じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生は○○○

<<   作成日時 : 2013/04/02 08:28   >>

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


先週のご報告です。

3月25日(月)の「天神寄席@天満天神繁昌亭」はへんに愉快な会でした。私も関わっている上方落語協会の番組編成委員会で番組を決めていますが、その日はすぐ横の天満宮で筆祭があるというので、これをテーマに持ってきて実際に舞台で噺家に筆を持たせて字を書かせるという趣向にしたのです。そのタイトルが座談会「噺家書道選手権」。

それには私は出なくて、そのあと、筆にちなんだ落語を一席というので私が「代書」をフルバージョンでやってお開きという予定でした。

ところが、なんです。楽屋入りしたら座談会司会の坊枝君が近づいてきて「兄さんも出てもらえまへんやろか」と言うんです。「なんで?」て訊いたら、トップに出て座談会にも出る予定になってた桂ちきん君が、師匠のきん枝兄さんの用事でどうしても帰らないといけなくなった、と。一つ座談会に空席ができたから出てくれないかということらしいのです。

頼まれたら嫌とは言えない男気のある私ですから、わかったと言うたもんの内心ドキドキですわ。学校出てから筆なんか持ったことがない。筆ペンならしょっちゅう持ってますが……。

で、何を書くの? と訊いたら、座右の銘とか、好きな言葉とか。ま、そこらへんは適当でええということで。

仲入り後、「噺家書道選手権」が始まりました。並んだのが、小染、三歩、壱之輔の面々に司会の坊枝君。書きましたよ。仕方なく。書き始めて愕然としましたね。子どもの頃、お習字はちょっと得意やったのに、今は全然あかんやないの。字配りすらできない。最後の一文字は小さくなってしまいました。ガタガタ。

もちろん、客席からはその字は見えてません。高座というぐらいですから、こっちは高いところに居てますしね。その時の私の決断。もう1枚書いたろ。

まだ紙があったので、もう1枚同じ言葉を書きました。1枚目とあんまり変わらへんがな。

順番に公開して行きました。小染君は「良い酒良い友良い人生」。彼は書道何段という達人です。本当に上手い。次の三歩君は「一期大福」。洒落ですな。寄席文字で書きました。隣の壱之輔君は「笑門来福」。こいつはぶっちゃけた話、字が下手ということでこの日、採用されたんです。たしかに下手。

次が私。壱之輔君の次に下手だったと思います。書いた言葉は「人生は不公平」。この言葉、前のほうに座っていた劇団四季ライオンキングの皆さんに大受けでした。これはスカーのセリフですもんね。

その後、書いた物をお客さまにプレゼントするという恥ずかしい結果になって「噺家書道選手権」は終了。2枚ともプレゼントしたので写真はありません。ですから、ここで皆さんにお見せするわけにはいかないのです。ざまあ見ろ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
人生は○○○ じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる