂米二の会は太融寺からスタートします。
 もちろんお馴染みのクダモノ大抽選会あります。

画像


  ☆1月10日(木) 19:00 〜
第85回洛北葵寄席/京都市北文化会館3F創造活動室(椅子席)
  京都地下鉄烏丸線「北大路」1番出口すぐ
  TEL (G)075-493-0567 (G)北文化会館
「牛ほめ」二葉 「宗論」米紫 「奇術」わんだふる佳恵 「宿屋仇」米二
予約¥2,000 当日¥2,300 小中学生¥1,000
TEL 075-781-1649 イノセンス(12〜17時/火水定休)
Eメール g-yan@yoneji.com 携帯メール専用 yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
http://www.kyotoconcerthall.org/kita/
 新年らしく和妻(奇術)のわんだふる佳恵さんに出演をお願いしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど速かった訳がわかりました。ブリーゼの「くっしゃみ講釈」は、いつもの師匠の間と違いました。21日の内幸町ホールは楽しみにしております。
春雷鳩の眼
2013/01/07 19:25
あら〜、なんだか買出しに行ってから5日目ぐらい、食材が残り少のうなってきた時分のお料理に似てますな。
焼きそば作る時におネギの量を「明日のために2本ほど残しとこかしらん」なんて残量を気にしいしい作る。
これが買出し翌日やったら、「九条ネギ?くらいなんぼでもあるがな。ケチケチせんでぼんぼんっと使ぅたらええがなぼんぼんとな」てなります。
結果お味に出ます。ふんだんにある中で素直に料理をしたら美味しく仕上がりますわ。
30分を23分に時短はムチャでっせ。お客さんお気の毒やわ。他最適なんなかったんでっか。ネタの選択は一番大事でんな。

鴨ネギ
2013/01/07 20:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新春恒例!! 米朝一門会 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる