東京復路

画像


「京の噺家@内幸町ホール」のあくる日、例によってまっすぐ帰らずにうろうろ、うろうろ。大宮の鉄道博物館へ行ってまいりました。鉄の魂、百までで今はズボラな鉄ちゃんですが、こういうところは押さえておきたいという気持ちは常に持っております。

狭い建物の中に鉄が泣いて喜びそうな車両がひしめきあっております。わくわくします。

でも私はどこか冷めてます。東日本中心の車両が多いからでしょう。もちろん似たような電車はあるのですよ。でもボンネット特急のヘッドマークは「ひばり」や「あいづ」で「雷鳥」ではないんです。下のほうのデザインもちょっと違うし。そこらが無条件に懐かしいとは思えないんですよね。

しかし、元々は国鉄で同じ車両ですから「ひばり」の車内に入って「雷鳥」を思い浮かべておりました。

画像


午後8時の「のぞみ」に乗りこんで発車した途端、携帯が鳴りました。いや、ちゃんとマナーモードにしてましたよ。ブルブルしただけです。

茂山家の狂言師、丸石やすしさんから。「(12月に亡くなった)茂山千之丞を偲んで飲んでるから飲みに来い」と。まだ東京を出たところや、とやんわりお断りしたところ、「明日の朝まで飲んでるから大丈夫」。

指定された茂山あきら邸へ着いたのが10時半。もうみんなできあがってます。へべのれけれけで、もうダウンしてる輩も。ダウンしてまたゾンビみたいに蘇った輩も。とても喪中の家のやってることとは思えません。

私はあんまり酔うてなかったんで、追いつくのがたいへん。聞いたら、よね吉にも二乗にも電話して呼んでるとのこと。よね吉君は賢いわ。断りよった。二乗は私が来ているから断るわけにもいかず、やって来ましたがな。

もうわけわからん。はじめは元気やった、モッピーこと茂山宗彦君。鍋をしてたんですが、何を血迷うたか酒の燗をするためのアルミ鍋に、鍋の具の刻んだ油揚げを大量に入れよった。単なるお湯の中へ入れよったんです。で、そのままダウン。ガスは強火のままやし、危ないやないの。あわてて誰かがその始末をしに行ったけど、こいつもフラフラ。

噺家の新年会よりメチャメチャやないの。狂言師も危ない連中の集まりなんや、と実感して解散。なんと深夜2時半になっていたのでした。次の日の「不定期落語会」の出来が悪かったのは、このせいですよ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

せら
2011年01月09日 14:24
東京からお帰りになられてすぐに強烈な酒宴、誠にお疲れ様でございました。

6日の『不定期落語会』は高座に上がらはったとき、「あ、くたびれたはる」と思いましたけど(コンタクトを入れてはらへんかったのもあるんでしょうか?)、とても面白かったです。行ってほんまによかったぁ
2011年01月14日 13:28
くたひせれてました。今もくたびれてます。昨日も飲みすぎました。