じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 鰻のお茶漬け

<<   作成日時 : 2017/10/03 08:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


鰻のお茶漬け。「軒づけ」ですな。私も時々やる噺ですが、この噺をどこかで出すとお茶漬け鰻をくださる方がいらっしゃいます。先月、東京の内幸町ホールでこの噺をやりましたが、遠く離れた京都のお方が「東京まではよう行かんので」と一言添えてくれはったんです。嬉しいわぁ、ほんまに。もっとしょっちゅう「軒づけ」をやろうかしら?

実は、これを売っている「かね正(しょう)」というお店はうちの近所にあります。昔は「軒づけ」のネタを磨くためとか言いながら、買いに行きました。高いんでっせ。最近は「かねよ寄席」で人よりも頻繁に鰻を食べているせいか、あまり買いに行かなくなりました。また、こうして頂くこともあるので。

鰻は2匹分入ってました。高かったやろなあ。でも煮詰めているせいか、小さくなっています。これを刻んでご飯の上へ載せて、熱い煎茶をかけて、海苔とついでに大好きな塩鯖も入れてみました。もちろん山葵もてんこ盛り。

この鰻はそのまま食べると味が濃いです。お茶をかけて、たれの色がお茶に染み込んで、ちょうどいい味になるんです。これでまた「軒づけ」は自信たっぷりでできます。なんの自信や?

さて、明日は天満天神繁昌亭での「桂米二一門会」。今回から一門が一人増えたんです。この会を始めた頃は全くそんなことは考えてなくて、ずっと子弟3人体制で行くもんや、と思てたんです。それがまた、妙な男が弟子入りしてきたもんで……。

新弟子の二豆はトークだけです。入門して半年も経たんのに一席しゃべるのは10年早いわ。……もとい、10年も早くありません。言葉のあやです。次回は……本人次第ですな。

そうなると、この会で私が二席しゃべるのは今回が最後かもしれません。そんなこともあって、真夏の噺と大晦日の噺を並べてみました。だって、この会はいつも4月と10月で、夏と冬の噺はやる機会がないんやも〜ん。

「ブログ見た」の優しいお言葉で前売料金!!


  ☆10月4日(水) 18:30 〜 (開場 18:00)
第9回桂米二一門会@繁昌亭/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 3分
「3年2組の高田くん」二葉 「遊山船」米二 「景清」二乗
「無礼講トーク」米二・二乗・二葉・二豆 「除夜の雪」米二 糸:正子
前売¥3,000 当日¥3,500 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥2,000 全席指定
問&予:TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
◎京都先斗町 茶香房 長竹(TEL075-213-4608)提供・抹茶大福抽選会有
主催・お問い合せ TEL 06-6365-8281 米朝事務所
TEL (G)06-6352-4874 繁昌亭窓口
 長竹の定休日に合わせて水曜日開催。恒例の抹茶大福抽選会あります。
 学生さんでもお勤めでもフリーターでも25歳以下はユース料金にいたしました。
 なおユース割引は米朝事務所と桂米二予約センターのみの扱いとなります。
食べログ・茶香房 長竹

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鰻のお茶漬け じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる