仕方なくグリーン車


プライベートで東京へ来てます。

娘と二人で昨日夕方、東京から横浜へ行くのに東海道線に乗ったのですが、東京駅のホームに上がるとすでにもう一杯で座れません。はじめから立つ覚悟のときは大丈夫なのに、座れるやろうと思てたときに座れないのは気分的に嫌ですねぇ。

ふと見たらグリーン車がある。昔、関西にもありましたで。快速にグリーン車。新快速がまだできてない頃。しかもリクライニングのないグリーンもありましたよ。どこがグリーンやねん? ガラガラで誰も乗らへんからなくなったんです。

関東では生き残ってるんですね。しかも二階建て、ダブルデッカーというやつ。こちらは空いててまだまだ座れます。グリーン券は500円くらいやろ、と勝手に勘定して、すぐそばにグリーン券を売ってる券売機があったので、買おうと思ったらこれがスイカ専用なんですよ。

娘にはスイカを持たせてあるので、カードを入れたら横浜まで750円もする。高いよ! 乗車券が450円やのにグリーン券が750円もするなんて。これは関西人やったら乗らんわ。今さら娘にやめろ、なんて見栄張りの父親は言えません。購入したらチケットが出るわけではなく、スイカのカードに買ったことを記憶させるんですと。いろんなことできるんですな。

私はスマートイコカ。カードを入れたら「使えません」が出ました。スイカしかあかんのです。おんなじJRでこの差別は何? それやったら、はじめから電車に乗れるようにするなよ。

車内でグリーン券を買うたらええやろ、と思て乗り込みました。750円×2で1,500円は高いけどこれも社会勉強。

画像


天井のスイカマークのところに記憶済みスイカをタッチしたら、赤ランプが緑に変わりました。これで検札に来ないのです。私の席は赤ランプのまま。すぐに検札のお姉さんが来ました。

スマートイコカを使えなかったことをグチると「ご不便をおかけして申し訳ございません」と謝ってもらったけど、1,000円を請求されました。涼しい顔で。

「それはないやろう! 高過ぎる!」

娘が横に居るので言えませんでした。見栄張りの父親ですから。前もってスイカで買うのと、こんなに値段が違うなんて。泣く泣く1,000円払って横浜まで行ったのでした。

やっぱり関西人に快速のグリーンは合わんなぁ。なくなったのがようわかる……。

関東人は我慢してはるのですか? ほんと見栄張りばっかり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

かみの
2011年05月19日 15:30
東京横浜間は、関西でいうと
大阪梅田から神戸三宮までと同じくらいの距離みたいです。
梅田三宮間に追加料金1000円払うかというと、
これはさすがに関東人でも払わないです。
(でも世間にはお金があまって仕方がないという別世界の人がいますが)
平日の始発駅でも夕方はさすがに混んでいましたか。
東京は異様に人が多いですからね。
鴨ネギ
2011年05月19日 19:15
愛娘の前では父親とは見栄張るもんなのね。(ケチやないことがわかりました)
お嬢さんはお年頃、だから米二はんの見栄はお嬢さんの記憶にずっと刻まれることとなるでしょう。
しかし、あと5~6年もしたら、同じことを米二はんがしようもんなら、「パパ、そんなとこで見栄張りなや、もったいないなぁ、その差額で生ビール、飲もーよ」となるでしょう。今のうちでっせ~。
シネマおばちゃん
2011年05月19日 21:47
親子でお出かけするのも、今のうちなのでしょうかね。たくさん娘孝行(!?)なさったことでしょう。父さんっ子だったのに、父と旅行した事のない私には羨ましい限りです。
も~やん
2011年05月20日 02:20
いつも楽しく拝見させていただいてます。

今回は師匠、お気の毒様でした。
でもグリーン席、使い方によっては便利でありがたいみたいですよ~。

JR東日本・東海でグリーン車が設置されている路線は、全行程が100キロを越える路線が多いですね。
宇都宮線、高崎線、東海道線…などなど。

新幹線まではちょっといかなくても、ノンビリ電車で行こうかなという時にはなかなか快適です。

私の田舎は東京から100キロ越えの田舎なので、
うちの両親は電車で上京の際は、よく使ってました。座席もゆったりリクライニングだし、グリーン車専用のアテンダントさんがいて車内販売もありますしね。
結構賑わってました!

100キロまでは950円のグリーン料金で乗れちゃいますし、しかも土日は休日料金なので750円とさらに格安です。

東京―横浜間は50キロ内だから、750円が土日は550円のグリーン料金で行けるはず…

ただ、買い方を知らないと今回の師匠のように損しちゃうんですよね。
乗車前に予め購入しておかないと、車内で購入の場合はモバイルスイカでないとプラス250円とられちゃうんです。
でも、そんなことわかりやすい様に書いてないんですよね~。
ちょっとずるい。

師匠もいつか、こちらでのんびりと電車に乗ることがあるときは、リベンジされてみてください!
そのころには、JR西日本と東日本がちょっとは歩み寄っていて、ICOCAが使えますように。
mya
2011年05月20日 09:46
おはようございます
移動はもっぱら車の田舎にいる私には損得がいまいちわかりづらいのですが(コメントしなきゃいいのに)グリーン車は金持ちが乗る座席と思い込んでいるのでまだ一度も座ったことがありませーん!
天井にそういうのがあるんですか・・・どんどん進化してるんですね(知らなすぎでしょうか)
桂C朝
2011年05月28日 23:26
懐かしいですなぁ、大阪快速のグリーン車。
なんでも東京の電車の方が上等やろ、と思われがちですが、こっちの113系快速電車のグリーン車にわサロ112いふて急行電車用のサロ152、163から格下げ改造されて、定員も48人と少なくて「背もたれ」も倒せる上等のがいました。
また横須賀~総武地下線用に新製され、これまた48人定員で「背もたれ」も倒せるサロ113いふ新しいのがおりました。これには冷水器もついてましたが、使用してたかわ知りません。こいつわ「座席が少ないよって、座れへんやんけ、おうっ」と朝ラッシュエエ格好して通勤したい東京口の客から文句が出たんで、こっちへ回ってきました。
また台車だけ空気バネで、「背もたれ」が倒れなくて定員60名の元準急用サロ153から改造されたサロ110いふのもおりました。
それに比べて当時の東京口のグリーン車わ、前述のサロ110とコイルバネ台車で背もたれの倒れない、113系用に作られた一番安もんの定員64人のサロ111だけですから、こっちの方が上等な車が多かったんですわ。
ま、もっともそれだけ東京口の方がグリーン車利用客が多かった、といふことですな。
それに、グリーン車やのに冷房を搭載してない車もおりました。ひどい話しです。
その後上方のグリーン車は一旦廃止になったあと、バブルの頃に復活させる話しがあったようですが、沙汰やみになったようです。
南海の「サダン」も指定席わ朝夕以外空いてるようですし、とかく特別車の扱いわ難しいですな。

えびちゃん
2011年06月17日 11:05
こんにちは。
今回が初投稿です。
首都圏は人口が多く努力しなくとも客が乗ってくれるので
こんな殿様商売ができるのですね。
改札内に入ってグリーン券を買おうとするとスイカ専用で買えず
車内で買おうとするとプラス250円を強制徴収されてしまう。
こんなことは関西では通用しないと思います。
もし関東が首都でもないのにこのようなことをやっていたら
間違いなく鉄道旅客がマイカーに転移していたと思われます。