アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「カルチャー」のブログ記事

みんなの「カルチャー」ブログ


審査員

2018/04/07 11:48
画像


審査員で思い出す一番古い記憶はなんでしょ? 毎日放送の「素人名人会」で三代目林家染丸師匠が「敢闘賞〜!!」と叫んではったことですね。古〜!!

ほんと古いです。当時、私は小学校の3年か4年生、つまり50年ほど前のこと。その染丸師匠が亡くなった後、「素人名人会」の落語、漫才など演芸部門の審査員はうちの師匠、桂米朝、そして五代目桂文枝師匠へと引き継がれたのでありました。

その時分から演芸番組をしらみつぶしに観ていた澤田少年でありますが、自分が噺家になろうとは、そしてその落語の審査をすることになろうとは、夢にも思てなかったんです、はい。

尼崎で開かれている「尼崎落研選手権」と「新人お笑い尼崎大賞・落語部門」という二つのコンクールの審査員をやらせてもらっています。前者は大学の落研の大会、後者はプロ(新人に限る)でもアマチュアでも出られる大会。でも、私が担当してからプロは出てないと思います。アマの大会です。場所も尼ですし。……私、駄洒落はあまり好きやないのですが。

それに以前、プロが出場してアマに負けたという実例が……。そんなこともあってプロは出にくいと思います。場所も尼ですし……。

いいですか。関西人は尼崎を略して「あま」と呼ぶのが一般的なのです。覚えといてくださいね。これは関東の人が埼玉のこと「さい」と呼ぶのと同じです。……これは言わんか。

やってみてわかりましたが、審査員はしんどい仕事です。落語に点数をつけるのですから。スポーツでも早さを競う競技の審査は楽でしょうね。はっきりとタイムが出ますから。落語の審査をやって分かりました。フィギュアスケートの審査は大変やろうなと。……一緒にするな、と思てはるでしょうが。

しかし、やり甲斐がある仕事ではあります。しかも審査委員長なんて肩書をつけてもらうと「エヘン」という気持ちになります。それに大いに勉強になります。その謙虚な気持ちを持ちつつ、順位をつける時はすぱっと決断しなければなりません。しかも「落研選手権」で優勝した人がプロの噺家になった例もあります。……なんで東京へ行ったんや?

その人の人生をも左右することになるのですから、審査員は責任重大です。でもこれはアマチュアの世界です。プロの噺家の審査となると、もっともっとしんどいです。できればやりたくない。それを去年からやり始めることになりました。

上方落語協会にはたくさんの委員会がありますが、以前は風紀委員会というのがありました。繁昌亭の楽屋で噺家に「ハンカチとティッシュは持ってきてますか?」とか、爪が伸びてる若手噺家に「切りなさい」と爪切りを押しつける……そんなことはしません。

「繁昌亭昼席では持ち時間を守りましょう」とか「マクラで下品なことを言うのはやめましょう」とか「楽屋に汗の臭いがしみついた長襦袢を干してはいけません」とか。他に何がありましたっけ。……そうそう、若手指導という大事な役。

その「風紀委員会」が衣替えしまして、「若手育成委員会」と名前もそのままな委員会ができました。メンバーが凄い。香盤順に米二、団四郎、竹林、梅團治、花團治、鶴二、あさ吉と、下の数名を覗いてほぼ還暦という恐ろしさ。一番古い私が委員長ということになりました。協会の理事から副会長の米團治君も参加してます。彼は今年還暦……。

繁昌亭で「乙夜(いつや)寄席」という深夜寄席を始めたのも若手育成委員会です。もう一つの役としまして「若手噺家グランプリ」の運営とお世話。ま、実質的には上方落語協会事務局のTさんが取り仕切ってくれてます。Tさんは協会で若き女性スタッフとして頑張ってくれてましたが、とうとう若手噺家の桂三語君の嫁になった人です。もうドツボにはまって出られないという……これ以上のコメントは控えさせていただきます。その田辺ちゃん……あ、言うてもた。彼女が頑張ってくれてるので我々も役目をこなせるのです。

さて「若手噺家グランプリ」。これはアート引越センターの寺田千代乃会長が「上方落語界の新たなスターを発掘する」という目的で、ボーンとお金を出してくださったところから始まりました。今年で4年目。若手育成委員会は去年からお世話をさせてもらってます。若手からエントリーを募り、出場者を40名に絞り、演目の希望を聞き、できるだけ希望に沿うように、かつ一門、キャリアのバランスを考えた上で、10人ずつ4回の予選に振り分けて、そして予選会の審査です。フ〜〜……。

今までの決勝での優勝者は桂吉の丞君、笑福亭たま君、桂米輝君の3人。それぞれ賞金20万円をかっさらっていきました。ちなみに準優勝は賞金5万円。優勝したら次の年はもう出られませんが、準優勝はまだ出られます。入門18年目までが出場資格ですが……。

4月2日(月)に第1週目の予選会が開かれました。このあと毎週月曜日にあと3回開かれます。私が審査するのは第1週と第3週の2回。落語の持ち時間が8分〜10分。これより1秒多くても少なくても減点されます。みんな、9分ぐらいでまとめたら大丈夫やで。……でも去年はタイムオーバーが多くて私はため息ばっかりついてました。

アマチュアよりプロの審査のどこが大変かというと、普段から可愛がってる、または憎たらしい後輩に点数をつけなければならないということ。しかもその後輩の将来をも左右するのです。ここで優勝して、それをきっかけに大きく羽ばたいた噺家……はまだ居てませんが。

で、第1週の感想。みんな頑張った。レベルが高い。若手育成委員会の○○より上手い……。点数は1点刻みでしかつけられなかったほどの接戦。この日の審査は私以外に竹林君と鶴二君。去年も感じたのですが、みんなの意見が大きく違わないのです。私がええと思た人は、他の二人もええと思たみたいです。これは客席の笑い声にも響いてますね。

という訳で決勝通過は1位が桂ちょうば君、2位が笑福亭喬介君の二人。喬介君は凄いですよ。一昨年、去年と準優勝。今回の予選も第2位。この調子で今年も決勝は準優勝狙いですな。毎年5万円ずつかっさらって、トータルで賞金王を狙ってね。

予選会はあと3回。9日、16日、23日の月曜日、午後6時30分開演、会場は天満天神繁昌亭です。まだチケットありまっせ。決勝は6月19日(火)午後6時30分、これも天満天神繁昌亭。チケットは予選が全部済んでからの発売となります。

決勝の審査はしません。在阪マスコミ各局のプロデューサー、ディレクターが担当してくれはります。私は前説と優勝者発表のみですから、これは気ィ楽ですわ。若手から恨まれずに済みます。

上の写真は開演前、出演順を抽選で決めているところ。林家染太君が1番を引き当てました。したがって、この日のトップバッター。

画像

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3


亀岡市立本梅小学校の落語発表会

2018/02/20 21:22
画像


昨年7月から指導を始めた亀岡の本梅(ほんめ)小学校の5、6年生14人。今日は明後日の発表会に備えてのリハーサルでした。今まで10回以上に渡って稽古を重ねてきましたが、子ども達はここへ来てやっとトップギアに入ったようです。ほんま、ちょっと心配したよ。

もう一校教えに行ってる笠置小学校はもう何年も行ってますから、それなりに形はできています(発表会は去年10月に終了)が、本梅小学校は一からなので時間がかかりました。またのんびりしてるわ。発表会が近づかないとできないタチなんですね。考えたら私と一緒や。

今日は本番同様に体育館の舞台で、舞台衣装の浴衣を着たのですが、どう見ても温泉巡りです。それは無理もないことで、浴衣は近所の湯の花温泉の旅館から借りてきたのですから。せめて角帯をきりっと締めてほしいのですが、みんな帯の位置が高くてちょっと天才バカボン状態。文楽のツメ人形にも似てますなあ。背中に手ェ入れてみたくなります。

それでも衣装を着て、出囃子に乗って出て、本番とおんなじようにしゃべったのですから、ちょっとは緊張がほぐれたかな?

