じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 弟子の会に出ます「新・染屋町寄席」

<<   作成日時 : 2017/01/12 08:30   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


弟子は師匠の言うことを聞くものである。

長い間、そう信じて生きてきました。私はうちの師匠に対してそうしてきましたから。理屈を言うことはありましたが、言いつけは必ず守りました。それが根底から覆りました。

弟子は師匠の言うことを聞かないものである。

初めての弟子、桂二乗が来てからそう考えざるを得なくなりました。本当に言うことを聞かない。まず名前。芸名です。私は「桂二条」にするつもりでした。でも彼は言うことを聞かない。「桂二乗」にしてくれ、と厚かましく言うてきました。ここから始まったんですな。

以来、今年で14年になります。言うことを聞かないことに私が慣れました。日々、しくじり倒してここまで来ました。何か私がいつも怒っているようですが……。怒ってるんです。その通りなんです。

今年ももうありました。1月8日(日)の動楽亭昼席。二乗は二つ目の出番で持ち時間が18分なのに、25分もしゃべって下りてきました。すぐに叱りました。楽屋で他の噺家の手前、黙ってる訳にいきません。マナーを守らなかったのですから。

その昔、3年間の修業期間を終えて、私が彼に一番にアドバイスをしたこと。

「生まれ故郷の四日市で自分の落語会、勉強会をやりなさい。友達や親戚も居るやろうから、今のうちに始めなさい。私もなんぼでも出るから」

それから10年以上経ちましたが、まだ何も始まってません。

そんな桂二乗が京都では法然院さんはじめ多くの人に助けてもらって落語会をやっております。その「新・染屋町寄席」に久しぶりに呼んでもらいました。

  1月13日(金) 19:00 〜 (開場 18:30)
第42回ちおん舎 新・染屋町寄席〜二乗の番〜/(G)ちおん舎(椅子席)
 京都市中京区衣棚通三条上る突抜町126 TEL 075-211-7510
 地下鉄「烏丸御池」6番出口・南→西へ徒歩3分
「対談」米二・二乗  演目当日 二乗 米二 二乗
予約¥1,700 当日¥2,000 TEL 090-1899-3689 法然院サンガ
または、チケット二乗 TEL 075-211-7584
 その昔、私もやらせてもらっていた「染屋町寄席」です。
 今はちょうば、二乗が交互に開いておりますが、
 久しぶりに応援参加させてもらいます。
 桂米二予約センターでもご予約を受け付けます。
ちおん舎

法然院サンガ

ちおん舎地図

画像


応援してやってください。ついでに私も。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
弟子の会に出ます「新・染屋町寄席」 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる