アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「若かった」のブログ記事

みんなの「若かった」ブログ


桂枝雀追善(日経ネット・アーカイブス)

2017/08/13 20:43
画像


≪桂枝雀追善≫ 〜2005年4月29日付・日経ネット「第58回京の噺家桂米二でございます」より〜

仲間内ではみんな私のことを「じーやん」と呼びます(さすがに後輩には居ません)が、最初に私をそう呼んだのは今年七回忌を迎えるあの桂枝雀師匠です。一門に「米」の字が付く人間は多いけど「二」が付くのは私だけだからなんですが、最初はへんな感じでしたねぇ。オレは年寄りやないで……。

桂枝雀は私の(年とキャリアの離れた)兄弟子です。兄とはいえ、とてつもなく大きな存在でした。私はこの世界に入る前、高校時代からよく聴かせてもらいました。枝雀を襲名される前、小米の終わり頃からのことで、聴いた回数はうちの師匠、米朝より多かったほどです。憧れの人でした。

本当に落語の好きな方で、あれだけたくさんお稽古をするという噺家は東西を通じて誰も居ないでしょう。我々おとうと弟子の落語も舞台袖でずっと聴いていて、よく「アッハッハッハーッ」と笑っておられました。「間」が良かったら面白いと思っていただけたんでしょうねぇ。

小米時代の落語はどちらかというと地味な存在でした。ところが枝雀になった途端、派手で陽気に動き回る芸に変わりました。人間、そんな簡単に変われるもんじゃありません。努力は並大抵ではなかったでしょう。あっという間に全国各地を独演会で飛び回る超ビッグな噺家になっておられました。

私はよくその恩恵に預り、「桂枝雀独演会」で日本全国を回らせてもらいました。枝雀師匠とうちの国宝のおかげで、私は落語での全国制覇をほぼ成し遂げました。あと行っていないのは青森県と沖縄県だけなんです。(両県の方、どうか呼んでくださいませ)

桂枝雀の凄さは関西を離れて地方へ行ったほうがよく分かります。大阪や京都はホームグラウンドですから、お客様も枝雀師匠の芸に馴染みがあるのですが、生で聴く機会の少ない地方へ行くと全然違うのです。

出囃子が鳴って独演会の幕が開きます。最初に前座が出て雰囲気を作り、次に東京で言う二ツ目クラスが出ます。ここまではフツーの落語会なんです。で、次にスーパースター桂枝雀が登場。大歓声に包まれ、枝雀が発した言葉、仕種、表情、その一つ一つにお客様の爆笑が返って来るのです。関西と違って、いわば免疫ができていない地方のお客様は、全員が枝雀病にかかってしまって、もう苦しいぐらいに笑い転げるわけです。

もっと凄いことがあります。その後へ私、桂米二が出るのです。これ、たいへんなんですよ。陽気元気、コテコテ枝雀の後へ、薄味の京風お吸い物みたいな私が出るのですから……。(落語会は私の後に枝雀師匠がもう一席)

たいていは仲入り(休憩)が入って、その後に私の出番がありましたが、たまに時間の都合等で枝雀師匠のすぐ後に出ることもありました。

噺家が交替する時には出囃子が流れています。今、出ていた噺家が作った空気はその間にリセットされて、次の噺家が自分の空気を作り出すまでほぼ真っ白な状態になります。フツーは……。でも枝雀後はそうじゃないのです。落語のサゲの瞬間まで客席は爆笑の渦に巻き込まれています。枝雀師匠が降りて来られると笑いこそ納まりますが、その空気はまったく消えません。客席は余韻に包まれてザワザワザワザワ……。そこへ私が、

「しばらくの間お付き合いを願います……」

そんなもん、誰が聴いてくれますかいな……。客席が枝雀病から全快するのに、時には10分以上もかかります。桂米二の空気も何もできないまま持ち時間終了……なんてこともありました。ですから私にとっては仲入り様々でしたねぇ。その間になんとか客席は平熱に戻ってましたから。

それだけ凄かった枝雀師匠。今も人気は絶大なものがあります。只今、全国あちこちで「桂枝雀七回忌追善落語会」が開かれています。いろいろゲストを招いての思い出話、そしてトリは枝雀落語のビデオです。たくさん残された映像の中から一つ、でっかいスクリーンで見てもらうわけです。

先日、大阪で米朝一門のホームグラウンドとも言うべきサンケイホールで追善落語会が開かれました。前売券は即日完売。昼夜2回超満員、3千人近いお客様は皆さんそれぞれが改めて枝雀落語を堪能されたことでしょう。ビデオやDVDでいつでも見ることはできますが、一人で見るより大勢の枝雀ファンと一緒に見るほうが盛り上がります。たくさん笑えます。

ゲストも多彩で、引退された上岡龍太郎師匠も出演されました。人前にお出になることは滅多にないのでしょう。

「これだけブランクがあると言いたいことが思うように言えへんねん」

自ら天才と名乗っておられた方もリタイヤされるとこうなるんですね。恵まれない現役の噺家にもっと仕事を……。

その上岡師匠が作詞をされた枝雀師匠を偲ぶ「花・酒・唄 あなたは今も」という歌を佐川満男さんがしみじみと歌われた時には、私も涙が止まりませんでした。

人間国宝桂米朝、そして笑福亭仁鶴師匠も落語で出演されました。枝雀師匠のすぐ下のおとうと弟子といえば、ざこば兄さんです。高座で思い出話が尽きません。とうとうざこば兄は泣き出してしまいました。ま、いつものことと言えばそうなんですが、久々の号泣でした。ざこば兄が高座から舞台袖を横目で見たその先に上岡龍太郎師匠が座っておられました。大きなハンカチでしきりに目を覆っている上岡さんの姿を見て、「もらい泣きしてくれてはる」と大感激! ざこば兄は余計に涙が止まらなくなったのでした。

終演後、楽屋でざこば兄はそのことを上岡師匠に言うたそうです。それを聞いた上岡師匠はおっしゃいました。

「ボクね、きつい花粉症になってしもて、ずっと鼻と涙が止まりませんねん」

最後は大笑いした追善会でした。枝雀師匠もあちらからこの様子を見てきっと大笑いをされたことでしょう。あの「アッハッハッハーッ」という笑い声は今も、そしてこれからも我々みんなの耳に残ってますもの。


☆追記☆ 2017/8/13

今日は私の兄弟子であった二代目桂枝雀師の誕生日です。昭和14年(1939)生まれなので、今生きておられたら78歳ですね。亡くなったのが還暦の齢、59歳でしたから、今の私と全く同じです。まだ私は死なないと思いますが……。

これは昔、私が日経ネットで7年間連載していた「京の噺家桂米二でございます」に書いたもので、本には入らなかった分です。改めて読み直して私が思ったことはこれです。

「ブログで使えるやん!」

画像


写真(1)は九州旅公演でのスナップ。宮崎駅です。たぶん今から24年ほど前。(2)は東北旅公演。福島県のペンションにて枝雀夫人の枝代さんも一緒に。
記事へナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3


花田寄席&びわ湖浜大津寄席

2017/07/08 08:14
お医者さんシリーズ第2弾として始まった「花田寄席」。詳しく言いますと、大阪よ〜り三里南にあたる泉州堺(「三十石夢の通い路」より)にあります。それも一番大阪市に近い。地下鉄御堂筋線「北花田」2番出口からまっすぐ西へ歩いて5分のところに花田医院はあります。

お医者さんシリーズ第1弾は言わずと知れた「爆笑マタニティ倶楽部@島岡医院」。ここは人が集まるためのサロンでの落語会ですが、「花田寄席」の会場は待合室。ですから、診察中に落語会はできません。当たり前やけど。

もっと昔、今から40年近く前、私の内弟子時代にもお医者さんで落語会がありました。あの有名な武庫之荘の小林外科。米朝一門の落語の中にちょいちょい登場する小林先生とはこの先生のことなんです。桂米朝の義弟、つまり師匠の奥さんの妹の旦那であった小林康三郎先生。一門の噺家が下(しも)の病気を患うた時にお世話になった……もちろん、怪我や風邪の時にもお世話になったんですけど。

先生が我々超若手(当時)のことを思って、落語会をやってくださったんです。名づけて「桂康会(けいこうかい)」。米朝一門の亭号である「桂」と小林康三郎先生の「康」を引っ付けての命名。我々で一番大事な稽古の洒落でもあります。凝った名前でしたね。ということは、いちいち説明せんとわかってもらえへんかった。

この会の会場は診察室。なんか凄いでしょ。高座は診察用のベッド。その上に毛氈敷いて座布団に座ってしゃべりました。その写真が残ってるから凄い。私、二十歳ぐらい。懐かしいなあ。

画像


今日はそのお医者さんでの落語会「花田寄席」です。待合室に無理やり拵えた高座がなんとも言えません。でもこの高座は人形屋さんに拵えてもらってます。わたしらは雛人形かい?

画像


毎回楽しみな終演後の懇親会は満席になりました。落語会はまだ入れます。

  ☆7月8日(土) 16:00 〜 (開場 15:30)
第7回花田寄席/花田医院(G)・待合ロビー(椅子席)
 〒591-8008 堺市北区東浅香山町3丁13(G)
 地下鉄御堂筋線「北花田」西へ徒歩5分
演目当日 米輝 米二・二席 一般参加料¥1,000(要予約)
予約 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 もう7回目になります。お医者さんの待合室での落語会。
 別料金(¥2,000+飲物代)、要予約、人数限定で懇親会有。お早めに。
花田医院地図

画像

画像


さてその懇親会……もとい、「花田寄席」の次の日は大津の「びわ湖浜大津寄席」です。浜大津と言えば我々京都の人間にとっては、リゾートの始まりという感じでしたね。浜大津から船に乗るのは憧れでした。それはわたしらの世代だけ?

小学生の頃、びわ湖の女王と言われた遊覧船、玻璃(はり)丸に載って竹生島めぐりをしたことは、今でもはっきりと覚えてます。もうクイーン・エリザベスにでも乗った気分。

今はミシガンとか、ビアンカとかいう船が浜大津界隈をうろうろしてます。その京阪電車の「浜大津」駅が来年、改名するのをご存じですか? 「びわ湖浜大津」になるんです。なんでも短くする時代になんで長くするの?

もっとも京阪電車が名前を長くするのは得意なようで、もうずいぶん前に「丸太町」が「神宮丸太町」に、「四条」が「祇園四条」に、「五条」が「清水五条」になったようです。いまだに私は前の名前でしか呼ばないけど。だって、そんなへんなところ、京都に無いもん。

で、「びわ湖浜大津」です。今度は逆に思い切って先取りすることにしました。「大津みゆき落語会」が奏美ホールからスカイプラザ浜大津に移るのを機に「びわ湖浜大津寄席」と改めました。「四条」も「祇園四条寄席」か何かができたら、そう呼んでもいいですよ。

こちらは懇親会はありませんが、落語会はまだまだ入れます。ご予約お待ちしております。急に来れるようになった方は、「ブログ見た」と言うてくれはったら、気前良く前売料金にさせてもらいます。会場はこんなところです。

画像


  ☆7月9日(日) 14:00 〜 (開場 13:30)
第3回大津みゆき落語会改メびわ湖浜大津寄席/
 (G)スカイプラザ浜大津7F・スタジオ1(椅子席)
 京阪電鉄「浜大津」徒歩1分
 〒520-0047 滋賀県大津市浜大津1丁目3-32
 TEL 077-525-0022(木曜日休館)
「阿弥陀池」二乗 「親子酒」紅雀 「代書」米二 「皿屋敷」米二 糸・貴子
前売・予約¥2,500 当日¥2,800 25歳以下¥1,000(予約・当日とも) 全席自由
前売券取扱所 大津百町館、奏美ホール、e+(イープラス)
問&予 TEL 080-8941-7211 江口 ※留守番電話 5/13(土)前売&予約開始
実行委員会 PCからのメール biwakohamaotsuyose@gmail.com
携帯からのメール biwakohamaotsuyose@docomo.ne.jp
桂米二予約センター PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
主催:びわ湖浜大津寄席実行委員会  共催:スカイプラザ浜大津  後援:京都新聞
 「大津みゆき落語会」が宿替えして名前も変わります。内容は変わり映えしませんが……。
 前回、ダブルブッキングで出られなかった二乗は、前座に格下げして出演します。
 メール予約は実行委員会、桂米二予約センターのどちらでも承ります。
スカイプラザ浜大津

びわ湖浜大津寄席ブログ

スカイプラザ浜大津地図

画像


雨が降るかもしれませんが、浜大津駅からは濡れずに来れます。スカイプラザ浜大津が入るビルは、1階から5階までは浜大津公共駐車場です。ですから、車でも便利ですよ。但し有料。

週末の二つの落語会、お待ちしております。
記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「若かった」ブログ

じーやんの拍子の悪い日々・桂米二 若かったのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる