愛宕山

明日の「桂米二一門会@京都府立文化芸術会館3F和室」のプログラムを作っていて、もっと皆さんにも知ってもらいたくなりました。そんなん教えてもらわんでも知ってるて?

私は7、8年前まで知らなんだんです。せんど落語の「愛宕山」を聴いてるのに、中学生のときに愛宕山に登ったことあるのにです。

愛宕山には戦前ケーブルカーが走っていて、上には小さい遊園地、ホテル、スキー場もあって、一種のリゾート地だったのです。東に比叡山があってその対極やったんですねぇ。

画像


しかも登り口まで普通の電車も走っていたんです。今、自動車で通るトンネルは元々電車のトンネルやったらしいですよ。で、これがケーブルの駅跡。

画像


今時分、紅葉の写真は見たくないですか。秋に登ったんやさかいしゃあない。そしてケーブルの線路跡。

画像


今もちゃんと残ってるんですわ。

愛宕山と比叡山が背比べをして喧嘩したという話があります。比叡山が怒って愛宕山の頭を叩きました。どこが頭やわからんけど、頂上ということでしょうな。ま、比叡山に手があるのかという詮索は置いといて。すると愛宕山の頭にコブができました。そのコブができた分だけ背が伸びて、愛宕山のほうが比叡山より高くなったという話なんです。

そういうと愛宕山にはコブみたいなふくらみがあります。愛宕山の標高は924メートル、比叡山は京都市内から見えている四明岳が838メートル。誰かコブをはずして測ってみてよ。

もう一ぺん登ってみたくなりました。しんどいけど。その前に明日、落語で登ってきます。こっちもしんどい。次の日、足が筋肉痛になる落語です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

あらしっく617
2012年05月05日 22:46
先日、近くを通りました。主人が「あれがあの愛宕山やで」ておしえてくれました。
私らの会話には必ず落語が絡んでいるような…(笑)
なま米二さんに早く会いたいです~
かかし
2012年05月05日 23:52
ネットで調べたら愛宕山は全国に100山以上あるのですね冷や汗2。上方落語の愛宕山も体力のいる大ネタと記載されてました。本当に山登りしないで筋肉痛になるネタお疲れさまです。トリを二乗さんに任してその間マッサージ手配されるのですね。
あずあず
2012年05月06日 01:49
お勉強になりました。エネルギー消費してプチダイエットに励んでください。でもその後ビールが待ってるから無理ですね~
不世出の噺家 桂 甘鯛
2012年05月06日 08:44
愛宕山の「瘤」みたいに見える「丘」は、「残丘」(マール)とよばれるもので、同じ山の中でも他より固い部分が浸蝕から残ったものやさうです。
2012年05月06日 09:02
ますます勉強になりますなぁ。

現場へ行ってみないとわからないことはたくさんありますね。私が今、一番行かんならんところは安居の天神さん。「天神山」やるのにまだご参詣してへんやおまへんか。

動楽亭の帰り、飲みに行かんと行ってみまひょか。いや、ご参詣の後で飲みに行ったらよろしい。
一文字草
2012年05月06日 10:22
"安居の天神"さんこと安居天満宮、つい先日訪れたばかりです。参拝者の多い一心寺
さんのすぐ向かいでありながら、普段はひと気が少なくこじんまりした境内はほんと
に閑静でいいところです。

本殿の後方に林があり、安兵衛が狐獲りの角右衛門と遭遇したんはこの奥あたりやろ
か?としばし「天神山」の世界に浸りました。
千枚漬
2012年05月06日 21:17
さすが米二はん、やっぱり物知りね。あのトンネルで、夏の夜中の落語会、あたり静まり返り、篝り火と蝋燭のみ。ゾクゾクするわねえ。
レールは供出どすか、これじゃあ勝てんわ。

ココから、山道のほう、険しくなります。
「けったいな奴やけど、読むくらい構へん」か「吊し上げのため、敵を知るため読まな仕方ない、不愉快至極」というお方のみ、お進み下さい。
コメ訪ね来る方々の、趣味思考読解力誠に千差万別 改めて実感
皆々様に理解頂く明晰簡潔な文章こなす筆力無きを嘆く、皐月の宵
わあわあと楽しく交流する善良な衆の傍らに、スカシて座る色白男あり、
ひねた笑み浮かべ、訳知り顔。たんねて(尋ねて)みますか。
「あんた、何がこわいのん?」
「ああ、ご批判のコメがこわい」

「饅頭こわい」ご存知です? まだ聴いたことないというお方は、桂米二著「上方落語十八番でございます」のほうを、ご一読下さい。
あの「こわい」でございます、ご配慮賜れば、幸甚です。
オチの解説したら、なんとも間が抜けるねえ。拍子の悪いこと。
名前を出す出さんは、本筋から外れた話。他人のことなぞ構わずに、書きたい事ご自由にご存分に。変なのが居ると、書けずに尻込み?
なんで、そないなことが気になるんか、が、うちには分かれへん。
うち、波長の合わんお人構う気ィさらさら無し。テイストグッドやないもんに、かぶりついたりせえへんの。味見も要らんし。
引き続き、どのようなご意見も謹んで拝受させて頂きます。ただ、人は、カッとした時に本性現しやすきもの、品性ピイ━━ッな地金を出さはったら、お宅さんが損。そこだけは、気ィおつけやして。お願いよ。
(一部、音声を加工しています)