京阪100年のあゆみ展

画像


守口の京阪百貨店で開かれている「京阪100年のあゆみ展」を覗いてきました。ちょっとだけのつもりが、昭和の、そしてうんと昔の京阪電車のビデオが流れてたので、1時間以上も滞在してしまいました。

阪急京都線が元々は京阪電車だったことは知ってましたが、名古屋まで延伸計画があったなんてまったく知りませんでした。和歌山にも京阪が走ってたなんて知ってます? みんな戦前、またはそれよりもっと昔の話です。

黄金時代だったのですねえ。それに比べて今はどう? 特急は地に堕ちるし、私は立って京都まで帰らんならんし、酔いは醒めるし、やっと座ったらすぐに寝て乗り過ごすし……。

グッズも買いました。携帯電話禁止のステッカーです。それは落語会で使うことにしましょう。

なかなかいい展覧会でしたよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

京阪黄金時代
2010年04月14日 21:49
阪急京都線=新京阪。このほかにも現在のJR阪和線、近鉄京都線・生駒線なんかも京阪資本の入った会社の路線だったそうです。
阪和線や和歌山の市内電車は本拠地から離れているので他社経営になるのもアリかと思いますが、現阪急京都線、丹波橋で線路が繋がってた現近鉄奈良線、交野線と繋ぐ計画だった現近鉄生駒線は本拠地周辺そのものだけに、昭和初期の世界恐慌とそれに続く不況、そして戦時体制で阪急と合併させられたことが、京阪にとっては大きな痛手だったと思います。 

それと、京橋手前で分岐して梅田へ出る計画もあったとかで、もしこれが実現していたら、繁昌亭・太融寺に行くのに大いに便利(太融寺の場合は見台・鳴物があるので車でしたか?)な路線になっていたことでしょう。
亀虫ぷっぷ
2010年04月15日 14:22
携帯電話禁止ステッカーの使い処は、14日の繁昌亭でしたな。
着信音やったらまだしも、堂々と会話しやがるとは…この大虚けもん!
しかし、枕に登場するよぉなこんな手合いが、未だに生存してるのですなぁ。
まぁ
「今落語聴いてるねん。いやぁそれがあんまり…」
てな内容でなかったのがせめてもの救いに…なってますかえ?
2010年04月15日 20:14
太融寺には見台も鳴物もありますよ。いつも飲んでます。

携帯でしゃべってたお客は墓参りに行ってたそうですなあ。その帰りに繁昌亭へ来た。昨日のお客さま全員がヤツの行動を知ることになりました。