画像


発表会「本梅子ども寄席」はどなたでもお入りいただけます。22日(木)午前10時25分開演、場所は本梅小学校体育館です。但し、ちょっと遠いよ。JR亀岡駅から西へ徒歩2時間……。

その稽古の様子が京都新聞に紹介されました。

落語で子ら表現力養う 京都の小学校で体験授業
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20180219000172

さて、いつもいただいている給食ともそろそろお別れ。今日はチキンライス、ベーコンと白菜のスープ、それに野菜ゼリーがデザートで付いてました。

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1


「つる」は落語のエッセンス

2018/02/20 08:28
「つる」桂米二

えっ? やったことないのに。出てる。

まだ若かりし頃、「桂米朝独演会」それもうちの師匠にとっても大舞台、大阪サンケイホールの正月の独演会です。その前座の出番をいただいたのですが、その時の私の演目が「つる」。持ちネタではないのですよ。うちの師匠に言おうかと思いました。

「私、やったことがないので、師匠の独演会ではとてもとてもできません」

これを言うたら、おしまいですやん。で、考え直しました。ほなやってみよか。

縁というのは不思議なもので、これが私と「つる」の出会いやったんですね。さすがにネタ下ろし(初めてやることです)という訳にはいきませんが、どこか他の会で下ろして、1月2日、3日の「桂米朝独演会」でやらせてもらいました。これが思いの外、評判が良かったのです。

下りてきた時、舞台袖で聴いていたうちの師匠の一言はこうでした。小言ではなく笑顔でしたよ。

「サゲは、もっとくそうにやらないかんで」

そのくさいやり方を避けたくて、あっさりやったのですが……。でも私も今はずいぶんくさくなりました。あ、ここで言う「くさい」は、においのことではありませんよ。演出上の「くさい」ですからね。

「『つる』は落語のエッセンスや」

うちの師匠はよく言うてました。これは大師匠(系図的に祖父、つまり師匠の師匠)の四代目桂米團治師匠が言うてはったことやそうです。創元社「米朝全集」の解説から引用します。米團治師匠がうちの師匠におっしゃったお言葉です。

「この『つる』という噺は落語のエッセンスやで。短い中に話術のほとんどすべてのエッセンスがそろっている。軽く流す、かぶせる、はずす、とまどう、運ぶ、強く押し出す、気を変える……など。それにサゲのバカバカしい面白さ、これがうまくやれたら大抵のネタはやれる。大ネタは作の力でかえってやりやすい、こんな噺がむつかしい。これにないのは地(じ)の言葉(ナレーション的な説明)ぐらいのもんや」

米團治師匠はこの「つる」をよくやってはったそうです。手元に「桂米團治をしのぶ」という秘蔵のテープがあります。これは昭和58年(1983)に開かれた「四代目桂米團治三十三回忌追善落語会」での座談会の模様が収録されています。松鶴、松之助、米之助、米朝の凄過ぎる4人の座談会。これがおもろい、おもろい。あなたも聴きたい?

ここで松鶴、米朝の二人が言うてはります。当時の寄席、大阪の戎橋松竹でも京都の富貴でも「つる」ばっかりやってはったそうです。これがおもろいこともなんともない。お客が全然笑わない。京都の富貴の席亭が爆笑ネタの「代書」をやってくれ、と言うたそうですが、これに反発しはったんですな。十日間全部「つる」。これで富貴をクビになったという話が残ってます。六代目松鶴師匠の一言。

「この『つる』をおもろいネタにしたんは我々や」

うちの師匠はこの「つる」を大事にしてはりました。時々ですが、晩年までやってはりました。「なんでこの会で『つる』やねん?」と我々も思たし、お客も思いはったことでしょう。でもこれが爆笑なんやさかいしょうがない。

という訳で(どういう訳や?)「つる」をやります。


  ☆2月21日(水) 18:30 〜 (開場 18:00)
第24回京の噺家桂米二でございます@繁昌亭/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 3分
「つる」「天狗裁き」「猫の忠信」米二 三席
「田楽喰い」優々  ゲスト「兄貴の頭」仁智 糸:貴子
前売¥3,000 当日¥3,500 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥2,000 全席指定
前売券発売中&予約受付中!! ぴあ 0570-02-9999 Pコード 597-700
問&予 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
主催・お問い合せ TEL 06-6365-8281 米朝事務所
TEL 06-6352-4874 繁昌亭窓口
後援:果物専門店 丸留(TEL06-6351-0901)
 ◎丸留の高級果物が当たる抽選会有り
 半年に一度でもう24回目、今回のゲストは笑福亭仁智兄さんです。
 ユース割引あります。25歳以下は社会人でも学生でもお安くします。
 なおユース割引は米朝事務所と桂米二予約センターのみの扱いとなります。
 チケットぴあ、コンビニ、繁昌亭窓口での取り扱いはございません。
後援:果物専門店 丸留

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像



ご予約メールお待ちしております。開演の2時間くらい前まではOKです。いや、1時間前でも行けるかな? とにかく私がメールを確認できたらそれでええのです。時間の都合等で予約できなかった方は、メルマガ、ブログ、Twitter、Facebook、Instagram、LINE……なんでもええから「見た」と言うてください。前売料金にさせていただきます。案内葉書持参もお安くいたします。ユース料金は前売当日とも同じです。

続いて日曜日は大津です。ここでは「つる」を出してませんが、そのうちにやりますね。「厄払い」もうちの師匠が大事にしてきはったネタです。正月番組ではよくやってはりました。軽くて面白い噺なんですが、難しいです。私はこれをやって爆笑になった時と、クスリとも受けなかったことがあります。完全に蹴られたというやつ。それでもやり続けてます。なんでやろ? とにかく魅力のある噺なんです。こないだ動楽亭昼席でやった時は爆笑になったことをちょっとご報告しておきます。

そしてゲストには地元、大津市出身の桂三風さんをお願いしました。いつもこの会は地元出身の噺家を頼りにしている心細い会でございます。

こちらも、ご予約に関しては同上でございます。


  ☆2月25日(日) 14:00 〜 (開場 13:30)
第5回びわ湖浜大津寄席/(G)スカイプラザ浜大津7F・スタジオ1(椅子席)
 京阪電鉄「浜大津」北へ徒歩1分
 〒520-0047 滋賀県大津市浜大津1丁目3-32 TEL 077-525-0022(木曜日休館)
「天災」そうば「厄払い」米二 ゲスト「下町の散髪屋さん」三風 「不動坊」米二 糸・絹代
前売・予約¥2,500 当日¥2,800 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥1,000
全席自由 前売券発売中&予約受付中!!
前売券取扱所 スカイプラザ浜大津 大津百町館 奏美ホール イープラス
問&予 TEL 080-8941-7211 江口 ※留守番電話
実行委員会 PCからのメール biwakohamaotsuyose@gmail.com
携帯からのメール biwakohamaotsuyose@docomo.ne.jp
桂米二予約センター PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
主催:びわ湖浜大津寄席実行委員会
共催:スカイプラザ浜大津  後援:京都新聞 びわ湖放送
 京阪電車の「浜大津駅」が3月に「びわ湖浜大津駅」に改名するのを先取りして、
 この落語会のタイトルを「びわ湖浜大津寄席」にいたしました。
 メール予約は実行委員会、桂米二予約センターのどちらでも承ります。
スカイプラザ浜大津

びわ湖浜大津寄席ブログ

スカイプラザ浜大津地図

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2


笠置小学校6年生の「時うどん」

2017/07/14 06:50
この頃、あっちこっちからお座敷がかかっていて、我々噺家の生活を脅かす勢いの笠置小学校の子ども達。一昨日12日(水)のことになりますが、6年生のそのお座敷に付き添いました。

呼ばれて行ったイベントが大層です。「平成29年度京都府PTA指導者中央研修会」と長いタイトル。会場がまた凄い。国立京都国際会館のメインホール。1,200人入るんです。またそれが満杯。ま、興行ではないからね。あくまでPTAの研修会。

画像

画像


いつもは3年生から6年生までなので、15、6人が三つ四つの落語をリレーで繋ぐのですが、今回は時間もないのでコンパクトに6年生4人で「時うどん」を一席。それに一人前説が付きます。6年生は全員で5人なんです。先月から何度もこのイベントに向けて稽古してきたのでもうバッチリ……のはず。

笠置小学校は本名を「相楽東部広域連合立笠置小学校」と言います。長いんです。ここへ落語指導に行き出して4年目になります。だいたい2年続けて教えに行った学校は一つもなかったのですが、先生方の情熱にほだされて……と言うか、最初は断ったんですよ。でも聞いたら、落語用の座布団を学校の予算で買ったと言うんです。無茶するわ、先生も。他に何の役にも立たない大きな紫の座布団を買ったんですと。しかも三つ。そない要りまへんで。

ま、私が三つ持ってるので、それをいつも持って行ってたからやと思うんですが……。

で、今年学校で買ってくれたのが、足袋と草履。今まで浴衣は着てても靴下に靴やったんですよ。それが一気にこの通り。

画像


こんな足袋、初めて見ました。伸び縮みする素材でできてるのがあるのは知ってましたが、これにはこはぜが付いてない。まるっきり靴下と同じで、ズボッと足を突っ込むだけ。私もこれにしようかな? この頃、こはぜを留めるのがしんどくて。

でも子ども達はちょっとナーバスになってました。こんな大きなところでしゃべったことがないから。そういうと私も長いことありませんわ。1,200人なんて。

しかし、なんの心配も要りませんでした。さすが本番に強い子ども達は、よどみなく見事にしゃべりきりました。

まず前説。江戸時代の落語というので、侍の切り捨て御免や「時うどん」のことを話してくれました。おしまいに謎かけまで付けて。

「昔のお侍さんとかけて、うどんと解く。その心は、手打ちになるでしょう」

これで1,200人のPTAがどよめいたんです。あとの「時うどん」は最初の仕込みの軽いギャグからちゃんと受けてます。後半はもう受けに受けて大爆笑。こんなに笑ってもらってやってるほうがびっくりしたんと違う?

客席も喜んだし、先生方も喜んだ。でも一番喜んでたのは他ならぬ私でしょう。こんなに教え甲斐のあることってないですから。弟子に教えてるのとえらい違いや。

そして改めて納得しました。落語のパワー恐るべし!

画像
記事へナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 1


「本の森」→「本と私」「I読書」

2017/06/08 10:55
5月28日付の京都新聞には載ってませんでしたが、6月4日付に載っていると歯の主治医(山本先生感謝!)が教えてくれたので、その新聞をわざわざ買うてきました。販売所の態度がちょっと悪かったけど。

読書欄の中の「本と私」というコーナーでした。「本の森」と違うやんか。共同通信からは「本の森」と聞いていたので、全国的にそのタイトルかと思たら違うんですな。神戸新聞の掲載紙をスクラップして送ってもらいましたが、それを見たら「I読書」というタイトルでした。なんのことかと思たら「愛読書」の洒落やね、これは。

ともかく苦労して書いたので、ちょっと読めるか読めないか微妙なところでアップいたします。

画像


改めて読み返してみて、やっぱり不満が残ります。字数の関係で、原文が原稿用紙3枚分なのを2枚分に縮めてるから。バッサバッサと切り落としてるから。書きたかったことの3分の1を没にしたから。

もし、全文が読みたい方がありましたらお知らせください。メールで送らせてもらいます。それぐらいのサービスはさせてもらいます。ただ何日かかるかわかりませんが……。

私は文章の専門家ではないけど、一旦出来上がったものを縮める、またはその逆に引き伸ばすのは本当に難しいものです。そっちのほうに時間がかかりました。でも味わいが違う。

つまり「子ほめ」でも20分バージョンと15分バージョンでは全く味わいが違うちゅうことですわ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3


芸名をつけよう

2017/05/18 08:46
噺家は本名ではできません。当たり前やけど。噺家みたいな名前で生まれてくる人はないしね。「笑福亭」とか「三遊亭」とか「古今亭」とか、こんな名字はありません。ただ我々の「桂」はありますね。ひょっとしたら私と同姓同名の罪のない一般人も居てはるかもしれませんな。お気の毒に。

14年前、うちも弟子が来たので、名前を付けました。筆頭は高井豊史君。名前をつけるについて一生懸命考えました。初めての弟子ですから、本当に真剣に考えました。「米二」のように下に「二」の字のつく名前を。「半二」とか「健二」とか「球二」とか「功二」とか。もう忘れたけど。

最後に「こんなんは普通の感覚では選ばへんやろうなあ」と、洒落で「二条」を付け足しました。さあ、奴は何を選ぶやろ?

高井君は「二条」を選びました。まさかまさかのびっくり大仰天。何を考えとおるんや? しかも字は「二乗」に変えて欲しい、とこんな注文も付けてくるのです。今なら「アホンダラ、俺の言うとおりにせい!」と言うのですが、なんせ初めての弟子。ご機嫌を損ねてはいかんと思たんです。

「ほな、そないしようか」

考えたら奴は一番初めから言うことを聞かなんだんです。しかも言うことを聞かないのは今も継続中です。

二番目は西井史さん。6年前に来ました。女の子を弟子にするなんて、天地がひっくり返ってもないことと思てたのに。その天地がひっくり返ったのです。第一、うちへ来るなんて誰が思います?

彼女は鶴瓶兄さんの追っかけをしていて、だんだん落語を好きになったと言います。すぐに鶴瓶兄さんに電話しましたがな。

「兄さんのおっかけしてたアフロの女が僕の弟子になりたいと言うてます。どないしましょ?」

「弟子にしたりいな」

無責任なことを……。

落語会の打ち上げで、いつもの飲み仲間がいろんな名前を考えてくれました。いろいろありましねえ。もう忘れたけど。

最終候補を二つまで絞りました。「二葉」と「二涼」。私はどちらかというと「二涼」がいいな、と思てました。祇園の○涼さんという美しい芸妓さんのお顔が浮かんだから。

でも、彼女が選んだのは「二葉」でした。葉っぱが好きなんですと。今まで食品スーパーの青果部で働いてたから。弟子とは「思うようにならないもの」という言葉が私の辞書に改めてインプットされました。

  ☆5月18日(木) 19:00 〜 (開場 18:30)
第5回桂米二新世界出張所/動楽亭(前方座椅子・後方腰掛席)
 地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前」1番出口すぐ
 ファミリーマート左の階段を2Fへ (G)ファミマ山王動物園前店
「寄合酒」二葉 「天狗裁き」米二 「悋気の独楽」鯛蔵 「愛宕山」米二 糸:和女
予約・案内葉書持参¥2,000 当日¥2,500 ☆学生¥500(予約・当日とも)
問&予 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
◎三輪山本のそうめんが当たる抽選会あります。
 キタまでは出にくいという大阪府南部の方、どうぞよろしく。

三輪山本

動楽亭公演情報

動楽亭地図

画像


さて今夜、この落語会終演後の打ち上げで、新しく弟子に取る古川達己(ふるかわたつき)君の名前を決めます。名前は公募しております。もうたくさんたくさん集まりましたが、「新世界出張所」のアンケート用紙に書いていただいたら、まだ間に合いますよ。いい名前をよろしく。でも今度は本人に選ばせません。最後の最後は私が決めます。もう言うことを聞かない弟子は懲り懲りなんです。

写真は二葉の初舞台の時、駆けつけてくれた鶴瓶兄さんと。

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1


「猪買い」とはなんぞや?

2017/04/11 15:57
タイトルだけでは「なんじゃようわからん」という落語の一つに「池田の猪買い」があります。落語をご存じない方は読み方も分からないでしょうね。「いけだのししかい」と読みます。

まだこの噺を聴いたことがない頃、私はこのタイトルだけ見て「いったいどんな噺やろ?」と想像を巡らせました。だいたい意味がわかりません。前半分の「池田の」は分かります。大阪府の北のほうの地名の池田で間違いないでしょう。分からんのは「猪買い」。当時、持っていた辞書を片っ端から調べたけど、こんな言葉は載ってません。

実際に落語を聴いて分かりました。イノシシの肉を買いに行くから「猪買い」なんです。そのままやね。イノシシの肉を食べる場面があったら「池田の猪食べ」になっていたかもしれません。ま、落語のタイトルは仲間内の符牒から始まったものですから、そこらは実にええ加減なのです。

ところが、わりと最近になって、「おや?」ということがありました。ネットで百科事典や国語辞典、英和辞典など、いろんな辞書が検索できるサービスがあります。会員制で大変便利ですが、高いよ。

その中に「日本国語大辞典」いう大変分厚い辞書があるのですが……。いやいや、ネットなんで厚さは分からへんけど、これだけ項目が多かったらさぞ分厚いやろうなあ、と思う訳です。その「日本国語大辞典」の中にあったんです。「猪買い」の項目が。ちょっと無断転載してみます。

しし‐かい[:かひ] 【猪買】
猟師が仕止めた獣の肉や皮を買い受ける商人。

こんな風に書いてあります。次は用例。

*咄本・露休置土産〔1707〕四・九「うろたへたるししにて、おどろきて死けり。かかる所へしし買(カイ)来りければ、さいわいとおもひうりけるが」

これは、初代露の五郎兵衛が書いた本ですがな。やっぱり落語です。落語の世界だけの言葉やないかと私は思いますがね。

それはともかく私が大好きな落語の一つです。この主人公のアホさ加減は半端じゃありません。イライラするアホです。山猟師の六太夫さんが怒るのも無理はありません。

そんなアホが出てくるこの「池田の猪買い」を「ほんまもんのアホかも?」と噂の高い(?)桂二葉が演じます。ご予約メールお待ちしております。

画像


写真は噺の中に出てくる「三国の渡し」の跡です。

  ☆4月12日(水) 18:30 〜 (開場 18:00)
第8回桂米二一門会@繁昌亭/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 3分
「ろくろ首」米二 「池田の猪買い」二葉 「植木屋娘」二乗
「無礼講トーク」米二・二乗・二葉 「二十四孝」米二 糸:美紀
前売¥3,000 当日¥3,500 学生¥2,000 (25歳まで・要学生証) 全席指定 
ぴあ 0570-02-9999 Pコード 597-700
問&予:TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
◎京都先斗町 茶香房 長竹(TEL075-213-4608)提供・抹茶大福抽選会有
主催・お問い合せ TEL 06-6365-8281 米朝事務所
TEL (G)06-6352-4874 繁昌亭窓口
 長竹の定休日に合わせて水曜日開催。恒例の抹茶大福抽選会あります。
 学生料金あります。ワンコイン500円でなくてごめんね。
 なお学生割引は米朝事務所と桂米二予約センターのみの扱いとなります。
 チケットぴあ、コンビニ、繁昌亭窓口での取り扱いはございません。
 Pコード(597-700)は天満天神繁昌亭の公演全部が対象です。
 4月12日(水)18:30開演をご指名ください。
食べログ・茶香房 長竹

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0


第35回京の噺家桂米二でございます

2017/01/14 11:12
「京の噺家桂米二でございます」はどこから付いた名前なのか、皆さん覚えてますか? ……えっ? もう忘れた? 時が経つのは早いからねえ。

その昔、NIKKEI NET(日本経済新聞)というところで「京の噺家桂米二でございます」というコラムを連載させてもらってたんです。2003年から7年間も。これはネット限定で紙面には載りませんでした。

この連載の最後のほうだけは一冊の新書判「上方落語十八番でございます」となり、めでたく出版されました。名著です。そして僅か3年で廃版になりました。連載期間より短いやん。名著やなかったんやねえ……。

でもまだAmazonでは売ってますねえ。しつこく在庫があると見えます。中古でも売ってるけど凄いよ。販売価格が1円! その代わり送料が257円! もう恥ずかしいわぁ。

画像


この連載のおかけで東京とも繋がりができ、自分の落語会を始めることができたのです。あの時の関係者の皆様、本当にありがとうございました。

第1回の会場は深川江戸資料館。それは土日のお昼の会。平日夜は内幸町ホールでやることにしました。それから数を重ねること35回。今回は月曜日夜の公演ですから内幸町ホールです。

ご予約は当日16日(月)の午後5時頃まで。え〜い、6時までに延長します! 楽屋入りするとスマホの電波が届かなくなるのでお返事できないかもしれませんが。ブログ、Twitter、Facebook、インスタ、なんでもいいから「見た」で前売料金です。mixi……はもうやってません。

  ☆1月16日(月) 19:00 〜 (開場 18:30)
第35回京の噺家桂米二でございます/千代田区立(G)内幸町ホール(椅子席)
 JR「新橋」北へ徒歩5分 TEL (G)03-3500-5578
「手水廻し」そうば 「悋気の独楽」歌之助 「厄払い」米二 「宿屋仇」米二 糸:美希
前売・予約¥3,500 当日¥4,000 学生¥2,000 全席自由
ぴあ 0570-02-9999 Pコード 455-116
問&予 TEL 03-5808-1581 米朝事務所東京オフィス
またはTEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
協賛:玄海酒造 エコバッグLOQI TOMORA
 今回は長編「宿屋仇」と季節ネタの「厄払い」(東京初)です。
 東京も学生料金あります。但し大学院生は25歳まで(要学生証)です。
 ひねたおっさんとおばさまの院生は一般料金をお支払いください。
 なお学生割引は米朝事務所と桂米二予約センターのみの扱いとなります。
玄海酒造

エコバッグLOQI

TOMORA

内幸町ホール

内幸町ホール地図

画像

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


2016年自己ベストテン

2017/01/01 12:45
画像


あけましておめでとうございます。去年はうちの国宝の喪中で、人と会っても「お……むにゃむにゃむにゃむにゃ」と口ごもって言うてましたが、今年ははっきりと言わせてもらいます。

昨年もたくさんしゃべりましたが、やっぱり人間ですからええ時と悪い時がありますなあ。しくじったことはすぐ忘れるようにしてます。楽天家で前向きな性格ですから。またこれが結構ありますねん。……でも忘れます。忘れる努力はします。……けど忘れられへんのもありますわ。

良かったことは、覚えていようと思わなくても覚えてます。ちゃんと細かく覚えてます。今度もああいうふうにできたらええな、と思って。……けど、うかっとしてると忘れてしまいそうになります。ですから、ここに記しておきます。高座の記録はエクセルで記録してますから。

ベストテンの中で順位はつけにくいので、日付順に行きますね。

1月21日(木)洛北葵寄席「不動坊」
1月26日(火)京の噺家桂米二でございます@内幸町ホール「立ち切れ線香」
3月27日(日)あつた寄席「胴乱の幸助」
3月30日(水)神宮道上がる下がる寄席「寝床」
5月5日(木・祝)桂米二一門会@文芸「皿屋敷」
7月12日(火)上方落語勉強会「遊山船」
7月31日(日)音太小屋寄席「猫の忠信」
10月12日(水)桂米二一門会@繁昌亭「風の神送り」
12月12日(月)五右衛門の会「代書」
12月21日(水)尼崎落語勉強会記念公演「除夜の雪」

飽くまで桂米二サイドから見てです。不思議と私とお客様の意見は食い違いまして、私がさほど良かったと思ってない時に「すごく良かった」と言ってもらうことがあります。その逆もあるんやろなあ。みんな黙ってるけど……。

まず「不動坊」。洛北葵寄席の京都市北文化会館3F創造活動室はまことにいい空間でした。過去形にしているのは100回で洛北葵寄席は終了したからです。あと1回、さよなら公演はあるけど、ここではなくてホールのほうです。ここは例えて言うと体育館をうんと小さくしたような感じなのですが、マイク無しで100人ぐらいのお客様にゆったり聴いてもらえていい会でした。私は数々の名演を残しました……と誰も言わないから言うときます。

「立ち切れ線香」の内幸町ホール。ここもいいホールです。地下で携帯も鳴らないし。東京の会も30回を超えましたが、最初はアウェー感たっぷりやったのが、いつしか立派なホームグラウンドに。常連になってくださったお客様、本当にありがとうございます。悲しくしゃべれました。

名古屋のあつた寄席は一昨年も昨年も1回しか行けませんでしたが、想念寺さんの本堂がほんまよろしい。受け方が凄かったです。「胴乱の幸助」はやたら長くて、最初と最後では主人公が代わってるという不思議な噺ですが、私の大好きな噺です。受けたから。

神宮道上がる下がる寄席は会場が教会です。しかし、仏教系の噺も違和感なくしゃべれるなかなか良いところです。洛東教会さん、ありがとう。この時の「寝床」はお客様の笑いの渦が演者としてたまりませんでしたね。

桂米二一門会は繁昌亭でもやっていますが、ここは京都府立文化芸術会館3F和室。畳の部屋は足が痛いからダメ、とおっしゃるお客様のために椅子を増やして増やして、最大30席ぐらいご用意することができるようになりました。「皿屋敷」はまだそんなにやってないのですが、気持ち良くしゃべらせてもらいました。いつもこれぐらいの出来ならいいのですが……。

同じ会場の「上方落語勉強会」。過去二人の世話人の噺家が若死にをした後を引き受けた私。桂音也師が42歳、先代桂歌之助兄が55歳で亡くなってます。私、56歳になった時にほっとしましたわ。この日の「遊山船」は「間」が良かったと思います。お客様の波長とピタっと合うのは気持ちがよいものですなあ。

音太小屋寄席も狭くて汚くて素敵です。私の好みにピッタリです。「猫の忠信」はスリルとサスペンスがありますが、お客様の「このあと、どうなるの?」的な食いつきが半端ではなかった。最後のちょっとしたトチリがなければ昨年のベストだったかもしれません。……そんなとこでトチるなのよな。

桂米二一門会の繁昌亭版。「風の神送り」は大変面白い噺だと思います。ただ分からない言葉、風習がたくさん出てきます。だから他の噺家はあんまりやりません。でもこの日はお客様に難しい分からないところをスルーしてもらって(一応、プログラムに解説文は書いてます)一杯笑ってもらえたと思います。

五右衛門の会は笑福亭の中に米朝一門が一人みたいな感じで、小心者の私はちょっとアウェー感がありました。この日はそれがどこかへ飛んで行きましたねえ。すっごくやりやすかった。その前の自作ニュース小噺で恥かいてはじけたおかげかな? それに「代書」をフルバージョンでやる人はほとんど居ませんから。

尼崎落語勉強会は来年40周年を迎えます。私がうちの師匠から出番編成の世話役を引き継いでからも10年以上経ちました。今年の尼崎市制100周年に便乗して記念公演をやらせてもらいましたが、いつもと違ってアルカイックホール・オクトという大きな会場でした。でもお客様の乗りがよかったので、最初から最後まで大爆笑。「除夜の雪」は笑いも少なくてしんみりした噺ですが、気持ちは入りました。やり終えて気分が良かったです。ま、携帯は鳴ったけどマクラの時でしたから。

以上、昨年を振り返っての自己ベストテンを発表いたしました。全部観た人は居るかな? 居てへんやろうなあ。

共通しているのは、お客様との一体感でしょう。そんな時、お客様の中で寝てはる人は一人もいらっしゃいません。……いや、一人ぐらい……いや、2、3人……ま、10人ぐらいは居てはっても、いつもより少ないのは間違いない。そんな高座を夢見て、今年もしゃべらせてもらいます。

素晴らしい落語はお客様の助けがなくてはできません。よろしく!!

今日、私が出る繁昌亭新春特別公演は満席だそうです。明日、明後日の落語初詣は残席僅かです。あと数時間で満席になるかも? いいスタートが切れそうです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1


春日大社で落語奉納

2016/11/23 13:59
いよいよ明日です。春日大社での落語奉納。20年に一度の式年造替(しきねんぞうたいと読みます。やっと覚えた)で本殿の修理が終わり、先日、神様が本殿へお戻りになりました。それをお祝いしての落語奉納。ですから、明日はお客様に向かってではなく神様に向かって落語をやらせてもらいます。(でもその場にいらっしゃるお客様は頼りにしております)

落語奉納は屋外です。私は屋根のあるところでしゃべりますが、客席は屋根がありません。そんなところでなんで“嵐を呼ぶ男”が落語をするの? 明日、奈良の天気予報は雨のち曇。正午までの降水確率は70%。もうわたしゃ知らんで……。

演目は「鹿政談」。奈良の落語はこれしかありません。しゃべってる途中、鹿が乱入してきても文句は言いません。

画像


落語会のポスターは運が良ければ貼ってあります。運が悪い時は貼ってありません。鹿が食べてしまうそうです。でも文句は言いません。

画像


この角度でご本殿に向かってしゃべります。お客様は向かって右手のほうへお座りになる予定。どなたでも無料でお入りいただけますが、24日と25日の奉祝落語会のチケットをお持ちの方が優先入場です。

そして有料の落語会はこちら。今夜はお酒を飲まずに精進潔斎いたします。どや?

  ☆11月24日(木)・25日(金) 14:00 〜 (開場 13:30)
春日大社第六十次式年造替〜奉祝落語会/(G)春日大社 感謝・共生の館(椅子席)
 〒630-8212 奈良市春日野町160 TEL 0742-22-7788(G)
 奈良交通バス「春日大社本殿」すぐ 「春日大社表参道」徒歩10分
各日演目当日 紋四郎 米紫 米二 春蝶 市馬 糸・貴子
24日(木)のみ13時より林檎の庭にて落語奉納「鹿政談」米二有
入場料 ¥4,800 (前売・当日共) 記念品付・全席指定 発売中!!
チケットぴあ TEL 0570-02-9999 Pコード 453-020
問&予 TEL 06-6353-8988 セクターエイティエイト(平日10〜18時)
予約のみ受付:桂米二予約センター TEL 080-5338-7331 (主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 春日大社で初めて落語会が開かれます。
 東京より落語協会会長、柳亭市馬師匠来演です。
 24日(木)のみ桂米二の落語奉納「鹿政談」があります。
 奉祝落語会のチケットをお持ちの方は優先入場。
 落語会は各日違う演目を出します。
能狂言ホームページ

春日大社

春日大社第六十次式年造替奉祝行事

春日大社感謝・共生の館地図

画像

画像
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1


タイトル 日 時
乙夜(いつや)寄席
乙夜(いつや)寄席 「乙夜」と書いて「いつや」と読みます。知らなんだ。乙は十干、甲乙丙丁の乙です。旧暦では夜を五つに分けた呼び方があって、乙夜はその二番目。今の時間でだいたい午後9時から11時頃までを指します。飽くまでもだいたいです。旧暦はご存じのように日の出日の入りを基準にしていますから、夏と冬では時間が大幅に違ったのですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/10/04 11:30
桂高校落語鑑賞会
桂高校落語鑑賞会 学校で生徒、児童に落語を聴いてもらうのは、いろんな意味でいいことだと思っております。映像世代の子ども達に、視覚に頼らずに自分で想像する世界を味わってもらうのですから。どうよ? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/24 06:58
今年も笠置小学校
今年も笠置小学校 今年も昨日から始まりました。小学校での落語指導。もう7年目です。で、今年は……いいえ、今年も京都府の南の端、笠置小学校へ来ております。もう3年目。ここの小学校にとって落語はライフワークみたいなものらしいです。先生方の熱意が違います。落語会へ団体で来はりましたもんね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/17 16:40
異業種交流
異業種交流 作家の朝井まかてさんがゲストの「天神寄席」終わりました。朝井まかてファンの熱意を感じました。落語も気に入ってくれはりましたやろか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/26 09:50
とっておきの京都
とっておきの京都 本日です。パラボラさえあれば無料で視聴できるBS朝日で午後9時からです。2時間スペシャルで私は後半だそうです。つまり午後10時から。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/03 08:53
バースデイライヴ「不定期落語会」
バースデイライヴ「不定期落語会」 今夜の「不定期落語会@太融寺」のプログラムです。つまり手抜きブログです。「ブログを見た」で予約料金2,000円にさせていただきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/08 09:41
文化を未来に伝える次世代育み事業
文化を未来に伝える次世代育み事業 今年も始まりました。文化を未来に伝える次世代育み事業「学校・アート・出会いプロジェクト」が……。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/21 15:02
ネタがつく(メルマガ・アーカイブス)
ネタがつく(メルマガ・アーカイブス) ≪ネタがつく≫ 〜2012年4月30日付メルマガ巻頭エッセイより〜 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/16 22:32
反省会・動楽亭昼席・臨時停車・米二&九雀
反省会・動楽亭昼席・臨時停車・米二&九雀 昨日の「桂米朝落語研究会@安井金比羅会館」は出番がなかったこともあり、じっくりとみんなの落語を聴いて、反省会も充実したものとなりました。aaの餃子もあるし。雀三郎兄さんも参加してくれはったし。(餃子が先かい!) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/05 11:33
後輩へ稽古
後輩へ稽古 昨日は稽古でした。つけてもらうのではなくて、つけるほう。つまり教えるほう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/04/29 09:47
創元社「米朝落語全集」by京都新聞
創元社「米朝落語全集」by京都新聞 昨日、1ヶ月半ぶりにメルマガを送信しました。ついでに言うと、携帯版メルマガもやっと復活できました。こっちは1年半ぶりですわ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/04/20 15:26
米二はん→米二さん(メルマガ・アーカイブス)
米二はん→米二さん(メルマガ・アーカイブス) ≪米二はん≫ 〜2012年5月25日付メルマガ巻頭エッセイより〜 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/15 08:49
謙信はん→謙信さん
謙信はん→謙信さん 今日の新聞広告。「謙信はん」はあかんて。正しくは「謙信さん」。「ん」の後は「はん」と違うて「さん」が大阪弁なんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/15 00:39
メルマガ「携帯電源オフ車両」の写真
メルマガ「携帯電源オフ車両」の写真 本日、メルマガ最新版を送信しております。(現在進行形) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/02 18:16
小糸とチョコレート
小糸とチョコレート 16日(月)は年に2回の「京の噺家桂米二でございます@天満天神繁昌亭」でした。大勢のご来場ありがとうございました。やっぱり3年半ぶりの「立ち切れ線香」でどっと疲れました。腹が減ってたからかもしれんけど。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/18 00:30
稽古
稽古 弟子や後輩につける稽古はともかくとして、自分自身の稽古を「これだけの時間をかけてしました」とはよう言わん性分です。なんか恥ずかしいやないですか。稽古したことを宣伝するのは。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/03 08:57
ハンズフリーで電話
ハンズフリーで電話 知らんかった。ガラケーでも車のハンズフリーで電話できるんや。ちょっとガラケーを見直した。Bluetoothが付いてたんです。無料の機種でも。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/10 11:56
桂米朝と「たちぎれ線香」
桂米朝と「たちぎれ線香」 新年おめでとうございます。本年も昨年同様よろしくお願いいたします。来てね。呼んでね。どこへでも行きまっせ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/01/01 10:03
本日の公演プログラムと解説
本日の公演プログラムと解説 昨日、1年と1ヶ月ぶりにメルマガを送信しました。今回お送りした方は、パソコンとスマートフォン(@i.softbank.jp @gmail.com @icloud.com)限定です。ガラケーの人、ごめんなさい。スマホでこれらのアドレスをお持ちの方、メールアドレスをお知らせいただいたら送らせてもらいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/25 08:04
「向う付け」と「かわり目」
「向う付け」と「かわり目」 いよいよ明日です。今年最後の東京の会、「京の噺家桂米二でございます@内幸町ホール」。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/24 11:30
鉄筋彫刻
鉄筋彫刻 砂丘の写真の上に黒いペンでイラストが描いてある。この写真を見た時、最初はそう思いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/11 09:54
丸岡へ行ってきました
丸岡へ行ってきました 先日、大太鼓のケースがボロボロになったので新しいのを注文したところ、サイズが違ってました。ケースが大き過ぎたんです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/13 10:38
敦賀落語の会ネタ帳
敦賀落語の会ネタ帳 4日(土)に寄せてもらった「敦賀落語の会」の歴史の一端をご紹介しましょう。ネタ帳です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/10/07 09:18
毎日新聞書評欄
毎日新聞書評欄 おかげさまでこのところ毎日働かせていただいております。昨日なんか、掛け持ちまでさせていただいて、ありがたいやらしんどいやら。もうちょっと万遍なく仕事したい……なんて決して口に出して言わないことにいたしましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/04 13:27
笠置とか和束とか加茂とか
笠置とか和束とか加茂とか 昨日、二学期に入って2回目の笠置小学校落語指導でした。まず前回、報告を怠った給食からご紹介しましょう。ジャジャーン、カレーですぞ。9月2日(火)のメニューでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/25 10:08
団扇に絵を描きました
団扇に絵を描きました 昨日、久しぶりに法然院へ行ってきました。そんなに遠くないけど、自転車で行ったらしんどかった。坂がきついわ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/31 22:53
氷の日
氷の日 昨日は劇団四季俳優の別嬪さんが名古屋から京都まで遊びに来てくれたので、お昼間ちょっとだけ先斗町の長竹さんへ顔を出しました。3時間ほど。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/07/16 23:53
鶏と冬瓜の冷製ピリ辛煮
鶏と冬瓜の冷製ピリ辛煮 10日(木)の台風の日に生放送「ちちんぷいぷい」に出てきました。茶色の羽織が赤に見えたそうですね。桂米二は還暦ではございません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/07/13 08:33
笠置小学校の落語指導
笠置小学校の落語指導 昨日も笠置小学校へ行ってまいりました。今年の「次世代文化継承・発展事業」プロジェクト、ま、要するに落語指導です。前回は子ども達に落語とはどういうものか知ってもらい、今回からは子ども達に指導を始めたわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/10 08:38
米朝落語全集完結
米朝落語全集完結 ご紹介が遅れましたが、創元社の「米朝落語全集」全八巻が完結しました。よくもまあ、毎月一巻ずつという無茶なスケジュールでこれだけ出せたものです。ひとえに私の努力の賜物……と言うたら米團治君が怒るわ。けど、僕もがんばったもんね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/07/04 10:43
小学生の感想文
小学生の感想文 今年も京都府から依頼されて、小学生の落語指導へ行っております。今年はずいぶん南のほうで笠置町の笠置小学校。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/27 09:59
偉大なりカセットテープ
偉大なりカセットテープ カセットテープがこの世に誕生してどれくらいになるのか知りませんが、私とのお付き合いが始まって……お付き合いと言うても結婚を前提のお付き合いではありません。あ、これは文之助兄のネタですが……。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/06/02 05:57
上方落語小辞典
上方落語小辞典 26日の「米二・南天二人会@天満天神繁昌亭」へご来場ありがとうございました。今更ですが……。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/28 23:42
リレー落語「宿屋仇」
リレー落語「宿屋仇」 昨日は「米二・塩鯛二人会@宇治市文化センター小ホール」でした。今年で5回目、なんとか続けてもらっています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/25 09:58
向う付け
向う付け 久しぶりのネタ下ろしが済みました。ネタ下ろしとはその演目を初めてやること、つまり初演です。昨日は「向う付け」の初演でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/23 15:51
米二流落語用語の基礎知識「骨つり」「二十四孝」
米二流落語用語の基礎知識「骨つり」「二十四孝」 昨日の「愛宕山」に続き、今日の「桂米二一門会@京都府立文化芸術会館3F和室」の演目についても解説を載せることにしました。なぜかというと、今回のプログラム製作は、珍しく二乗が「やらせてもらいます」と言い出したので任せたのですが、演目の解説を大幅カットしよったからです。だから人任せは嫌やねんよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/11 07:55
米二流落語用語の基礎知識「愛宕山」
米二流落語用語の基礎知識「愛宕山」 いつも自分の落語会では、プログラムに解説を載せます。今日の横浜にぎわい座は自分の会ではないので載せられません。そんなわけで、ここに載せます。「愛宕山」を聴く前でも聴いた後でも、どっちでもいいから読んでもらうとためになります。ちょっとだけね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/10 08:18
文楽・菅原伝授手習鑑
文楽・菅原伝授手習鑑 昨日、国立文楽劇場「菅原伝授手習鑑」の通し、夜の部を拝見してきました。もう何年も前から昼夜通しで観るてなことはでけん体になってます。ケツが持たん。そんなわけで夜の部だけ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/16 14:40
喜六の兄弟
喜六の兄弟 第7巻に収載(本邦初公開)される「向う付け」、うちの師匠では私も聴いたことがなかった。レアであるのはもちろん、今みんながやってる「向う付け」とはかなり違う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/30 09:28
立ち上がれ
立ち上がれ 今朝から立ち上がれません。何度も試みたんですが、ダメみたい。立ち上がりかけたら、パタッと倒れる。どうしたのかな? ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/27 11:37
米朝落語全集
年末になってたいへんな仕事を引き受けました。FacebookやTwitterではお知らせしましたが、創元社から只今刊行中の「米朝落語全集・増補改訂版」の編集に加わることになったのです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/12/31 12:58
事始め
12月13日は事始め。正月の事を始めるから事始め。こと(琴)は十三弦なので13日にする。年に一度、事始めには国宝のこの言葉を聞いてきました。今日は黙ってはったけど。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/13 18:05
オープンリール・テープ
只今、断捨離中であることはTwitterやFacebookでお伝えしましたが、これは絶対に捨てられません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/23 10:17
宇治市立笠取小学校
宇治市も広うござんす。市街地から車で京滋バイパスを通って(高速道路に入るんですよ!)、長いトンネル(4.3キロ)を抜けて(抜けてもまだ宇治市なのよ)、山の中を走って10数分。西笠取地区にある宇治市立笠取小学校。ここが今、私が子ども達に落語を教えに行っている小学校です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/22 08:46
芸を盗む
我々噺家の修業にはいろいろありますが、基本を教わった後はよく「芸を盗め」と言われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/14 03:37
第15回京の噺家桂米二でございます@繁昌亭
最近は“Windows 8”に馴染むのに苦労しておりまして、この最新機種……と言うても例のタッチパネルは使えない(わたしゃ要らん)のですが、なんか小手先だけ変わって基本は“Windows 7”とあんまり変わってない気がしますね。それに動作は“7”のほうが早い。ま、ポンコツ“XP”よりは圧倒的に早いですが……。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/20 17:50
喫煙シーン
ジブリの映画「風立ちぬ」の喫煙シーンに日本禁煙学会がイチャモンをつけたそうですね。私はこの映画まだ観てませんが……。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/08/18 01:01
呑み込まれたCDとMD
毎年、お盆の時期に行ってる井手町の円覚寺さん。今年も昨日、行かせていただきました。本堂で落語を聴いてもらいます。今年で8回目ですが、最初の頃は本堂に冷房がなくてたいへんでした。一昨年、めでたくエアコンが設置されたことをご報告いたします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/08/16 18:32
京都府立桃山高等学校落語鑑賞会
私の落語会のお客さまは、落語会情報にスケジュールを載せていない日は休みと思われてる方が多いようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/07/12 01:07
人生は不公平
4月2日のこのブログで3月25日の「天神寄席@天満天神繁昌亭」の様子をお伝えしました。天満宮の筆祭にちなんで舞台上で噺家が筆を持って字を書くという趣向でした。詳しくはここのページの一番下をご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/07/05 02:43
次世代文化継承・発展事業
今年も小学生落語指導が始まりました。秘密にしてましたが、今日で2回目です。秘密にしていたというより、ズボラしてご紹介していなかっただけですが……。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/26 19:49
無線基地
昨年の9月でした。2台ある無線ルーターのうち、新しいほうがお陀仏になったのです。2年余りしか使ってないのに。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/25 17:44
容量不足
一大決心して替えたわけではなく、なんとなくauショップへ寄ったら、在庫があると言うからスマホに替えました。ないやろうと思て気軽に聞いてしもたんです。あるのんかい! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/05/21 09:55
歌舞伎座の思い出
では「歌舞伎座の思い出」です。2006年6月に書いたものであります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/04/05 15:02
人生は○○○
先週のご報告です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/02 08:28
大相撲春場所
今年も大相撲春場所を観戦させていただきました。一昨日のことです。もうこれで何年目になるでしょうか。笑福亭銀瓶君のお客さまでY社長のご好意にいつも甘えております。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/03/23 15:48
秋葉神社
「あれへさして、秋葉さんのお札を一枚ポーンと貼っときなはれ。火除け魔除けになって、第一、節穴が隠れます」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/07 07:42
平成24年事始め
私が噺家になって37回目の事始めでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/14 15:46
落語発表会終わりました
4日の火曜日、「亀岡市立保津小学校落語発表会」が終わりました。17人の子ども達の落語に拍手!! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/07 13:24
桂米朝の本
読書の秋です。本は大好きですが、家ではじっくり時間が取れないので主に電車の中で読んでます。老眼鏡をかけて。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/11/25 10:13
くまざわあかね先生
もう何年前になるでしょうか。ずいぶん前です。季節は夏。場所は昔のサンケイホールの楽屋。一緒に談笑していたのは亡くなった兄弟子、桂枝雀師。持っていたのはアンケート用紙。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/16 17:26
食い合わせ
落語の「始末の極意」の中で、鰻と梅干の食い合わせが出てきます。ちなみに登場人物はケチです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/01 08:54
Facebook株式会社米朝事務所
Facebookの米朝事務所のページをご存じですか? ここはFacebookに登録していなくても誰でも見ることができますよ。桂米二のページはアカウントを登録してログインしないと見ることができません。私のFacebookの内容はTwitterと一緒ですけどね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/12 12:03
大入袋
Twitterで天満天神繁昌亭昼席の大入袋を紹介したところ、中に入ってる金額の質問がありました。下世話やねぇ……。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/20 00:38
ラジオ出演
今日29日、ラジオに出ます。もっと早う言え、ちゅうんですが……。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 11

2012/05/29 08:50
ちょっとだけ落語論
先日の「米二・南天二人会」、関西で唯一の落語会(情報源は「ねたのたね」)なのにお客さまが少なくて悔しい思いをしました。落語ファンは一斉にお休みの日だったのですね。そのかわり、楽屋はかなりの入りでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/05/11 11:10
愛宕山
明日の「桂米二一門会@京都府立文化芸術会館3F和室」のプログラムを作っていて、もっと皆さんにも知ってもらいたくなりました。そんなん教えてもらわんでも知ってるて? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/05/05 21:53
上方落語協会会館誕生
先週26日(木)、天満の天神さんの南に上方落語協会会館ができあがりました。上方落語協会所属の噺家が自由に使えるスペース(もちろん何してもええわけやないよ)です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/05/01 11:42
お客さまの態度(追加しました)
Twitterで笑福亭銀瓶君が客席でメモしてる人のことをボヤいたら、それはお客さまに対して失礼ではないかというツイートがありました。それに対する私の答です。なかなかの名文になったので、Twitterからそのままコピペします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 43

2012/04/20 04:20
もっと果物を食べましょう
いつの間にやら私の落語会と果物抽選会は付きものみたいになってきました。最近は大阪(丸留提供)だけではなくて名古屋(弘法屋提供)でもやらせていただいております。これからも広げて行きたいので全国の果物屋さん、どうぞよろしく。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/04/03 03:36
新聞に載る!
TwitterとFacebookはほぼ毎日更新(どっちもおんなじ内容やけど。ほっといて)していますが、ここのご無沙汰をお詫びいたします。更新しなくても、毎日数百名の方が覗いてくださっていることに私、痛く感動いたしております。アクセス数を手帳につけてるもんで……。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/03/20 03:26
さらば富本小学校
昨年6月から何度も通った南丹市立富本小学校。昨日、最後のお別れをしてきました。告別式やないちゅうねん。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/02/21 09:48
葷酒山門に入るを許す
「葷酒山門に入るを許さず」というタイトルにしようと思ったのですが、前に同じタイトルで書いたことがあったので、ちょっとだけ変えてみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/19 14:19
神戸花隈亭・解説
本日、「神戸花隈亭@神戸美術倶楽部」は午後2時開演です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/11 08:45
MINAMI出張所@ワッハ上方亭
ワッハ上方4階の上方亭は昔の寄席の雰囲気を再現している小屋です。けっこう気に入ってます。ここで「東の旅発端」は合うてると思いますよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/16 21:44
中小路家住宅
昨日は向日市の「河忠(かわちゅう)寄席@中小路家住宅」でした。昨日で3回目。中小路家住宅は古い町家ですが、これがただの町家ではないんですね。当主は中小路忠也さんとおっしゃいます。お公家さんみたいですな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/14 08:41
富本小学校落語発表
スマートフォンの一応の設定が一段落しました。ハア、エラカッタァ(ここは枝雀演「宿替え」の口調で)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/23 15:13
稽古風景
稽古についてお話します。ここでいう稽古とは自分ひとりでやる自主稽古ではなくて、師匠から弟子あるいは後輩に落語を教える、伝えるという意味の稽古です。師匠は落語の中の数分間のここからこここまでという部分を3、4回くり返してやってみせます。それを真剣に見ていた弟子がその場で同じことをやるわけです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/10/09 07:10
質問にお答えして
Twitterがマメになると、こちらがおろそかになります。長い文章、下手になったんとちゃう? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/05 13:01
谷文晁/帰ってきた江戸絵画
歯医者へ自転車で行くのにいい季節になりました。早かった。15分で着いたけどまた日焼けしたかもしれん。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/09/27 19:14
新作落語初演
新作落語なるものを今までに十作以上は手がけてきましたが、いつもかなり苦労をいたします。ハイ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/09/16 11:31
変わり種プレゼント
9月6日で54歳になりました。噺家として年齢的に充実しているのが50代であると信じて、50代になったことを素直に喜んだのがもう4年前なんですね。50代、あと6年しかない……。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/11 11:20
桂米朝句集
やっと出ました。うちの国宝の句集です。6月にお宅へ伺ったときにゲラが置いてあったあれです。それとうちの師匠がメンバーになっている東京やなぎ句会の句集「楽し句も、苦し句もあり、五七五」。岩波書店のNさんが送ってくれはりました。東京やなぎ句会の本は俳句と座談会(これ爆笑)の様子が記してあります。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/04 02:34
鯛焼きの甘酢あんかけ四川風
落語の中でもおいしそうなご馳走が出てくることはありますが、口にしたくないものも多いですね。「茶の湯」とか「手水廻し」とか。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/07/16 11:40
再び生活情報センター寄席
昨年10月に続いて「生活情報センター寄席@八幡市文化センター」へ行ってまいりました。落語会情報には載らない落語会です。八幡市民対象の事前申し込み制(無料)の催しです。昨年の様子は2010/10/3をご覧ください。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/06/18 21:58
朝風呂
朝風呂が好きです。亡くなった茂山千之丞先生もそうおっしゃってました。あ、一緒や、一緒や。……ここでダイラケ師匠を思い浮かべたあなた、私と同じ古い人間ですよ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/06/15 13:27
寺町
寺町通を四条から少し下がって行くとかつては電気屋街でした。大阪で言えば日本橋、東京なら秋葉原、これらをもっと小さくした感じの電気の町でした。けど減りましたねぇ……。今ももちろんがんばってる電気屋はありますが、ほんと少なくなりました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/21 09:51
生活情報センター寄席
昨日、おもしろい企画の落語会が八幡市文化センターでありました。八幡市生活情報センター主催の催しです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/03 11:05
落語ワークショップ
このところお子さま向けの落語ワークショップが盛んです。尼崎市でもやりました。「尼崎落語勉強会」と同じ会場で。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/22 23:59
密着指導
どうも更新が遅れがちです。ワールドカップのせいにします。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/25 23:58
山伏になってこの上へ乗る
先日、ご紹介した狂言は「口真似」です。太郎冠者=米二、主=吉弥、客=よね吉というメンバーでお送りします。これは10月16日(土)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/19 09:56
狂言稽古中
以前から、秋に狂言をやると言うてましたが、ちょっとだけご紹介しましょう。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/13 10:57
並べ替える
一昨日、昨日と動楽亭昼席でした。昨日、中トリの私の前に出たのが紅雀君。マクラで先輩噺家のことをネタにしておりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/08 07:47
本のこと
昨日、一緒に飲みに行ったのは定年間近の日経新聞編集委員、野瀬泰申氏でした。私をNIKKEI NETの泥沼に引きずり込んだ責任者であり、B級グルメに詳しい人です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/04/02 16:52
木幡はどう読むのですか?
昨日は宇治市木幡地区の落語会。この地域にお住まいの方限定の落語会です。年に1回、もう10回目になります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/11/22 09:49
開場前、お囃子の稽古
昨日の「大黒町寄席」は13回目でした。縁起の悪い数字だからというわけでもないでしょうが、お客さまは今までで最低の入りでした。主催者の特殊な事情があって、入場料を今年から大幅値上げしたのですが、それからジリ貧です。お客さまは正直ですなあ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/20 08:04
鬼瓦
あの東京国立能楽堂での2日間からもう2週間ですねえ。まだちょっと引きずってます。狂言は次の稽古にかかっているのですが……。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/10 23:59
小学生からの質問
宇治市内でも携帯が圏外になるところがあるんですね。昨日の午後、笠取小学校へ行ってきました。校長先生も教頭先生も我が母校、とうとう今年の春に統合でなくなってしまった城南高校出身です。なんせ京都府下ナンバー1のマンモス校でしたから、先輩や後輩はうようよいます。教頭先生は私と同じ学年らしいです。わかれてから思い出しました。あ、あの顔はK君やがな。12クラスもあったのでわからん人が多いのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/06/24 10:14
落語ワークショップ
京都府立文化芸術会館で次世代体験事業として落語のワークショップを開催しました。高校生を対象として先月初めから募集したところ、応募者はゼロ。これやったら、もうやらんでもええ、楽できるなあ、と思てたんです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/26 08:00
観るだけでした
昨日は茂山社中の狂言会がありました。うちから歩いて3分半の観世会館ですから、ちょっと観せてもらいました。いつもの「かなもじ会」は千之丞先生の社中だけですが、今回は茂山家全体のお弟子さんの大きな会です。私のような駆け出しなどはとてもとても足元へも及ばない……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/12 17:00
たまに川柳やってます
その昔、死んだ先代歌之助兄さんに誘われて始めた川柳です。もう何年になるかな? 「二匹目のどぜう」という川柳結社の同人です。二匹目ではなかった頃から参加してます。最初は単に「どぜうの会」だったのが一度休会して、復活したときに「二匹目のどぜう」となったわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/15 18:20
婆沙羅の会
婆沙羅(ばさら)とは南北朝時代の流行語だそうです。流行語大賞に選ばれたかどうかは知りませんが……。派手な服装や振る舞いを好む風潮を表わす言葉だということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/17 07:49
指折り数える
噺家になるまで十二支を知らなかった桂ひろば君。今でも楽屋で会った諸先輩から「干支、言えるか?」と質問されることが頻繁にあるそうです。ですから、もうバッチリ言えます。先日も打ち上げの最中、大勢の前で十二支を披露してくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/19 12:40
再び太郎冠者
9月23日(火) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/28 23:55
稽古日
重なるときには重なるものです。今日は噺家が4人もうちへ稽古に来ました。ま、噺家以外は稽古には来ませんが……。けど4人も一ぺんに来たのは初めてです。これが限界ですな。うちは狭いのですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/04 23:38
心中天網島
「猪名川寄席」実行委員会代表である玉井敬友氏は演出家兼役者、それも超個性派です。私も「猪名川寄席」でしょっちゅう大喧嘩しております。芝居のことはわからんけど、落語会のことでは絶対負けたくないですから。お互い言うだけ言うたらすっとするのも不思議なものであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/28 11:43
家から一番近い会館
我が家から歩いて3分のところにあるのが京都観世会館。会館なんやさかいたまにはここで仕事することがあると思てましたが、一ぺんもおへん。いつも見に行くばっかり。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/06 12:58
中之島といえば「遊山船」
京阪文化フォーラムなるものがありまして、要するに講演会なのですが、そこへちょいちょい落語をはさんでもらってます。以前、鞍馬寺でも「天狗さし」をやりました。私が大好きな京阪電車からの仕事です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/30 12:01
狂言「口真似」
一昨日は金剛能楽堂で狂言初舞台でした。茂山千之丞社中狂言会「かなもじ会」の発表会です。全部で狂言は16番も出ております。私の出番は15番目、つまりケツから2つ目であります。噺家ということで新参者としては特別扱いしてもらいました。ほとんどがもう何十年もお稽古しておられる方ばかりなのに……。ちなみにすぐ上の先輩はなんと小学4年生。幼稚園からやってるそうです。「兄さん」と呼んだら嫌がるやろうなあ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/03 09:42
私好みのパソコン
昨日、今日とパソコンの前で固まってる桂米二です。98の頃はパソコンのほうが固まってたのにねえ……。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/26 23:46
天神さん登場
一昨日は帝国ホテルのお隣、OAPタワーでの天神セミナー。偉い先生のご講演の後、落語二席です。まず出丸君が上がって「子ほめ」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 12:51
母校の小学生は賢かった
昨日、母校の小学校の児童と保護者に落語を聴いてもらいました。先日、団扇用にサインを140枚も書いた学校です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/07 17:04
そろりそろりと参ろう
狂言のお稽古をしております。五十の手習いなんです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/20 15:40
ミナミの芸妓さん
「ミナミの芸者あげて散財して、隣の侍から『お静かに』食ろうてびっくり寝に寝た」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/18 23:38
今度こそ愛宕山
去年の秋、時間切れでてっぺんまで登れなかった愛宕山。降水確率50%のあのときは降らへんかったけど、30%の今日は降ったやないかい! けど上まで上がってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/03 18:19
ムクの皮の研究
今、上方でも「茶の湯」をやる人は増えましたが、元は東京落語です。むかし家今松兄さんからうちの兄弟子、先代歌之助兄さんに伝わり、私はこの歌之助兄さんに教えてもらいました。新歌之助君にも伝わっています。その間にずいぶん変貌を遂げたのは言うまでもありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/13 12:01
柳馬場押小路
京都で茨木屋さんといえば有名な蒲鉾屋さんです。ここのお店があるのは柳馬場押小路、虎石町の西側です。落語ファン、歌舞伎ファン、文楽ファンの方はもうおわかりですね。「お半長」なんです。「帯屋」なんです。「胴乱の幸助」なんです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/02 10:28
しゃべれどもしゃべれども
昨日、「しゃべれどもしゃべれども」を試写会で観てきました。落語を題材にした映画があると試写会に呼んでいただけます。なんでかな? 私が噺家なんやさかい仕方がないか。いえ、喜んでるんですけどね。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/01 17:32
逆撮影
久しぶりにスタジオで写真撮影でした。米朝事務所オフィシャルの写真です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/22 11:00
川柳に苦しむ
2月14日(水) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/16 21:53
色紙いろいろ
今日は武庫之荘「満作落語の会」。平日のお昼でもこういう会が成立する、お客さまに来ていただけるということを証明してくれた会です。ま、食事付でなかったらあかなんだかもしれませんが……。やっぱり食べものは偉大です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/05 17:36
温泉徹底比較
先日、嵐山方面へ行ったついでに三条通沿いの「Tの湯」というところへ行ってきました。いつも私が「竹の郷寄席」をやらせてもらっている「竹の郷温泉」のライバルでございます。ま、敵情視察というところですな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/22 00:47
旧太融寺本坊
リクエストにお応えして建替えになる前の太融寺本坊をご紹介しましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/13 14:00
大阪式手じめ
12月30日(土) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/02 10:35
ケータイ骨董品
12月12日(火) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/12/16 08:29
似てますか?
週刊朝日連載の似顔絵塾(最近見てないけど)特待生の土井宏之画伯からいただいた私の似顔絵です。似てますか? みんな「似てる〜」と言うてくれますが、自分ではよくわかりません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/29 13:11
久しぶりの学校落語鑑賞会
学校で生徒さんに落語を聴いてもらうとその学校の特徴が見えてきます。今日行ってきたのは瑞穂中学校。昔は京都府船井郡瑞穂町でしたが、昨年(やったと思います)合併して京丹波町と名前が変わったところです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/07 23:50
松茸ごはん
我が家でわざわざ松茸を買うという習慣は絶対にありません。秋の味覚は秋刀魚が一番との考えからです。(ウソつけ) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/06 08:33
落語の名づけ親
13日「上方落語勉強会」。この会は毎回誰かが新作落語を初演します。そして聴いてもらったお客さまにタイトルをつけていただくというシステムです。聴き終わってすぐあと、仲入りの間に紙に書いて提出してもらいます。で、今回の新作担当は久しぶりに私でありました。作者は小佐田定雄先生。新作を覚えるのは古い落語を覚えるよりずっとたいへんなのですよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/15 00:35
頭から秤にも天秤にも
チラシの挟みこみの話の続きをしましょうか。家から持って行くチラシの枚数を数えるのもなかなかたいへんです。ことにこの頃、近いところが見難くなる目の症状(あっさり言うと老眼なんですが)が出ているので厄介なのです。チラシはいつも5枚ずつ読んで数えますが、見難くてときに4枚や6枚に間違うこともあるのです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/12 12:07

トップへ | みんなの「カルチャー」ブログ

じーやんの拍子の悪い日々・桂米二 カルチャーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる