じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 花田寄席&びわ湖浜大津寄席

<<   作成日時 : 2017/07/08 08:14   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

お医者さんシリーズ第2弾として始まった「花田寄席」。詳しく言いますと、大阪よ〜り三里南にあたる泉州堺(「三十石夢の通い路」より)にあります。それも一番大阪市に近い。地下鉄御堂筋線「北花田」2番出口からまっすぐ西へ歩いて5分のところに花田医院はあります。

お医者さんシリーズ第1弾は言わずと知れた「爆笑マタニティ倶楽部@島岡医院」。ここは人が集まるためのサロンでの落語会ですが、「花田寄席」の会場は待合室。ですから、診察中に落語会はできません。当たり前やけど。

もっと昔、今から40年近く前、私の内弟子時代にもお医者さんで落語会がありました。あの有名な武庫之荘の小林外科。米朝一門の落語の中にちょいちょい登場する小林先生とはこの先生のことなんです。桂米朝の義弟、つまり師匠の奥さんの妹の旦那であった小林康三郎先生。一門の噺家が下(しも)の病気を患うた時にお世話になった……もちろん、怪我や風邪の時にもお世話になったんですけど。

先生が我々超若手(当時)のことを思って、落語会をやってくださったんです。名づけて「桂康会(けいこうかい)」。米朝一門の亭号である「桂」と小林康三郎先生の「康」を引っ付けての命名。我々で一番大事な稽古の洒落でもあります。凝った名前でしたね。ということは、いちいち説明せんとわかってもらえへんかった。

この会の会場は診察室。なんか凄いでしょ。高座は診察用のベッド。その上に毛氈敷いて座布団に座ってしゃべりました。その写真が残ってるから凄い。私、二十歳ぐらい。懐かしいなあ。

画像


今日はそのお医者さんでの落語会「花田寄席」です。待合室に無理やり拵えた高座がなんとも言えません。でもこの高座は人形屋さんに拵えてもらってます。わたしらは雛人形かい?

画像


毎回楽しみな終演後の懇親会は満席になりました。落語会はまだ入れます。

  ☆7月8日(土) 16:00 〜 (開場 15:30)
第7回花田寄席/花田医院(G)・待合ロビー(椅子席)
 〒591-8008 堺市北区東浅香山町3丁13(G)
 地下鉄御堂筋線「北花田」西へ徒歩5分
演目当日 米輝 米二・二席 一般参加料¥1,000(要予約)
予約 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 もう7回目になります。お医者さんの待合室での落語会。
 別料金(¥2,000+飲物代)、要予約、人数限定で懇親会有。お早めに。
花田医院地図

画像

画像


さてその懇親会……もとい、「花田寄席」の次の日は大津の「びわ湖浜大津寄席」です。浜大津と言えば我々京都の人間にとっては、リゾートの始まりという感じでしたね。浜大津から船に乗るのは憧れでした。それはわたしらの世代だけ?

小学生の頃、びわ湖の女王と言われた遊覧船、玻璃(はり)丸に載って竹生島めぐりをしたことは、今でもはっきりと覚えてます。もうクイーン・エリザベスにでも乗った気分。

今はミシガンとか、ビアンカとかいう船が浜大津界隈をうろうろしてます。その京阪電車の「浜大津」駅が来年、改名するのをご存じですか? 「びわ湖浜大津」になるんです。なんでも短くする時代になんで長くするの?

もっとも京阪電車が名前を長くするのは得意なようで、もうずいぶん前に「丸太町」が「神宮丸太町」に、「四条」が「祇園四条」に、「五条」が「清水五条」になったようです。いまだに私は前の名前でしか呼ばないけど。だって、そんなへんなところ、京都に無いもん。

で、「びわ湖浜大津」です。今度は逆に思い切って先取りすることにしました。「大津みゆき落語会」が奏美ホールからスカイプラザ浜大津に移るのを機に「びわ湖浜大津寄席」と改めました。「四条」も「祇園四条寄席」か何かができたら、そう呼んでもいいですよ。

こちらは懇親会はありませんが、落語会はまだまだ入れます。ご予約お待ちしております。急に来れるようになった方は、「ブログ見た」と言うてくれはったら、気前良く前売料金にさせてもらいます。会場はこんなところです。

画像


  ☆7月9日(日) 14:00 〜 (開場 13:30)
第3回大津みゆき落語会改メびわ湖浜大津寄席/
 (G)スカイプラザ浜大津7F・スタジオ1(椅子席)
 京阪電鉄「浜大津」徒歩1分
 〒520-0047 滋賀県大津市浜大津1丁目3-32
 TEL 077-525-0022(木曜日休館)
「阿弥陀池」二乗 「親子酒」紅雀 「代書」米二 「皿屋敷」米二 糸・貴子
前売・予約¥2,500 当日¥2,800 25歳以下¥1,000(予約・当日とも) 全席自由
前売券取扱所 大津百町館、奏美ホール、e+(イープラス)
問&予 TEL 080-8941-7211 江口 ※留守番電話 5/13(土)前売&予約開始
実行委員会 PCからのメール biwakohamaotsuyose@gmail.com
携帯からのメール biwakohamaotsuyose@docomo.ne.jp
桂米二予約センター PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
主催:びわ湖浜大津寄席実行委員会  共催:スカイプラザ浜大津  後援:京都新聞
 「大津みゆき落語会」が宿替えして名前も変わります。内容は変わり映えしませんが……。
 前回、ダブルブッキングで出られなかった二乗は、前座に格下げして出演します。
 メール予約は実行委員会、桂米二予約センターのどちらでも承ります。
スカイプラザ浜大津

びわ湖浜大津寄席ブログ

スカイプラザ浜大津地図

画像


雨が降るかもしれませんが、浜大津駅からは濡れずに来れます。スカイプラザ浜大津が入るビルは、1階から5階までは浜大津公共駐車場です。ですから、車でも便利ですよ。但し有料。

週末の二つの落語会、お待ちしております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花田寄席&びわ湖浜大津寄席 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる