じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 春團治師匠(元)直伝「野崎詣り」

<<   作成日時 : 2017/04/19 12:29  

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、桜が散ったばかりの某公園を歩きましたが、「先週来たら素晴らしかったやろなあ」と落ちた花びらを踏みしめながら思っておりました。明日、「神宮道上がる下がる寄席」へ来られたら同じ思いを味わうことができますよ。

どれだけ綺麗かちょっとお見せしましょう。うちの近所、疏水沿いの見事な桜です。咲いてる時期なら会場である洛東教会の前からご覧になることができたのに。誰や? その時期をはずして明日に決めたのは? ……それは私です。でも落語会ですから、いつやろうと放っといてね。

画像


「野崎詣り」と「饅頭こわい」を出しています。「野崎詣り」は三代目春團治師匠にたった一つ稽古をつけてもらったネタです。三代目です。決して四代目ではありません。

稽古していただいたのは、記録(初演の日付を自分で拵えた台本に書き込んであります)によりますと1999年ですねえ。18年前か。でも鮮明に覚えています。早朝からJR阪和線の杉本町駅まで何回も通いました。2時間近くかかるので、朝8時頃に家を出ていました。春團治師匠のお稽古は朝10時からと決まっていたのです。

それはそれは丁寧なお稽古です。こんなことをおっしゃってました。

「僕は昔、稽古してもらった時、覚えが悪かったから、君の稽古も何べんでもやったげるで」

それを聞いて、

「ほなら、あと2回お願いします」

てなことは言えません……。

稽古してもらってわかったことが一つあります。春團治落語は米朝落語とは微妙にリズムが違うのです。だから覚えにくい。でも一生懸命覚えました。

で、実際にやりました。高座にかけました。初演の時、受けました。そこそこですが。2回目、3回目と何度かやると、だんだん受けなくなりました。何かが違うんですね。それが何なのかは今でもわかりません。そのうち、しばらく間を置こうと思いました。

それから10数年、その「しばらく」が続きました。去年、春團治師匠が亡くなるまで。長い「しばらく」でした。あっさりと「やらないようになった」と言えばいいのですが……。

去年「野崎詣り」を本当に久しぶりにやってみました。春團治師匠がお手本とは思えないくらい崩れてたと思います。だって春團治師匠がおっしゃいましたから。

「今はこうして教えるけど、あとは君の好きなように変えてやってくれたらええから」

という訳で崩れた「野崎詣り」をやらせていただきます。

  ☆4月20日(木) 19:00 〜 (開場 18:30)
第33回神宮道上がる下がる寄席/洛東教会(2F・椅子席)
 京都地下鉄東西線「東山」北東へ徒歩8分
 市バス「京都会館美術館前」東へ徒歩1分・仁王門通神宮道東入
 〒606-8344 (G)京都市左京区岡崎円勝寺町91-66 (G)洛東チャーチホーム
「粗忽長屋」染八 「野崎詣り」米二 「首提灯」まん我 「饅頭こわい」米二 糸:正子
ジュヴァンセルのお菓子が当たる抽選会有
前売・予約¥2,000 当日¥2,300 学生¥500(予約・当日とも)
主催:神宮道商店街組合(神宮道上がる下がる)
問&予 TEL 075-771-9401 FAX 075-761-1772 博宝堂(画材屋)(月曜定休・11〜19時)
PCからのメール arthhd@giga.ocn.ne.jp または g-yan@yoneji.com
携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 桂米二お膝元の落語会。我が家から洛東教会まで歩いて5分です。
 今回の抽選会景品はジュヴァンセルさんの洋菓子です。
博宝堂

ジュヴァンセル

洛東教会

洛東教会地図

画像


ご予約メールお待ちしております。明日は女子高校生の団体予約が入っているので人数に限りがございます。必ずご予約をお願いします。あ、女子ではなくて男子やったかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
春團治師匠(元)直伝「野崎詣り」 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる