今さらですが名古屋

画像


今さらですが、名古屋「あつた寄席」の後日談です。9月9日(日)のことでした。

第3回の今回も前回同様、約100名のお客さまで一杯になりました。まず厚く御礼申し上げます。トップに出てくれた鯛蔵君の「動物園」から大受けに受けました。私は「青菜」と「寝床」とタイトルが短いわりに中身がやたら長い二席、ま、喜んでいただけたことと思います。

画像


近所のちょっと洒落たお店で打ち上げ。ほろ酔い気分で名古屋駅へ向かいました。今回も大阪から追っかけ連中が来てくれてまして、そちらは近鉄特急。私と鯛蔵君は新幹線。べつに贅沢ではなくて、私は近鉄で難波まで行っても仕方ないもん。

鯛蔵君に訊きました。「どっちで帰る?」と。彼の選択は新幹線であったわけです。彼の家は難波からそう遠くはないのですが、私と一緒のほうを選んだのでしょう。

近鉄組と別れて新幹線待合室へ。私は京都まで、鯛蔵君は新大阪まで乗るわけなんですが、指定券に書いてある電車が来るまであと15分ほどありました。またここで缶ビールを買って二人で乾杯。

21時13分発、のぞみ123号に乗り込むなり、鯛蔵君は爆睡。人間ってこんなにあっさり寝られるものなんですね。私はしばらく起きてましたが、やがてうつらうつら……。

気がついたら、のぞみは停車していました。アナウンスの声が……。

「只今、京都に停車中です」

パッと飛び起きて、慌てて荷物を持って外へ。鯛蔵君に「お疲れさま!」と声をかけると、彼も飛び起きて「お疲れさまでした」と挨拶をしてくれました。

あぁ、危なかった。もうちょっとで新大阪まで行くところでした。ちょっとしたスリルを味わいながら、帰宅いたしました。

さて、鯛蔵君に後から聞いた話です。

京都で一度起きたから私は大丈夫と思てたんですが、彼はまた爆睡して新大阪では目が覚めませんでした。拍子の悪いことに電車は岡山行きだったのです。彼は岡山まで爆睡。もう新大阪へ戻る電車はありません。お気の毒。

ホテルに泊まって、朝になって新大阪まで帰ったとさ。

岡山まで乗り越しても、そのまま改札から出ずに新大阪へ戻ったら料金は請求されないそうです。ところが彼の場合、もう戻る電車がない。そういうときは次の朝の一番電車なら、乗せてくれるそうです。JRもええとこあるやないの。但し一番電車だけしかタダで乗せてくれないそうです。

次の朝、これまたたっぷり寝過ごした鯛蔵君は、料金を払って新大阪まで帰ったとさ。

今度から近鉄で帰りなさいね。

画像


明後日、新世界の動楽亭で2回目の「桂米二一門会」です。ご予約お待ちしております。まだ少し入れます。

  ☆9月30日(日) 14:00 ~
第2回桂米二一門会@動楽亭/動楽亭(前方座椅子・後方腰掛席)
  地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前」1番出口すぐ
  ファミリーマート左の階段を2Fへ (G)ファミマ山王動物園前店
「牛ほめ」二葉 「宿屋町」「まめだ」米二 「青菜」「くしゃみ講釈」二乗
予約¥2,000 当日¥2.300 ご予約・お問い合せ TEL 080-1491-1614 カゴタニ
または080-5338-7331 桂米二落語会予約センター(留守電応対)
メール予約 g-yan@yoneji.com 携帯から予約専用 yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 2回目の米二一門会@動楽亭、トリを取るのは二乗です。
 前回はおかげさまで満席になりました。早めにご予約を。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ぐっさん
2012年09月29日 23:05
よくやりますねー。本当に。飲んだ後の乗り過ごし。あの降りる直前でなぜか目が覚め飛び降りる時の焦り感、そして、乗り過ごして目が覚め、聞きなれぬ駅名のアナウンスが聞こえた瞬間の虚脱感。私は、自分への戒めで、車は当然ながら、電車にも「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな。」と言い聞かせてます。なにせ乗り過ごした時の嫁の説教がまたきつい…。(だから、楽屋へのお酒もかなり遠慮してました。しつこいようですが、もう飲まれましたか?結構いける酒だと自負してるのですが。次回はもう一ランク上のやつを是非。)