アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


景清

2017/02/24 14:36
画像


行こう行こうと思いつつなかなか行けなかったお寺があります。楊谷寺、俗に言う柳谷の観音さんです。落語の「景清」に出てくるお寺、目貫師(めぬきし)の定次郎が、目が見えないのに三七、二十一日の間、信心のために日参したお寺です。

10数年前に一度来てから、時々来るようになりました。ドライブがてら。私は不信心ですが……。

定次郎は京都からここまで、歩いてよう通いましたなあ。車で来てもかなり時間がかかるのに。定次郎はかなりの信心家ですよ。最後は観音さんをしくじってしまいますが……。

その後、定次郎は清水さんへ信心するようになりますが、私は柳谷さんのほうが落ち着きます。人が少ないから。それに外国語は聞こえてこないし。

「景清」をやる時にはここの風景を思い浮かべて、しゃべってます。一ぺん楊谷寺さんへお越しやす。

画像


  ☆2月26日(日) 14:00 〜 (開場 13:30)
第47回桂米二音太小屋寄席/天満・(G)音太小屋(2F・椅子、腰掛席)
 大阪市地下鉄・阪急「天神橋筋六丁目」東へ徒歩5分
「道具屋」小鯛 「定年日和」米二 「禍は下」二乗 「景清」米二 糸:公美子
予約・案内葉書持参¥2,000 当日¥2,500 ☆学生¥500(予約・当日とも)
問&予 TEL (G)06-6353-6985 FAX 06-6353-6984 音太小屋(日本会計用品内)
PCメール(音太小屋) tsmtz@yahoo.co.jp
または桂米二予約センター TEL 080-5338-7331(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 樋之口町交差点西南角から少し西の「米二幟」が目印。その超細い路地を入ってすぐ。
 学生料金設定有り。大学院生は25歳までなら500円。
 終演後、参加料¥1,000(1ドリンクと軽食)で懇親会あります。
 お代わりは別料金。いつも飲んでます。この日は音太小屋に泊まるかどうか未定。
音太小屋

音太小屋地図

画像


「ネットで見た」でご予約料金にさせていただきます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


無料シャトルタクシーあります!

2017/02/19 07:33
おはようございます。今になって出町柳から無料シャトルタクシーが出てることを知りました。ジャンボタクシー9人乗りです。出町柳駅から乗って、府立医大病院前で降りてください。

これがあったら来年も京都マラソンの日にできるなあ。わたしゃ懲りない男です。

ロームシアターの工藤さん、情報をありがとう。

画像

画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


京都マラソンで交通規制

2017/02/18 20:40
先ほど、鳴物、見台、衣装を会場の京都府立文化芸術会館へ運んできました。明日の落語会「桂米二一門会@文芸」のために。

明日は京都マラソンで、大規模な交通規制が行われるのです。それも長時間。市民マラソンやから仕方ないねえ。いつもは車で12時半頃に行くのですが、明日は丸太町通が通れなくて、車ではたどり着けるかどうかわかりません。歩いてならなんとか行けるやろうと思いましてね。とりあえず荷物だけは前乗り込みさせました。

画像


明日、私はたどり着けてもお客様がたどり着けるとは限りません。市バスはどうやら河原町通を通らずに烏丸通へ迂回するんです。

あ、京都府立文化芸術会館は「府立医大病院前」というバス停からすぐなんです。みんな知ってるよね。今、ニュースで学長とか組長とか超話題になってるトレンディな京都府立医大病院。その向かいが京都府立文化芸術会館です。

病院と会館の間が河原町通。ここをバスが通らないなんて、病院へ行く人はどうするんでしょ?

マラソンはこの通りではなく鴨川の河川敷を走るようです。でもバスは河原町通を通らない。お勧めは京阪電車の終点、出町柳駅から歩くこと。これが一番でしょう。12分ほどかかるけど。幸い天気は……曇の予報です。大丈夫。

こんな時に限って、予約はたくさん入ってます。もう椅子席はありません。座布団でご辛抱ください。

  ☆2月19日(日) 14:00 〜 (開場 13:30)
第15回桂米二一門会@文芸会館/京都府立文化芸術会館3F和室(一部椅子席)
 河原町通・市バス「府立医大病院前」すぐ
 京阪「出町柳」or「神宮丸太町」徒歩12分 有料P有
 TEL (G)075-222-1046 (G)府立文化芸術会館
「道具屋」二葉 「持参金」米二「天神山」二乗
「無礼講トーク」米二・二乗・二葉 「火事場盗人」米二 糸:美希
予約・案内葉書持参¥2,000 当日¥2,500 限定25席椅子席予約¥2,200
☆学生¥500(予約・当日とも・座布団のみ)
問&予 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
京都先斗町 茶香房 長竹(075-213-4608)提供・抹茶大福抽選会あり
 ●拍子の悪いことに京都マラソン開催日と重なってしまいました。
 交通規制があります。できるだけ早めにお越しください。
 不細工なことになって誠に申し訳ございません。私もちゃんと行けるのかな?
 人気の椅子席はご予約のみ(+200円)とさせていただきます。普通のパイプ椅子ですよ。
 案内葉書ご持参の方は予約料金になりますが、満席の場合は予約優先入場です。
食べログ・茶香房 長竹

京都府立文化芸術会館

京都府立文化芸術会館地図

画像


京都マラソンについてはこちらをどうぞ。
http://www.kyoto-marathon.com/

最後に皆さんの声を代表して、私が言わせてもらいます。

なんで、こんな日にするの?
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


25,000人目

2017/02/17 22:21
昨日の「第239回尼崎落語勉強会」で嬉しいことがありました。第1回からの入場者数が通算で25,000人を超えたのです。……誰が勘定してたんや?

まあしかし、細かいことを数えてたんですなあ。他の落語会でこんなん数えてる会はありますかい? 239回で25,000人ということは1回あたり何人? 電卓で計算したら104人……。そんな大勢来てへんで。少ない時は50人以下ということもあったしね。

そうか。前回は記念公演で600人来てはったし、ずっと前の記念公演もよく入ってたから、そんな会が数字を押し上げてくれたのかもしれませんな。

25,000人目に当たったのは、わりと最近常連の仲間入りをした西宮市在住の西峯さん親子でした。お父さんが一緒に来られることもあるそうですが、昨日はお母さんと娘さんの二人。おめでとうございま〜す!

画像


という訳で終演後に記念品を渡しました。出演者の寄せ書き色紙と姫路の米朝展の招待券、それに麦焼酎「壱岐」が1本……。おいおい、娘さんはまだ小学生ちゃうか?

この25,000人目のセレモニーのことは1週間ほど前に聞きました。たいしたもんや、とは思いましたが、同時に疑問も。10,000人目も20,000人目もこんなことはやってないはず。なんで25,000人目だけやるの?

とにかく25,000人は凄い人数です。でも考えたら甲子園球場はこの倍近く入る訳です。……凄い! 野球って凄い! 甲子園凄い!

落語はやっぱり超マイナーな芸なのですね。頑張って30,000人目を目指します。1回100人として、順調に行ってもあと50回はかかりますな。年6回開催なので、まだ8年以上かかるのか……。それまで元気で生きていましょうぞ。

画像
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


愛宕山に登るな!

2017/02/13 10:50
「今、愛宕山に登ったらあかん」

うちの師匠、桂米朝は落語の「愛宕山」を文の家かしく(後に笑福亭福松)師匠に教えてもらったそうですが、その稽古の時にかしく師匠からこう言われました。

「この噺は嘘ばっかりやさかいな。見てしもうたら落語がやりにくうなる」

確かに大嘘です。傘を持って谷を飛びますが、普通の傘がパラシュートの代わりになる訳がない。死んでしまいます。

そしてその「登ったらあかん」という教えを守ってうちの師匠は生涯、愛宕山には登らなかった……とさ。かしく師匠は「今はあかん」とおっしゃっただけなのに。

私は数回登ってます。やっぱりこの「愛宕山」をやるについては本当の愛宕山に登るべきです。嘘を見極めるために。

落語の「愛宕山」にはかわらけ投げの場面があります。でも実際の愛宕山にかわらけ投げはありません。今は。昔はあったのかな? そんなことも調べるために、愛宕山に登りました。

愛宕山はきつい山です。坂が急でしかも見晴らしが良くない。延々と木々に邪魔されて景色が見えない中を黙々と登って行かんならん。おもろない山です。

やっと景色が開けてくるのがここ。京都市内がよく見えます。ここまで遠いよ。

画像


ここに昔はかわらけ投げがあったのです。ちゃんと看板が出てる。

画像


太鼓持ちの一八はここから傘を持って飛び降りて、太い太い竹を利用してまた上がってきたのですね。覗いたら太い竹が……あらへんがな。また大嘘。

いいですか。私は確かめました。かわらけ投げの真下に竹は生えていません。でも近所に竹がありました。ところが細い竹なんです。こんなもんにぶら下がったらボキッと折れてしまいます。

画像


ほんま嘘ばっかりや。こんな嘘の塊の落語はやる気がしません。けど明日「こころ坂・楽々落語会」でやるんです。ご予約お待ちしております。

  ☆2月14日(火) 19:00 〜 (開場 18:30)
第45回こころ坂・楽々落語会/集酉楽Syu-Yu-Raku・サカタニ(椅子席)
 京阪「七条」川端七条東入南側・ファミリーマート2F
 (G)ファミリーマートサカタニ京阪七条店
「延陽伯」優々 「宿替え」紅雀 「時うどん」米二 「愛宕山」米二 糸:薫子
前売・予約¥2,000 当日¥2,500 学生¥500 協力:京都女子大学落語研究会
問&予 TEL (G)075-561-7974 FAX 075-561-6710 サカタニ(月曜定休)
PCからのメール info@sosake.jp
または桂米二予約センター TEL 080-5338-7331(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 好評好調の「こころ坂・楽々落語会」はとっておきの空間での落語会です。
 スケジュール半分、チョコ欲しさ半分でこの日に決めました。
 ここもワンコイン500円の学生料金(25歳まで)ありますよ。
集酉楽 Syu-Yu-Raku サカタニ

サカタニ地図

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


お医者さんとギャラリーの会

2017/02/11 11:54
大雪警報がまだ出ていますが、うちの近所は今のところ大丈夫ですね。昨夜は乙夜寄席の帰り、ちょっと冷や冷やしましたが、スタッドレスタイヤの効果を確認するレベルまでは行きませんでした。ちょっと残念……いやいや、そんなに降ってもらわんほうがいいのですが……。

さて今日は久しぶり、去年6月以来の「爆笑マタニティ倶楽部@島岡医院」、お医者さんの会です。今までこんなに間隔が空いたことはなかったんです。タイミングが合わん時は合わんもんですねえ。

よく質問されます。

「産婦人科医院での落語会に男は入れるのですか?」

私が入れるぐらいですから大丈夫ですよ、といつも答えるのですが、やっぱり遠慮しはるんでしょうね。私のお客様は男がほとんどなのですから、女性限定の会なんかやる訳ないやないですか。

という訳でまだ入れますから、性別年齢を問わず、落語がわかる方はお気軽にどうぞ。但し、予約だけは直前でもいいからお願いしますね。

★ご注意★

今回は都合で午後4時半開演となりました。お間違えの無いように。

  ☆2月11日(土・祝) 16:30 〜 (開場 16:00)
第66回爆笑マタニティ倶楽部/島岡医院(産婦人科)サロン・ド・ぶた(椅子席)
 京都市南区・九条御前上る 洛陽工業高校北隣 JR「西大路」徒歩4分
「厄払い」「三枚起請」米二・二席
一般参加料¥500(要予約) 問&予 TEL (G)075-661-0746 FAX 075-682-0663 (G)島岡医院
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 ワンコインの米二ワンマンショー@産婦人科医院です。
 どなたでも参加できますが、必ずご予約ください。
 島岡先生と米二のスケジュールが合わず、昨年6月以来の開催です。
 今回、都合で午後4時30分開演です。飲み出す時間に合わせた訳ではありません。
島岡医院

島岡医院地図

画像


続いてギャラリーの会。ここも性別年齢を問わず、落語がわかる方はどうぞ。

年に2回の「らくご・らいぶ in GM-1」、真冬か真夏にやらせてもらってます。もう一つそんな会がありましたね。「京の噺家桂米二でございます@天満天神繁昌亭」がそうです。もう済みましたが、いつも同じ時期に開催になります。

