じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 丁酉(ひのととり)の会

<<   作成日時 : 2018/07/11 07:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


私、十二支は言えます。ねーうしとらうーたつみーうまひつじさるとりいぬいー……。なんにも見なくても言えます。でも噺家はあまり知識のない人種も居ますから、十二支を知らない後輩も居ました。名前は伏せますが、桂Hろば君。彼が言えませんでした。今は言えるそうですが……。

彼は十二支が順番に言えないだけやなかったのです。「ねー」は鼠ではなく猫だと思っていたようです。

「えっ、ねーは猫と違うんですか。ねーうしとらうーたつみー……。あ、みーが猫ですね」

「みー」という名前の猫でも飼うてたんかいな。どうしても干支に猫を入れたかったみたいです。Hろば君についてはこんなこともありましたっけ。

「指折り数える」
http://jeeyan.at.webry.info/200810/article_6.html

でも十二支の前に付く十干はぼんやりとしか知りませんでした。甲乙丙丁……ぐらいしか使いませんもの。

私は酉(とり)年生まれですが、去年、還暦を迎えてはっきりと覚えました。私は丁の酉なんです。でも通知表の成績が丁だと叱られます……と、これは戦前の話。

丁酉で「ひのととり」と読みます。十干で4番目の丁、十二支で10番目の酉の組み合わせです。これは60年に一度しかないのです。ちなみに今年は戊戌(つちのえいぬ)ですね。

その60年に一度の丁酉生まれの噺家が、上方落語界には3人居ます。笑福亭枝鶴、桂米二、桂梅團治(入門順)の3人です。この同い年が今頃になって団結しました。3人の年齢を合計すると満180歳……あ、枝鶴兄さんは誕生日が済んだので、満181歳です。

その「枝鶴・米二・梅團治三人会」は本日11日(水)の夜、天満天神繁昌亭でございます。初々しさは全くない会ですが、個性的でなかなか面白いと思います。まだまだチケットはございます。

ご予約メールお待ちしております。開演の2時間くらい前まではOKです。いや、1時間前でも行けるかな? とにかく私がメールを確認できたらそれでええのです。時間の都合等で予約できなかった方は、メルマガ、ブログ、Twitter、Facebook、Instagram、LINE……なんでもええから「見た」と言うてください。前売料金にさせていただきます。


  ☆7月11日(水) 18:30 〜 (開場 18:00)
第1回丁酉(ひのととり)の会〜枝鶴・米二・梅團治三人会/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 3分
「開口一番」小梅 「青菜」梅團治 「軒づけ」米二
「鼎談」枝鶴・米二・梅團治 「千両みかん」枝鶴 糸:正子
前売・予約¥2,500 当日¥3,000 整理番号順に入場  予約メール受付中!!
ぴあ 0570-02-9999 Pコード 597-700  TEL 06-6352-4874 繁昌亭窓口
問&予 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 昨年、還暦を迎えた噺家が三人居ます。還暦になって気がついたのです。
 早く一緒に会をやらないと後で後悔するぞ、と。
 丁酉(ひのととり)、昭和32年(1957)生まれの三人会が誕生します。
 年齢は三人合わせて183歳になります。嗚呼、恐ろしい……。
 午後6時からチケット記載の整理番号順に入場していただきます。
枝鶴の楽屋

桂梅團治・桂小梅の梅満会

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像


あ、梅團治君とのツーショット写真はありません。今日、撮ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
丁酉(ひのととり)の会 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる