じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 「つる」は落語のエッセンス

<<   作成日時 : 2018/02/20 08:28   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

「つる」桂米二

えっ? やったことないのに。出てる。

まだ若かりし頃、「桂米朝独演会」それもうちの師匠にとっても大舞台、大阪サンケイホールの正月の独演会です。その前座の出番をいただいたのですが、その時の私の演目が「つる」。持ちネタではないのですよ。うちの師匠に言おうかと思いました。

「私、やったことがないので、師匠の独演会ではとてもとてもできません」

これを言うたら、おしまいですやん。で、考え直しました。ほなやってみよか。

縁というのは不思議なもので、これが私と「つる」の出会いやったんですね。さすがにネタ下ろし(初めてやることです)という訳にはいきませんが、どこか他の会で下ろして、1月2日、3日の「桂米朝独演会」でやらせてもらいました。これが思いの外、評判が良かったのです。

下りてきた時、舞台袖で聴いていたうちの師匠の一言はこうでした。小言ではなく笑顔でしたよ。

「サゲは、もっとくそうにやらないかんで」

そのくさいやり方を避けたくて、あっさりやったのですが……。でも私も今はずいぶんくさくなりました。あ、ここで言う「くさい」は、においのことではありませんよ。演出上の「くさい」ですからね。

「『つる』は落語のエッセンスや」

うちの師匠はよく言うてました。これは大師匠(系図的に祖父、つまり師匠の師匠)の四代目桂米團治師匠が言うてはったことやそうです。創元社「米朝全集」の解説から引用します。米團治師匠がうちの師匠におっしゃったお言葉です。

「この『つる』という噺は落語のエッセンスやで。短い中に話術のほとんどすべてのエッセンスがそろっている。軽く流す、かぶせる、はずす、とまどう、運ぶ、強く押し出す、気を変える……など。それにサゲのバカバカしい面白さ、これがうまくやれたら大抵のネタはやれる。大ネタは作の力でかえってやりやすい、こんな噺がむつかしい。これにないのは地(じ)の言葉(ナレーション的な説明)ぐらいのもんや」

米團治師匠はこの「つる」をよくやってはったそうです。手元に「桂米團治をしのぶ」という秘蔵のテープがあります。これは昭和58年(1983)に開かれた「四代目桂米團治三十三回忌追善落語会」での座談会の模様が収録されています。松鶴、松之助、米之助、米朝の凄過ぎる4人の座談会。これがおもろい、おもろい。あなたも聴きたい?

ここで松鶴、米朝の二人が言うてはります。当時の寄席、大阪の戎橋松竹でも京都の富貴でも「つる」ばっかりやってはったそうです。これがおもろいこともなんともない。お客が全然笑わない。京都の富貴の席亭が爆笑ネタの「代書」をやってくれ、と言うたそうですが、これに反発しはったんですな。十日間全部「つる」。これで富貴をクビになったという話が残ってます。六代目松鶴師匠の一言。

「この『つる』をおもろいネタにしたんは我々や」

うちの師匠はこの「つる」を大事にしてはりました。時々ですが、晩年までやってはりました。「なんでこの会で『つる』やねん?」と我々も思たし、お客も思いはったことでしょう。でもこれが爆笑なんやさかいしょうがない。

という訳で(どういう訳や?)「つる」をやります。


  ☆2月21日(水) 18:30 〜 (開場 18:00)
第24回京の噺家桂米二でございます@繁昌亭/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 3分
「つる」「天狗裁き」「猫の忠信」米二 三席
「田楽喰い」優々  ゲスト「兄貴の頭」仁智 糸:貴子
前売¥3,000 当日¥3,500 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥2,000 全席指定
前売券発売中&予約受付中!! ぴあ 0570-02-9999 Pコード 597-700
問&予 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
主催・お問い合せ TEL 06-6365-8281 米朝事務所
TEL 06-6352-4874 繁昌亭窓口
後援:果物専門店 丸留(TEL06-6351-0901)
 ◎丸留の高級果物が当たる抽選会有り
 半年に一度でもう24回目、今回のゲストは笑福亭仁智兄さんです。
 ユース割引あります。25歳以下は社会人でも学生でもお安くします。
 なおユース割引は米朝事務所と桂米二予約センターのみの扱いとなります。
 チケットぴあ、コンビニ、繁昌亭窓口での取り扱いはございません。
後援:果物専門店 丸留

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像



ご予約メールお待ちしております。開演の2時間くらい前まではOKです。いや、1時間前でも行けるかな? とにかく私がメールを確認できたらそれでええのです。時間の都合等で予約できなかった方は、メルマガ、ブログ、Twitter、Facebook、Instagram、LINE……なんでもええから「見た」と言うてください。前売料金にさせていただきます。案内葉書持参もお安くいたします。ユース料金は前売当日とも同じです。

続いて日曜日は大津です。ここでは「つる」を出してませんが、そのうちにやりますね。「厄払い」もうちの師匠が大事にしてきはったネタです。正月番組ではよくやってはりました。軽くて面白い噺なんですが、難しいです。私はこれをやって爆笑になった時と、クスリとも受けなかったことがあります。完全に蹴られたというやつ。それでもやり続けてます。なんでやろ? とにかく魅力のある噺なんです。こないだ動楽亭昼席でやった時は爆笑になったことをちょっとご報告しておきます。

そしてゲストには地元、大津市出身の桂三風さんをお願いしました。いつもこの会は地元出身の噺家を頼りにしている心細い会でございます。

こちらも、ご予約に関しては同上でございます。


  ☆2月25日(日) 14:00 〜 (開場 13:30)
第5回びわ湖浜大津寄席/(G)スカイプラザ浜大津7F・スタジオ1(椅子席)
 京阪電鉄「浜大津」北へ徒歩1分
 〒520-0047 滋賀県大津市浜大津1丁目3-32 TEL 077-525-0022(木曜日休館)
「天災」そうば「厄払い」米二 ゲスト「下町の散髪屋さん」三風 「不動坊」米二 糸・絹代
前売・予約¥2,500 当日¥2,800 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥1,000
全席自由 前売券発売中&予約受付中!!
前売券取扱所 スカイプラザ浜大津 大津百町館 奏美ホール イープラス
問&予 TEL 080-8941-7211 江口 ※留守番電話
実行委員会 PCからのメール biwakohamaotsuyose@gmail.com
携帯からのメール biwakohamaotsuyose@docomo.ne.jp
桂米二予約センター PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
主催:びわ湖浜大津寄席実行委員会
共催:スカイプラザ浜大津  後援:京都新聞 びわ湖放送
 京阪電車の「浜大津駅」が3月に「びわ湖浜大津駅」に改名するのを先取りして、
 この落語会のタイトルを「びわ湖浜大津寄席」にいたしました。
 メール予約は実行委員会、桂米二予約センターのどちらでも承ります。
スカイプラザ浜大津

びわ湖浜大津寄席ブログ

スカイプラザ浜大津地図

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「京の噺家桂米二でございます」に行きました.

繁昌亭入口で「ホームページで拝見いたしました」と申し上げたら,本当に前売り料金で入場できました.ありがとう存じます.

「つる」が面白かったです.特にジンベエザメが出てくるところは,爆笑でしたね.
これは米二さんのオリジナルでしょうか.お茶子さんも愛嬌があって華やかでした.
愛好家
2018/02/23 22:08
「ジンベエザメ」は私と私の弟子しか言うてないはずです。

うちの師匠は「南京虫はカッケを患うか?」

でした。今は南京虫もわからないので。
じーやん
2018/04/11 02:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「つる」は落語のエッセンス じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる