じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 上方落語協会60周年記念公演@天満天神繁昌亭

<<   作成日時 : 2017/05/01 07:02   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日で終わりました。上方落語協会60周年記念、天満天神繁昌亭昼席の日替り公演。上方落語協会の会員が全員出演するという触れ込み(実現したかどうかは知りません。会うたことない人も会員に居ます)で、1ヶ月続きました。

何か口実があると、記念口上が付きます。口上にしたら色物を雇わなくてもよくて、ギャラが一組分助かるという家庭的な事情もあります。しかしまあ、協会60周年ですから、口上があるのは当然と言えば当然です。でもみんな困ってました。60年前のことは知りませんもん。何を言うてええやら?

私も28日(金)に出演しましたが、口上で何をしゃべろうかと困っておりました。一緒に並んだメンバーは、私の他には染二、仁勇、それから司会のよね吉。よね吉君は「ちょっと毒を吐きますから」と前もって我々先輩に耳打ちしてました。もちろんお客様に喜んでもらうためなら、どんな悪口を言われようとも私は平気です。舞台では……。楽屋へ帰ったら「このガキ〜!」……にはなりませんでしたけど。

口上の番が回ってきました。よね吉君が紹介してくれました。

「それでは、桂米二よりご挨拶いたします。趣味は弟子の二乗をいじめることです」

何を言うてええか困ってたんですから、助け舟を出してくれたようなもんです。二乗もこの日に出てましたから、これ幸いと二乗の最近のしくじり(ダブルブッキング)を事細かに申し上げました。こんな話は受けますがな。必要以上に盛り上がった口上となった訳でございます。毒を吐いたよね吉君、ありがとう。

1ヶ月間、毎日、上方落語協会のTwitterに楽屋での出演者の集合写真がアップされておりました。それがこれ。

画像


もう1枚あります。これは染二君のスマホで撮った写真。ほぼ同時に撮ったこの写真、みんなよそを向いてるのは、協会のデジカメへのカメラ目線のため。染二君一人だけが自分のカメラを見ている。面白いなあ、これ。タイミングをずらせて撮ったら、みんな染二カメラ目線になったのに……。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
上方落語協会60周年記念公演@天満天神繁昌亭 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる