アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ミュージカル」のブログ記事

みんなの「ミュージカル」ブログ


信州ひとり旅

2018/04/29 08:16
ゴールデンウィークに車で長野へ行くので、高速道路の渋滞予測を調べてたら、こんなルートが出てきました。名神から東海北陸道で高山へ出て、平湯温泉を通って松本へ抜ける。ちょっとこの道、面白そうやん。

高速道路ばっかり走ってるのは退屈です。どこ通っても代わり映えしません。一般道路のほうが面白い。それに平湯温泉は小学校3年の時に泊ったことがあります。この道にしよう。即、決めました。時間は少し余計にかかるけど。

朝6時に出発。この時間なら名神大津付近の渋滞もまだありません。東海北陸道を飛騨清見で出て、国道158号線を東へ。高山市内を通り抜け、軽快に走っていると、北アルプスが見えてきました。どこの山か知らんけど。これが見たかったんですよ。まだ雪が残っていて美しい。昨日のTwitterを見てください。

画像


平湯温泉の手前まで来ると見えてきました。槍ヶ岳(と思う)。一度登ってみたい山です。登らへんけど。たぶん。

画像


しばらく眺めて出発。松本に近づくと腹が減ってきました。蕎麦屋ばっかり目につきます。さすが信州。高山ラーメンを食べといたら良かった、と思う蕎麦アレルギーの桂米二でした。そういうと昔、松本の落語会の楽屋にざる蕎麦が積み上げてあって、わたしゃ打ちのめされたことがございました。うちの師匠。桂米朝は喜んでましたが……。

松本から長野自動車道。梓川サービスエリアでソースかつ丼を食べて、安曇野で一般道へ。この辺は何気なく北アルプスが見えます。美しい。

画像


そして大町へ。一度行ってみたかった劇団四季記念館。今年のオープン初日でした。秋まで開いていて、冬場は休館やそうです。中は撮影禁止なので外観だけ。ビーストの椅子に座りたかったなあ。

画像


そこから山道をぐるぐる走って千曲川展望公園へ。中学生の時、篠ノ井線の車窓から見た雄大な姨捨の風景が見たかったのです。昨日のTwitterをどうぞ。これは長野市内方向。八重桜がきれいでした。

画像

画像


それから長野市内へ向かったのですが、これがかなりの渋滞。ホテルへ着いたら午後6時。寄り道したとは言え、12時間も走ってたんです。でも疲れなかった。ひとり旅は気楽でよろしい。けど今度来る時は誰かと一緒に……というより、愛犬ボックを連れてきてやりたいと思ったのでした。

なんのために長野へ来たのかというと、これです。入場無料。

画像


明日はこれ。入場有料。

画像
記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1


クラプトンからミュージカルへ

2016/04/20 14:54
画像


クラプトンが終わったので、がらっと切り替えてミュージカル。ウェストサイドを観に来たら今日は夜公演でした。

嗚呼、大きな勘違い。わざわざ劇場まで来たのに。これを観てたら京都へ帰れなくなる。

新幹線は夕方を予約してるけど、これは早割で早い電車に変更できないんです。夕方まで暇や〜。

仕方ないのでタリーズに居座ってメルマガ送ってます。着いた?

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1


ミュージカル・ライブ

2016/03/03 23:59
画像


昨日は久しぶりにミュージカル・ライブへ行ってきました。元劇団四季のお二人、一和洋輔君と、私が飲み友達と呼んでいる佐野正幸(現役四季)さんの奥様、花岡久子さんの歌声を聴いてきました。会場は四条柳馬場のミューズというライブハウス。ここ、落語会もできるのと違う?

あ、一和君は京都市出身です。何故かどことはっきり言わないのですが、生まれは北のほうやそうてす。高校が鴨沂高校ということまでは知ってます。

「サウンド・オブ・ミュージック」「美女と野獣」「オペラ座の怪人」「ウィキッド」「アイーダ」等々四季の演目からの曲、ゲストを迎えてのロックなナンバーまで聴かせてもらえて堪能しました。

「美女と野獣」の曲を聴いて、わたくし的には花岡さんのベルが見たくなりました。もちろんビーストはご主人の佐野さんで。

一緒に行ったのは私の歯の主治医、京都駅前の山本先生ご夫妻。ずいぶん昔、山本先生の奥様に「どうして何べんもおんなじミュージカルを観に行くのですか?」と質問したことがあります。今は奥様に「私と同じことをやってはりますね」と言われてますが……。

とにかく素敵なライブをありがとうございました。

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


劇団四季の松下武史さん

2015/07/19 22:43
ここの更新が実際の日より遅れていることをまずお詫びいたします。謝ってしもたらこっちのもんや。全然タイムリーでないお話を申し上げます。

劇団四季の会員に毎月送られてくる「ラ・アルプ」という会報誌があります。今月号46ページに落語のことが書いてあります。俳優の松下武史さんの「おすすめカルチャー」というコーナーで。「米朝さんはすごい!」と。ついでに私のことにも触れてくれてはります。これで読めるかな?

画像


この松下さんとは長いお付き合いになりました。今では飲み友達と言うてもいい存在です。この方と知り合って私はミュージカルファンになり、劇団四季の皆さんと親しくなったのであります。めでたしめでたし。

その松下さんが久しぶりに京都へ来られました。13日(月)のことです。日帰りで。目的は歯の治療。たいへんですな。歯の調子が悪くなったからというて、新幹線に乗って京都まで来られるのですから。

その歯医者さんは京都駅前の山本歯科医院。院長は私の歯の主治医です。松下さんの歯の主治医も院長。つまり歯医者仲間。松下さんを「かねよ寄席」へ連れてきはって私に紹介したのは山本先生なのです。

この日は歯の治療の合間、私と松下さんは一緒に行動しました。京都駅の近くでお昼ごはんを食べて、ちょっと鉾を見て、先斗町の長竹へ寄って、夜は山本先生夫妻と合流して飲み会。いやあ、充実した一日でしたなあ。

そういうと、松下さんとは前に宵山の夜遅く、鉾を見て回ったことがありました。落語会の帰りに。今回はちょうど鉾立ての時期で、今まさに組み立てられている鉾や山もありました。大船鉾は後の祭りでなかったので、これは船鉾です。

画像


そして、長竹ではビール抜きでかき氷。松下さんはまだ歯の治療が残ってましたからビールはやめときましょう。ここの宇治金時は絶品ですわ。でもこの日は女優さんが居なかったので、ストローでチューチュー吸うのは無し。

2014/7/16参照 http://jeeyan.at.webry.info/201407/index.html

画像


そして楽食。がくしょくと読みます。京都の某所にあります。松下さんがその昔、京都劇場に出てはる時に常連だったお店です。楽食には私が一人で先に行って、「もうちょっとしたら連れが来ますから」と要らぬことは言わずに黙ってました。

そこへいきなり松下さんがご来店。5年ぶりぐらいだそうです。感激のご対面を私が演出いたしました。その後、山本先生ご夫妻がお越しになりまして、あとはもうぐずくず。松下さんは東京へ帰りはるので、新幹線の時間を考えて解散。いやあ、楽しい一日になりました。山本先生、ご馳走様でした。

松下さん、また京都でも飲みましょう。東京ではわりと何度も飲んでますが。それも午前2時まで。

画像
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


独演会はタキシードで

2014/12/08 10:25
桂米二独演会へご来場ありがとうございました。それからお手伝いしていただいた皆さん、何よりも木村花代さん、感謝感謝でございます。夢が叶いました。

楽屋入りした時からガチガチに緊張。普段は緩みっぱなしで、高座へ上がる30秒前でも欠伸ばっかりしている桂米二からは考えられないことです。落語はともかく、そのあとで憧れの花代さんと同じ舞台に立つのですから。

LIVEのリハーサルをやりました。彼女が全曲歌ってサウンドをチェック。トークで私も出るから、その打ち合わせも。

次に落語のほうもリハーサルで二席全部しゃべっ……たりしません。落語はそういうことはしないのです。しといたらよかった、とあとで思うことはありますが……。音響と照明のチェックだけ。

午後2時になりました。落語の部の開演です。まず二葉が出て、それから私が二席。落語が初めてというミュージカルファンも多い中、よく笑っていただきました。

休憩の後、いよいよ“木村花代LIVE”。今年大ヒットした「アナと雪の女王」から“LET IT GO”でスタート。あっという間に花代ワールドです。次々とミュージカルナンバーを熱唱してくれました。

私、トークに初めは着物で出ましたが、途中でタキシードに着替えて出て行きました。客席がざわめきましたよ。呆れてはるんやね。そこで「キャッツ」から“ガス”。この曲では私、椅子に座ってお手伝いをしました。座ってるだけでなんにもしてませんが……。

そして「オペラ座の怪人」から“THINK OF ME”、私が大好き過ぎる曲です。ここでサプライズ。実際の舞台では、クリスティーヌの歌の途中でラウルが「♪あれは、クリスティーヌ」と少し歌うところがあります。僭越ながら私がラウルになりました。そこだけ歌わせてもらったのです。こんなおっさんのラウルなんか居る訳ないのに。

花代さんに我が儘を聞いてもらいました。上手く歌える訳はないけど、ま、洒落ということで……。緊張していたのはすべてこれのせいなのよ。お客さん、怒ってはりません?

夢が終わりました。花代さんにも並んでもらってお客さまをお見送り。みんなから言われました。「年の差婚カップルのお見送りやね」と。

画像


ここで一言。タキシードは自前です。25年前に買いました。自分の結婚式で着るためです。あと司会の仕事で使えます。こっちのほうが重要。

これを買った時、試着室で何度も何度もズボンを穿き替えました。店員の兄ちゃんが「もっと大きいサイズのほうがいい」と言うので。しつこいくらい着替えさせられて、ずいぶん大きなものを買わされました。

なんでこんな大きなものを、とその時は思ったのですが、実はこの年になった今、ちょうどいいのです。ガホガボやったのが、今はサイズぴったりなんです。だいぶ太ったもんねえ。そこまで考えて兄ちゃんは大きなものを勧めてくれはったんですね。ほんまナイスやわ。今は感謝してますよ。

一夜明けても、花代さんの“THINK OF ME”が耳に残っています(ラウルの部分を除く)。もう一度言います。花ちゃん、皆さんありがとうございました。

画像
記事へナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0


新聞によりますと

2014/12/03 09:58
一昨日、読売新聞夕刊(関西版)に載せてもらいました。写真入りで。ここでも紹介させてもらいますね。

画像


ちょっと補足させてもらうと、私に対する最高の褒め言葉を言うてくれはったのは、花代さんのお父さんの役なんかをよくやってはった松下武史さんです。この間まで東京で「ウィキッド」に出てはりました。松下さんが居てくれはったおかげで、私と劇団四季の交流が始まった訳なんです。

これだけ大きく載せてもらったおかげで、チケットの予約がトバーッと……増えたらええなあ、と思っている寒い朝です。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


木村花代さん

2014/10/02 07:52
9月13日(土)、大阪フェスティバルホールへ「ミス・サイゴン」を観に行ってきました。

「ミス・サイゴン」には元劇団四季の木村花代さんがエレン役で出てはります。「ミス・サイゴン」は悲しい物語ですが、曲が素晴らしいです。花代さんのエレンの歌声も悲しいのですが、それでも力強さを感じましたね。

画像


花代さんの四季での舞台は「美女と野獣」「クレージー・フォー・ユー」「オペラ座の怪人」を観ています。残念ながら四季で最後になった横浜の「キャッツ」は観に行けませんでした。

その最後の舞台の日の朝、横浜の彼女からメールをもらいました。今日の「キャッツ」の舞台を最後に四季を退団しますと……。びっくりしますがな。しかもその日は観に行こうかと考えていた日だったから。都合で行けなかったのですが、まったくもって惜しいことをしました。でも、彼女が知らせてくれたことは素直にすごく嬉しかった。

それからライヴを何回か拝見しているうちに、ふと思いついたんですよ。

「落語会で歌ってもらえないかな?」

2年ほど前から思っていたのですが、恐る恐る彼女に話をしたのは今から1年ほど前でした。「スケジュールさえ合えば喜んで出ます」と嬉しい返事!!

そんなわけで夢が実現することになりました。落語とミュージカルのコラボレーションです。落語会なのでタイトルは「桂米二独演会」ですけど。

本日から前売券の予約・発売開始です。チケットぴあやコンビニの他、会場である京都府立文化芸術会館と京都高島屋でも購入できます。こちらはお席も選べますよ。

桂米二予約センターへのご予約メールも午前10時以降、受付を開始します。但し、今週は私、繁昌亭昼席へ出ているのでお返事が遅れることをご了解ください。

とにかく私も楽しむから、みんなも一緒に楽しんでくださいね。

画像


  ☆12月7日(日) 14:00 〜
桂米二独演会/京都府立文化芸術会館ホール(椅子席)
 河原町通・市バス「府立医大病院前」すぐ
 京阪「出町柳」or「神宮丸太町」徒歩12分 有料P有
「道具屋」二葉 「厄払い」「胴乱の幸助」米二・二席
木村花代 LIVE 司会・トーク 桂米二
前売・予約¥4,000 当日¥4,500 全席指定 10/2(木)発売開始
TEL (G)075-222-1046 (G)府立文化芸術会館
予:TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCメールから g-yan@yoneji.com 携帯メールから yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
主催・お問い合せ TEL 06-6365-8281 米朝事務所
チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード 439-903
 桂米二独演会はアバンティホールから京都府立文化芸術会館へ引っ越しました。
 長年の夢が実現します。元劇団四季の木村花代さんに歌ってもらいます!!
 桂米二とのトークもあります。仲入り後は落語会というよりライヴハウスです。
 いつもの会のように桂米二予約センターでご予約を承っております。
 京都高島屋7階チケットカウンターでも前売券を販売します。
 文芸会館友の会会員割引があります、会館へお問い合せください。
木村花代オフィシャル・はなみ好きの会

グランアーツ・木村花代

京都府立文化芸術会館

京都府立文化芸術会館地図



ちなみに今週の天満天神繁昌亭昼席はこんな番組です。

画像
記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


大井町

2014/09/12 11:49
昨日、東京まで来るのに新幹線の予約切符を受け取ろうとして、京都駅地下のみどりの窓口へ行ったところ、ないんです、みどりの窓口が。場所を間違えたかと思ってよく見ると「営業終了」のポスターが……。

画像


自販機でも受け取れるのですが、特急券はすんなり発行されても、別に買う乗車券に手間取るんです。みどりの窓口なら「東京都区内までの乗車券」の一言で済むのですが、自販機はまず新幹線に乗ることから選択して、どの駅(昨日の場合、京都)から乗って、どの駅(同じく品川)で降りるか選択して、そのあとまだ乗り換える路線は「新幹線ですか?」と訊いてくる。在来線を選択して降りる駅(同じく大井町)を指定。それで代金を払います。

それだけの手間をかけて出てきた切符は「京都市内→東京都区内」なんですよ。「大井町」の文字はどこにもない。その手間が嫌なので、たいていみどりの窓口へ行ってたわけです。それが営業終了やなんて。あそこは京都駅構内でも穴場であまり並ばなくてもよかった。空いてたんです。……そやさかい閉めたんか。

東京は昨日も豪雨が降ったらしいですが、私は遭遇しませんでした。ありがたいことです。落語会の開演前、毎日新聞の取材を受けまして、私が全面的(体力)協力した創元社の「米朝落語全集」についてしゃべらせてもらいました。これは芸能欄ではなくて日曜日の書評欄に載るそうです。「著者に聞く」みたいな感じで。わたしゃ著者とはちょっと違うんですが……。

そして「第28回京の噺家桂米二でございます@内幸町ホール」。もうここはホームグラウンドやね。お馴染みのお客さまも多いし、客席は大阪弁が飛びかってます。関西出身の方が多いのです。

で、打ち上げはいつものガード下。開放感ゆえたくさんいただきました。そのあとは定宿の近くで恒例になっている陛下こと松下武史さん(今、劇団四季ウィキッドのオズの魔法使い陛下です)と午前2時まで。芸談は尽きることがありませんでした。

画像


松下武史さんは私と劇団四季を結び付けてくれた方ですが、私、「美女と野獣」を初めて観た後に言ったことがあります。

「感動しました。本当によかった。ウルウルしながら観てました。ミュージカルってすごいですね」

その時、松下さんはこんなことをおっしゃいました。

「米二さん、あなたはそれを一人でやってるじゃないの。うちは大勢でお客に感動を与えてる。でもあなたは、それをたった一人でやってのけてる。凄いじゃないの」

これは私に対する、そして落語に対する最大の誉め言葉ですね。それからこの方とお付き合いが始まりました。そして、その「美女と野獣」をこの大井町の四季劇場[夏]で観ている時に東日本大震災に遭遇。交通機関がストップして、予約していた新宿のホテルへ行けなくて、結果的にこの町にずいぶんお世話になりました。それからずっと私は大井町のホテルを定宿にしました。ええとこでっせ。

震災の時もお世話になったイトーヨーカドー。ここでいつも買うのが、にしんの塩焼。一昨日、京都六地蔵のイトーヨーカドーで探したらなかったんです。大井町ならと探しましたが、昨日はなかったんです。やっぱり時期的なものがあるのかしら? 残念。

画像


画像


そして昨日買ったのは、さんまの塩焼。今朝、完食しました。気持ちのいい朝です。天気も快晴。今日は「赤毛のアン」を観て帰ります。大井町、ありがとう。

画像
記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3


ミュージカルCD

2014/05/05 12:08
昔、ミュージカルファンの人に質問したことがありました。リピーターの人にです。

「どうして何度も同じ作品を観に行くのですか?」

相手は返答に困ってはりましたね。説明しにくいんだそうです。中には「恥ずかしくて観に行った回数は言えない」と言う人もありました。

最近、ミュージカルファンの私がよく質問されます。

「どうして何度も同じ作品を観に行くのですか?」

返答に困っております。そんなもん観てない人に言うたかてわかるかいな。

一つ言えることがあります。観るたびに新しい発見があります。違うポイントで感動することもあります。ま、落語もそうなんですけどね。感動の度合いは薄いけど。

そんなわけで、たくさん観る時は観ます。「オペラ座の怪人」は1ヶ月の間に4回観たことがあります。今年は「ライオンキング」を東京、大阪と続けて観ました。それがどないしたちゅうねん!

画像


まだ3回しか観てない劇団四季「マンマ・ミーア!」のCDを買うてきました。今年1月に東京で観た時とほぼ同じキャストです。親しくさせてもらっているお友達も出てはります。曲を何度も聴いて覚えてからもう一度観に行くともっともっと楽しめます。

でももうそれは無理ですね。東京公演は明日が千穐楽……。またの楽しみにしてますよ。


明日6日は「音太小屋寄席」です。ミュージカルと違う感動(あほらしさ)を桂米二がお届けします。

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1


新春恒例!! 米朝一門会

2013/01/06 23:54
画像


2日と3日はお正月恒例の「新春米朝一門会@サンケイホールブリーゼ」でした。私は3日に出演いたしました。

新春のこの会は、前のサンケイホールの「桂米朝独演会」時代から40年ほど続いています。改めて40年と聞くとちょっと驚きますなぁ。私が新春のこの会に出るのは4年ぶり。かなり競争率の高い会なんです。

2日は出番がなかったのですが、一門の新年の挨拶があるので出席。挨拶言うたかて、日本酒で乾杯するだけです。というて酔うほど飲むわけやありません。こんなん寝てる子を起こすだけやん。

乾杯の前に国宝の挨拶。

「えー、そういうわけで……。何がそういうわけやわからんけど……。乾杯!」

笑かせてくれました。ご機嫌がよろしくてけっこうでございました。

新婚の二乗が新妻を連れて来てたので、みんなの前で結婚の報告と挨拶。

「12月に結婚させていただきました。まだまだ未熟ですが、どうぞよろしくお願いいたします」

それだけ言うて挨拶を切り上げようとするので、思わず私は一言。

「こら、嫁はんをちゃんと紹介せんかい! 名前を言わなわからへんやろ!」

今年一発目の公開説教。えらいみんなに受けてしもたがな。受けさすつもりなんかなかったのに。ちなみに嫁さんは微咲(みさき)さんと言います。

画像


2日の一門会は、まず出演者全員+国宝による新春のご挨拶。スポーツ紙には紹介されてましたが、ざこば兄さんの涙、涙の挨拶となりました。それから落語六席。

私は、次の日に何をしゃべろうか? 演目をどうする? そのことばかり考えておりました。三つ目で持ち時間は22分。時間は目安とはいえ、あまりオーバーするわけにはまいりません。それに自分で演目を決めていても、前に出る噺家の演目によっては変更せざるを得ない場合もありますしね。似たパターンの噺は避けんといけません。

私のすぐ前に出るのが吉弥君。前にもあったなぁ。あんたにあれをやられたら、わたしゃこのネタでけへんようになったということが。何も彼の責任やないけどね。

そして3日。開演前、前座のそうば君に「何するの?」と訊いたら、「手水廻し」という答えが返ってきました。二つ目の吉弥君に同じ質問をしたら、「まだわかりません」と意地悪なお答え。でも私、彼よりはだいぶ先輩ですから涼しい顔をしておりました。前日と同じようにご挨拶から始まり、落語もスタート。

結局、吉弥君がやった噺は「ふぐ鍋」。アチャーッ! 私がやろうと思てた演目の第一候補やないの。悪いほうの予感的中。何も彼の責任やないけどね。

けど「ふぐ鍋」は持ち時間22分にぴったりやったんです。あわてて第二候補、第三候補を吟味して、どっちにしようかと考えてましたが、直前に気が変わりました。

実際にやり出したのは「くしゃみ講釈」。魔が差すというのはこのことですね。候補にもなんにも入ってなかったネタを選んでしまいました。問題はこのネタが長いということ。何も考えんと普通にやったら30分かかるんです。なんとか22分にせんといけません。

そんなわけで、早口でなんともせわしない落語になってしまいました。前半はズバッとカットしましたが、あとはいつもの自分の間を少しずつ、少しずつ切り詰めていったという感じでした。ま、それだけ必死やったということになりますが……。ほぼ時間通りで降りてきました。

終演後の打ち上げはいつもの桂米二の会とはまったく顔ぶれが違います。桂米朝と関わりのある人がほとんどというお歴々ばっかりでしたが、嬉しい人も参加してくれました。「ミス・サイゴン」のエレンこと木村花代さんです。大阪出身の花代さん、「ミス・サイゴン」の後、そのまま数日は大阪に居るということだったので、ご両親と来てくれはったんです。別嬪さんをエスコートしながらの打ち上げでした。花ちゃん、本当にありがとうね。みんな喜んでくれました。

画像


では落語会。どちらもメール予約は開演2時間前までお待ちしております。電話予約はできたらお昼頃までにお願いいたします。

画像


  ☆1月7日(月) 19:00 〜
第51回桂米二不定期落語会/太融寺本坊2F(椅子席)
  梅田・北区太融寺町 TEL (G)06-6311-5480 (G)太融寺
「子ほめ」二葉 「厄払い」米二 「ちはやふる」よね吉 「牛の丸薬」米二
予約¥2,000 当日¥2,300 TEL 080-5338-7331 桂米二落語会予約センター(主に留守電)
メール予約・問合せ g-yan@yoneji.com 携帯専用 yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
後援:丸留果物店 http://www.marutome.com
 2013年も桂米二の会は太融寺からスタートします。
 もちろんお馴染みのクダモノ大抽選会あります。

画像


  ☆1月10日(木) 19:00 〜
第85回洛北葵寄席/京都市北文化会館3F創造活動室(椅子席)
  京都地下鉄烏丸線「北大路」1番出口すぐ
  TEL (G)075-493-0567 (G)北文化会館
「牛ほめ」二葉 「宗論」米紫 「奇術」わんだふる佳恵 「宿屋仇」米二
予約¥2,000 当日¥2,300 小中学生¥1,000
TEL 075-781-1649 イノセンス(12〜17時/火水定休)
Eメール g-yan@yoneji.com 携帯メール専用 yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
http://www.kyotoconcerthall.org/kita/
 新年らしく和妻(奇術)のわんだふる佳恵さんに出演をお願いしました。
記事へナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2


タイトル 日 時
新年のご挨拶とレミゼ
新年のご挨拶とレミゼ あけましておめでとうございます。今年もほんまに相変わらずですが、どうぞよろしくお願いいたします。今さら性格や考え方は変えようがないもんね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/01 11:47
ミス・サイゴン
ミス・サイゴン 「サイゴンて町の名前なんや」 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/12/28 03:42
愛媛お寺ツアーとタキシード
愛媛お寺ツアーとタキシード ちょっとお酒を飲む日が続いていたので(ほんの半年ほど)、昨夜は久しぶりに休肝日とさせていただきました。ほなら寝つきは悪いわ、眠りは浅いわ、5時に目は覚めるわ、快眠からはほど遠い……。私の体に適量のアルコールは必須となっているのですな。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/16 08:56
抹茶スイーツ
抹茶スイーツ 千穐楽が近い京都劇場「桃次郎の冒険」出演中のおじいさん、イヌ達と飲んできました。皆さん「美女と野獣」に出ておられた俳優さんなので、以前からのお馴染みであります。いやぁ、芸談は楽しい。芸談以外も多かったけど……。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/06 10:12
桃次郎の冒険
桃次郎の冒険 劇団四季の「桃次郎の冒険」を観てきました。昔話の「桃太郎」をベースにしたこのミュージカル。落語ファンなら桂雀喜作の新作落語「桃次郎」をご存じのことと思います。もちろん私もよく知っております。雀喜が先か? 劇団四季が先か? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/09/21 23:37
ありがとう名古屋
ありがとう名古屋 昨日、おかげさまで無事に「あつた寄席・桂米二落語会@想念寺」が終了いたしました。名古屋のお客さまによく笑っていただきました。お客さまの乗りがたいへんよかったから。本当にありがとうございます。主催してくださった果物屋、弘法屋の片岡さん、会場を提供してくださった想念寺さんはじめ、もうあちこちに感謝です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/10/30 09:26
京の噺家@内幸町ホール
京の噺家@内幸町ホール 昨日、無事終了しました。弟子の初舞台、誕生日、東京の会と私にとっては大きな行事が続きました。誕生日は忘れてた人も、知らない人も、そんなん関係ないと言う人もいらっしゃいますが……。内幸町ホールへ来てくださったお客さまに感謝です。ありがとうございました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/09 11:26
とんかつは豚に限る
とんかつは豚に限る 1日(金)に「オペラ座の怪人」を観ました。キャッチフレーズの「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい」は誇張でもなんでもないです。震えました。ぞくぞくしました。そのタイトルロール、ファントムを演じている佐野正幸さんと飲み友達であることを誇りに思います。エヘン。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/07/04 08:09
ファントム現る
ファントム現る 昨日のかねよ寄席へ「オペラ座の怪人」で京都劇場に出演中の佐野正幸ファントムが来てくれはりました。佐野さんは先月、東京で「美女と野獣」のビーストを観てるし、3月11日の震災で揺れたときも「美女と野獣」出演中でした。その前は去年の暮れ、一緒に飲んだくれてました。けっこうよく会ってますねぇ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/06/28 12:19
名古屋の自販機
名古屋の自販機 昨日の名古屋の最高気温は34.9℃(気象庁データ)でした。たぶんそれに近い気温の中、名古屋駅から新名古屋ミュージカル劇場まで歩いておりました。頭の中をよぎるのは「熱中症」。なったことないけど、こんな中を歩いてたらなるような気がします。なんせ53歳はお体の曲がり角。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/25 14:50
名曲
名曲 アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲の「オペラ座の怪人」は名曲です。歌詞の内容は怖ろしいのにメロディは美しい。3回目の鑑賞でございました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/06/05 13:01
締めはキャッツで
締めはキャッツで 7日(土)、初めて「キャッツ」を観てきました。けっこう宗教的なところがありましたよ。「天上」とか「再生」とか。「再生」と言うてもリサイクルのゴミと違いまっせ。舞台はゴミ捨て場やから、ゴミだらけやったけど。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/05/09 16:52
半分リベンジ
半分リベンジ 昨日、午後1時。「美女と野獣」上演中の四季劇場[夏]が見えてきたとき、2ヶ月前ぶりなのに懐かしいという想いがこみ上げてきました。ここで揺れたんですもんね。一緒に居た娘も同じ気持ちだったみたいです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/07 07:34
サイン
サイン 今朝の大井町も曇っています。2泊して3日目の朝を迎えました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/06 07:41
大井町
大井町 昨日から東京へ来ております。落語会に絡ませてのミュージカルツアー。今回の宿泊はあえて地震に遭った大井町にしました。お世話になった大井町です。忘れられない町になりました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/05 03:57
西の旅
西の旅 落語で「西の旅」と言えば讃岐の金毘羅さんですが、今回の西の旅は福岡県と佐賀県。ミュージカルのついでにね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/03 10:37
博多で
博多で 博多で飲み過ぎました。頭が重い……。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/02 08:40
博多へ
博多へ 福岡へ行くのに、駅名は博多。いつもどっちやねん、て思います。ま、どっちゃでもよろしい。とにかく福岡市博多区へ行きます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/01 09:32
ウィキッドは福岡へ
ウィキッドは福岡へ 「かねよ寄席」はいつも劇団四季俳優ご一行様が来られるのですが、昨日は誰も来られませんでした。そらそうや。今、関西で劇団四季の芝居は一つもやってへんもんね。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/01 23:46
劇団四季の木村花代さんが……
劇団四季の木村花代さんが…… 劇団四季のファンになってせいぜい4、5年です。エリック・クラプトンのファン暦はは35年を超えましたが……。でもクラプトンさんより四季さんのほうが身近というか、いつでも会えるというか、とにかくちょいちょい観せてもろてます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/09/02 00:32
まもなく千穐楽
まもなく千穐楽 劇団四季の一部の方(落語ファン)とは懇意にさせていただいております。「美女と野獣@京都劇場」は1年間ロングラン公演が5月9日で終了。千穐楽を迎えます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/25 11:22
かねよにイケメン集合
かねよにイケメン集合 昨日の「かねよ寄席」。いろいろと偶然が重なって柳家紫文さんに出てもらいました。三味線抱えた江戸前の芸が披露されたのはこの寄席始まって以来のことでしょう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/06/30 07:41
美女と野獣
美女と野獣 公開リハーサルというのを初めて見せてもらいました。23日が京都劇場の初日でしたから、その前日のことです。以前から親しくしていただいている劇団四季の松下武史(美女のおとっつぁん、モリース役)さんから招待してもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/27 16:59
劇団四季「ウイキッド」
劇団四季「ウイキッド」 劇団四季「ウイキッド」を見てきました。いつも東京で会をやらせてもらってる内幸町ホールから新橋駅をはさんで反対側の電通四季劇場「海」という会場です。内幸町ホールとは規模が全然ちゃいますな。しかも6月に始まっていつまで続くかわからんというロングラン公演……。比べたらいかんのですが、つい我々の落語と比べてしまうのです。ふう……。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/04 23:28
「クレイジー・フォー・ユー」は1500回
「クレイジー・フォー・ユー」は1500回 劇団四季の役者さん、松下武史さんは大の落語ファンでして、月曜日の京都での落語会は皆勤じゃないかと思うほどです。出演中の「クレイジー・フォー・ユー@京都劇場」は月曜が休演日なのです。いつも若手の方を連れて来てくださいます。もちろん女優さんも。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/28 11:05

トップへ | みんなの「ミュージカル」ブログ

じーやんの拍子の悪い日々・桂米二 ミュージカルのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる