クラプトン&ウィンウッド

画像


いささか時間が経ってしまいましたが、11月から12月にかけて行われたエリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッドのコンサートについて記しておきます。

この二人のジョイント・コンサートが開かれた最初の地はニューヨークでした。2008年2月のことで、この模様はすでにCDとDVDで発売されてます。それからずっと日本公演を待っていたのですが、3年半後にやっと実現しました。けど、その前にジェフ・ベックとの共演が実現してしまいましたねぇ。

それにしてもクラプトンのコンサート活動はすごい。ソロやジョイント、チャリティなど、毎年かなりの数をこなしてはります。ステージに居るのが好きなんでしょうねぇ。

11月17日の札幌から始まった日本公演は12月10日の東京、日本武道館まで続きました。計13回。そのうち私は11/21大阪、11/22大阪、11/30名古屋、12/6東京、12/7東京と計5回、出席してきました。別に出欠を取られたわけやないけど……。

画像


いつもファンサイトでは今日の出来はよかったとか、悪かったとかで賑わいます。神と呼ばれるクラプトンですが、もちろん出来不出来はあります。しかし、今回は安定してはりまして、連日かなりの高得点だったと思います。その代わり、ブッチギリの日がなかったとも書かれてましたが、そんなことはどうでもええのです。とにかく66歳であれだけがんばるんですから。ま、安定していたのは相方のウィンウッドさんとの相乗効果でしょうね。

日本公演までの3年半の間にアメリカやヨーロッパでツアーしていますから、ちょっとずつセットリストも変化がありました。最初に演奏されていた“Forever Man”や“Little Wing”がはずされてしまったのは誠に残念。その代わり“Key To The Highway”や“Hoochie Coochie Man”などのお馴染みの曲に替わってしまいました。これって前回のソロ・ツアーでもやってますやん。そこがちょっと不満ですが……。

でもウィンウッドのボーカル、クラプトンのギターで“Georgia”が聴けたのはよかった。それから圧巻はジミヘンの“Voodoo Chile”です。これがやたら長い。15分以上はあったでしょう。「道具屋」や「動物園」と変わらへん。

バックのミュージシャンはこのところほぼ一緒ですが、ドラムスがスティーヴ・ガッドに戻りました。この人がベストでしょう。やっぱり一番クラプトンとしっくり行くように思います。迫力もある。貫禄ですな。けどこの人も66歳。

相変わらずクリス・ステイントンのピアノもすばらしい。この人はもうちょっと年上違う?

それにしても年々増えてるように思うのが、会場で販売されるグッズ。いつも私が買うのはプログラムとTシャツだけ。今回、プログラムには個数限定でマグカップが付きました。これ欲しい。大阪ではすでに予定数が出たらしく手に入りませんでした。早く行けばよかったのですが、前祝として飲んでから行くので、ギリギリになったんです。

画像


こうなったら名古屋ですな。新幹線ではなくて安くあげるために近鉄特急で行きましたよ。チケットショップで株主優待券を売ってたから。ところが用事で遅くなって、京都駅までタクシーに乗ったからなんにもならん。

画像


でもタクシーのおかげで名古屋の会場へは開演2時間前に着いたので、見事マグカップを2個ゲット。こんなんが嬉しいのです。

画像


ところが、このマグカップ。うちへ帰ってから裏をよく見たらこんなことが書いてありました。

「耐熱温度80℃」

熱いコーヒーは飲めませんな。おまけに電子レンジ、食器洗浄器、乾燥機が使えない。何飲むのに使う。酒か? これも強いアルコールはダメと書いてある。結局、いまだに使い道が見つからず眺めてるだけ。

画像


それはともかく何度も何度も日本へ来てくださるエリック・クラプトン様、ありがとう。今回はスティーヴ・ウィンウッド様もありがとう。よかったです。楽しかったです。

今回のツアーでクラプトンの日本での通産公演回数は199回になりました。私はそのうちの51回しか観てませんねん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

mame
2011年12月30日 19:19
報告待っておりました。
今回ボクは、初欠席となり、大変くやしいです。
グッズは通販で買い求めましたが、おまけに缶バッジが二個同梱されてました。

“Voodoo Chile”聴きたかったなぁ……また、ブート買って聴きます。
千枚漬
2011年12月30日 21:22
さすが「神様ネタ」には即効レスポンスですね。
アップして9分でのコメ発信とは! 最短記録ちゃいます?
あの長さを読んで、打ち込みはった時間も考慮しますと… すご!
千枚漬
2011年12月31日 11:28
私の目は、なぜか、こんなんにス~ッと行くのです。
上で読めます本文最終行 日本での通産公演回数
確かに変換第一候補で出ます、通算は2番目です。
今は経産(こっちは変換出来ず なんで?)やのに、役所って根深くはびこっているのね。
税金使こて、招聘してるように見えますね。
ホンマいつも笑わせてくれはりますね、師匠って。
せら
2011年12月31日 12:31
マグカップのデザインかっこいいですね
熱いもんや強いお酒はだめとなると、牛乳とかアイスココアとか…(子供的発想)。

えと、千枚漬さんて京都の人やからイケズ
千枚漬
2011年12月31日 17:20
イケズに見えます? うふふ、かなんわあ。
なんでやろ、テレビ観てても、字幕やセリフの変換ミスや
慣用句を勝手に切って勝手に作ってるのが
目について、自分でもしんどなりますの。 
目ェからアラ探しビームでも出てるのかしらん。
テレビを構もうてるヒマも義理も無い、勝手にアホさらしよったらええけど、
師匠がミスに気ィつきはらへんまま、あちゃこちゃで
このまま書かはったら、恥かきはりますやん。
そんなんイヤ。
あ、ひょっとして、せらサマ「イケズ」を「意地悪」の意味で
使こてはります? 違いますのよ、もっともっと深いのよ。

大晦日って意外にポカッと時間があきません?
晴れた空見てたら、枝雀さんの電車内でもお稽古の一節を思い出しました。

電車でブツブツ、アブナ~い奴と思われながら、
豊中から梅田まで阪急電車で20分、行きも帰りも20分分しかお稽古出来ません
ある時、最後までやりきったと喜んで、窓の外見たら景色の流れが逆
宝塚に着いたのにも気付かず、折り返してました

こんなんでした。
今もどこかでお稽古してはるんでしょうね。 
桂 甘鯛
2011年12月31日 18:10
51/199しか行ってないて、51/199も行ってるのが凄いですがな。
あっしゃぁ、Earth Wind & Fire、Billy Joel、太田裕美、松田聖子、いとうまい子(バラバラやなぁ、しかし…))北山おさむ(ちょっとマニアックでしょ!?)等々合わせても、ライブやコンサートなんざ生涯15回くらいしか行ってしませんで。
あ、上岡龍太郎講演会ちゅうのにも行きましたな。
落語会にわ、その三倍くらい寄せてもろてますけど。
せら
2012年01月01日 00:59
1/199から見たら(それでもやっと行けてすごくうれしい)、51回はすごいです

今年は51回ぐらい師匠の会に行く!に挑戦しようかなぁ~

>千枚漬さん
ん~、師匠が恥かかはるのんがイヤやったら、こんなにいっぱい人が見るとこで指摘せんとメールでそっとご教授するのがいいような気がするんですが…
2012年01月01日 10:26
今年も変換ミスの指摘大会よろしく。これからはわざと変換ミスを忍ばせます。