「らくご・らいぶ in GM-1」の冬の時はなぜか雪の予報が多いのです。奈良の天気予報……今日は雪だるまになってますが、明日は無いか。ちょっと寂しい……。

ま、どっちにしても高座セットと鳴物見台を積んで車で行きます。重いよ。ですから私にお酒を勧めると罪になりますよ。

  ☆2月12日(日) 18:00 〜 (開場 17:30)
第35回らくご・らいぶ in GM−1/(G)ギャラリーGM−1(椅子席)
 近鉄奈良線「学園前」南口・東へ徒歩2分
「つる」米輝 「貧乏花見」米二 「おごろもち盗人」ちょうば 「風の神送り」米二 糸:美希
予約・案内葉書持参¥1,800 当日¥2,000 学生¥500(数量限定黒米おにぎり付)
問&予 TEL (G)0742-51-1980 FAX 0742-47-6308 ギャラリーGM−1
PCメール(ギャラリーGM-1) gm-1@kcn.ne.jp
または桂米二予約センター TEL 080-5338-7331(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 半年に一度の奈良学園前での会。やたら寒い時とやたら暑い時に開催です。
 ギャラリーでの会ですから、舞台もちょっとアートな感覚になってます。
 今回は久しぶりに日曜日開催となりました。ご予約お待ちしております。
ギャラリーGM-1

ギャラリーGM-1地図

画像


私、笑顔でお待ちしております。
記事へかわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


植木屋娘

2017/02/06 14:47
画像


以前……というてもずいぶん前のことになってしまいましたが、私、日本経済新聞電子版(当時は日経ネットて呼んでましたね)でコラムを連載しておりました。そのコラムのタイトルが「京の噺家桂米二でございます」。今は落語会のタイトルに使ってますが……。

その時に「植木屋娘」についてこんなことを書いてました。ちょっと転載します。ちょっとと言うても長いけど。


うちの師匠、桂米朝は稽古しているところをあまり人に見せない人でした。私が内弟子の頃、師匠はまだ50代前半でしたが、一人でお稽古していらっしゃるところを見た記憶がありません。それはまだ若かったからでしょうが、その後、お稽古しておられるところをたまに拝見することがありました。

これはもうずいぶん前のことです。毎年、夏に神戸で「東西落語名人選」という大きな落語会があります。東京からも大御所を招いて、夢のような顔ぶれで昼夜2回開かれます。その日、私も勉強のためにお邪魔していました。我々噺家も生の、しかも大御所の東京落語に触れる機会はそんなにないのです。

その日のうちの師匠の出番はというと、昼の部は浅いところで、夜の部はトリでした。これって昼と夜の間が6時間以上、空いてしまうのです。この間をどうやってつなぐか、なんです。桂米朝が選んだのは「家へ帰って寝る」でした。当時の内弟子がクルマを運転して来ていたのですが、師匠は内弟子にこんなことをおっしゃいました。

「君はここに居て東京落語を勉強しなさい。ワシは米二に運転してもらうさかい……」

あのう師匠、ボクも東京落語を勉強しに来てるんですけど……。しかも京都から高い電車賃を使うて……。けど、そんなことは口に出せません。

師匠の運転手をするのは久しぶりでした。ちなみに私は米朝家の初代運転手です。尼崎市のお宅までは1時間もかかりません。その日は奥さんもお出かけで誰も居ませんでした。師匠は布団で横になられたのですが、

「夜の部に『植木屋娘』を出してる。長いことやってないので、ちょっとネタをくってみるさかい、米二も聴いてくれるか」

わたしゃビックリしました。人に稽古しているところを見せなかった方がこんなことを……。「植木屋娘」は師匠にとってはかなり珍しい演目です。

「ここにございました植木屋の幸右衛門という男……」

 目をつぶって寝床に入ったまま、25分ほどの噺をズーッと一通り、私にだけ聴かせてくれました。私は不思議な感動をしてしまいました。

「……接ぎ木も根分けもうちの秘伝でございます」

サゲの一言を言い終わると「どうやった?」という顔つきをしておられます。私もいつまでも感動してられないので、

「あそことここのセリフが抜けてました」

こんなことを言うので、私は「リクツ」という愛称を頂戴しているのですが、私も「植木屋娘」は持ちネタですからちょっと言わせてもらいました。もちろん師匠も「あ、そうやった」と納得してくれてますから。その夜、神戸のお客様はすばらしい「植木屋娘」を聴くことができたことをご報告しておきます。エヘン。


以上、今から12年前のコラムからの抜粋でした。これで抜粋やから、なんぼほど長いねん!

その「植木屋娘」を含めて、あまり最近やってない噺を三つ並べてしまいました。どないしまひょ……。


  ☆2月8日(水) 18:30 〜 (開場 18:00)
第22回京の噺家桂米二でございます@繁昌亭/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 3分
「厄払い」「骨つり」「植木屋娘」米二 三席
「いらち俥」小鯛  ゲスト「七段目」米團治 糸:貴子
前売¥3,000 当日¥3,500 学生¥2,000 (25歳まで) 全席指定
ぴあ 0570-02-9999 Pコード 597-700 主催 TEL 06-6365-8281 米朝事務所
TEL 06-6352-4874 繁昌亭窓口  ◎丸留の高級果物が当たる抽選会有り
問&予 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
後援:果物専門店 丸留(TEL06-6351-0901)
 半年に一度、天満天神繁昌亭での米二独演会も数えて22回目。
 今回のゲストは若旦那こと桂米團治さんです。
 学生料金あります。あんまりご利用はありませんが、続けております。
 なお学生割引は米朝事務所と桂米二予約センターのみの扱いとなります。
 チケットぴあ、コンビニ、繁昌亭窓口での取り扱いはございません。
 当日は必ず学生証をご持参ください。ひねた大学院生は一般料金です。
 Pコード(597-700)は天満天神繁昌亭の公演全部が対象です。
 2月8日(水) 18:30開演をご指名ください。
後援:果物専門店 丸留

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像



お気軽にご予約メールをくださいませ。心を込めてメールのお返事もいたしております。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1


ライブの帰りは自転車に気を付けよう

2017/02/03 23:51
去年、お友達になったミュージシャンの清水明日香さんのライブに行ってきました。1日のことです。場所は梅田のライブハウスの老舗、ロイヤルホース。我らの太融寺の近くやんか。

どこでお友達なったかと言いますと、去年3月、大相撲春場所が始まる前に大嶽部屋へ稽古を見に行きましたが、その時に彼女も来てはったんです。その時の写真がこれですわ。私の左が明日香さんです。右は大砂嵐関。前にも見せたかと思いますが……。

画像


ライブに一緒に行ったのは、笑福亭銀瓶君と、銀瓶君や私も含めて噺家がすっかりお世話になっているY社長。3人でした。みんな明日香さんが好きなんですわ。

今回は新しいCD「Life」発売記念ライブ。CDもライブもピアノの弾き語りが中心で、それにゲスト・ミュージシャンでプロデューサーの渡辺幹男さんのギターが絡んでくるというシンプルなもの。その彼女の透き通った声にすっかり魅了されました。今度のCDは名曲揃いですぞ。

画像


3人ともいい気分でそのまま飲み会へ。いつものようにしゃべって、笑って、盛り上がって解散。タクシーチケットまでいただいて、京都まで帰りました。

(嫁はんとボックを起こさないように)忍び足で家に入ろうとしてふと見たら、いつも置いてある私の自転車がないのです。……そうや。今日は三条京阪まで自転車で行って、駐輪場に停めたんやった。忘れてた。

ま、ええか。こんなこと初めてやないし。それもいかんがな。何回目やろ?

次の日、動楽亭昼席を済ませて、某所へ落語会のチラシを届けて、三条京阪駐輪場まで来たら、ちゃんと白の愛車はありました。当日なら駐輪料金は200円ですが、2日間停めたから倍の400円必要でした。それは仕方ない。チャリンチャリンと入れて身請けしてやりました。

画像


いざ乗ろうとして気がついた。あ、自転車の鍵、持ってへんわ。たぶん昨日穿いてたジーパンのポケットに入ってます。なんで昨日と違うジーパン穿いてきたんや? どっち穿いたって一緒やのに……。

それにもっと早く気がついてたら、身請けは後にして家まで鍵を取りに行ったのに。このまま置いといたらまたロックがかかって200円払わんといかんよ。もうこうなったら、鍵のかかった後輪を浮かせて押して帰ろう。

後輪だけ持ち上げて歩き出したら、だんだん重くなって腕がしびれてくるんです。それにすれ違う人の目が疑ってる。

「こいつ自転車泥棒や」

自転車は一旦この辺に置いて、鍵を取りに帰ることにしよう。でも三条通は置きにくいところなんですよ。ちょうど立ち退きのために閉めた居酒屋があります。もう誰も居てへんから、そこの前に置いて歩いて帰りました。

家へ帰ってジーパンのポケットに手を突っ込んで鍵を取り出して、「なんでこのジーパン穿かへんかったんや?」とため息しながら、再び元居酒屋へ。やっと鍵をはずして、今度は堂々と乗って帰りました。自転車1台でなんでこんな手間がかかるんや?

そんなこんなでへとへとに疲れましたが、明日香さんのCDを聴いてまた癒されてます。今度のCDはお奨めですぞ。

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

じーやんの拍子の悪い日々・桂米二 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる