生活情報センター寄席

画像


昨日、おもしろい企画の落語会が八幡市文化センターでありました。八幡市生活情報センター主催の催しです。

落語の「つぼ算」を聴いてもらって、そのあと南光兄さん、弁護士の二之宮義人先生、司会に中井雅之氏(米朝事務所所属)の3人が「つぼ算」の徳さんは詐欺になるかならんか、というテーマでトークバトルをするというもの。要するにNHK「生活笑百科」の落語版ですな。

弁護士の先生が「二つの詐欺罪」に問われると言うと、南光兄さんが徳さんの弁護をする。えっ? 弁護士が弁護せんと罪を仕立て上げてはりまっせ。南光兄さんが一生懸命弁護してる。

ま、そんなトークでした。ついでに私の「始末の極意」の鰹節事件、ひろば君の「動物園」のトラ偽装事件まで糾弾されました。落語は犯罪だらけやがな。けどおもしろかった。

この企画、もっと他のところに売ってよ。米朝事務所の今井社長、どうぞよろしく。

ちなみに八幡市生活情報センターは「商品やサービスでの苦情、悪質商法などのトラブルや多重債務、借金問題など市民(消費者)の方からの相談を受ける窓口」やそうです。市長さんに所長さん、ちょっと宣伝しときましたで。

写真は開演前の舞台チェックです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

のの字
2010年10月04日 18:43
田辺寄席では毎回「笑呆亭」と題して、かけられたネタに関して犯罪になるか否か二択のクイズが出て、最後に弁護士さんの回答が発表されます。
『落語犯科帳』『落語国 検察録』とか落語の犯罪について書かれた本も出てます。