じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 大津みゆき落語会

<<   作成日時 : 2017/03/11 15:38   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も3月11日がやってきましたね。6年前のあの日は東京に居たので、あの強い揺れと帰宅難民は体験しました。怪我もなんにもしませんでしたが……。

劇団四季の「美女と野獣」を大井町の四季劇場[夏]で観ていて、揺れた後は予約していた新宿のホテルまで行けなくなり、結局、劇場に泊めてもらいました。劇団四季と大井町にはお世話になったのです。あの日のことは忘れられません。

さて、今年の3月です。明日は「大津みゆき落語会@奏美ホール」ですが、出演者が変更になりました。うちの弟子の二乗が二つ目で出演予定でしたが、ダブルブッキングで出られなくなりました。本人の不注意で同じ日、同じ時刻に始まる落語会を二つ引き受けてしまったのです。

もう一つは動楽亭昼席です。大津と大阪ではどう考えても掛け持ちは無理なので、向こうへ行かせることにしました。よそへ迷惑をかけるぐらいなら、私が迷惑を被ったほうがいいですから。

もうこれで3回目のダブルブッキングです。私が知っているだけで。他にまだ隠してるかもしれませんが……。

私が弟子に一番言い続けたことがあります。「同じ失敗を繰り返すな」です。3回目は論外です。本当に申し訳ありません。もう情けなくて情けなくて。

そんな訳で、吉の丞君が助けてくれることになりました。

画像


大津で始まったばかりの「大津みゆき落語会」ですが、奏美ホールは今回までで、次回からスカイプラザ浜大津へ宿替えすることになりました。「大津みゆき落語会」は奏美ホールが大津市御幸町にあるので付けた名前です。浜大津へ移って「みゆき」は変なので、次回からは名前も改めて「びわ湖浜大津寄席」です。

ご存じですか? 京阪電車大津線の駅名が変わることを。来年3月、四つの駅名が変わるのですが、その中の一つ「浜大津」が「びわ湖浜大津」になるのです。これは「四条」が「祇園四条」になったのと同じ流れですねえ。ま、ご意見はそれぞれございましょうが……。

それにあやかった次第です。でもそれは次回7月9日(日)から。とりあえずは明日の「大津みゆき落語会」をどうぞよろしく。

  ☆3月12日(日) 14:00 〜 (開場 13:30)
第2回大津みゆき落語会/(G)奏美ホール(椅子席)
 〒520-0057 滋賀県大津市御幸町6-9 TEL 077-524-2334
 京阪電鉄京津線「上栄町」東へ徒歩3分
 JR東海道本線「大津」北西へ徒歩7分
「金明竹」瑞 「米揚げ笊」吉の丞「かわり目」米二 「猫の忠信」米二 糸・絹代
前売・予約¥2,000 当日¥2,500 学生¥500(予約・当日とも)
前売券取扱所 大津市民会館、大津百町館、奏美ホール
問&予 TEL 080-8941-7211 江口 ※主に留守電
PCからのメール otsumiyukirakugokai@cielo.life.coocan.jp
携帯からのメール otsumiyukirakugokai@docomo.ne.jp
またはPCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
主催:大津みゆき落語会実行委員会  後援:大津市、京都新聞
 第2回です。私のルーツを遡ると滋賀県になります。
 その滋賀県での唯一のレギュラー落語会です。
 奏美ホールは音楽用のこぢんまりとしたホールです。
 二乗のスケジュール管理ミスで出演できなくなりました。
 弟子の不始末は師匠の責任、深くお詫び申し上げます。
 吉の丞君が代わって出てくれることになりました。
大津みゆき落語会ブログ

奏美ホール

奏美ホール地図


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大津みゆき落語会 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる