ホンダN-BOX

たまっていた原稿チェックが一段落。愛車ストリームの定期点検へ行ってきました。点検の間はいつも代車を借りています。

今回は軽自動車の売り上げNo.1の噂も高いN-BOX。色はシルバー。うちのストリームとおんなじ色ですな。昔、私が子どもの頃、親が乗っていた車はホンダN-360でした。ですからNの付く車には郷愁を感じます。

画像


これに乗って山科のスーパーへ。今の車はみんなキーレスエントリーというやつで、いわゆる鍵の形をしたキーがなくてもいいのです。ボタンのキーを身に着けていれば、何も差し込まなくてもエンジンはかかるのです。うちのストリームには付いてない装備です。慣れへんわ、こんなん。

ボタンを押してドアロックして、お買い物へ。さっと済ませて駐車場へ戻ってきて、開錠のボタンを押してドアを開けようとしました。ところが開かない。何度押しても車は黙ったままでドアは開きません。うんともすんとも言わん。

一ぺん逆に施錠のボタンを押してみました。……反応なし。もう一度開錠ボタン。……反応なし。ボタンが間違ってるのかと思い、老眼の目を凝らして確認。間違うてへんよね。

画像


何をやっても、何度試みても反応なし。締め出されたやん。寒いのに。

ホンダの担当M氏に電話してみました。いろいろとアドバイスされたことをやってみたけど、同じこと。反応なし。

「今からそちらへ行きます」

それしかないね。すぐに来てくれました。ボタンのキーを渡すと、彼はボタンを何度も何度も押してました。なんや、おんなじことやるだけかい?

「開きませんね」

初めから言うてるやん、それは。それでも彼はあきらめずに助手席側へ回ったり、後ろのトランクを開けようとしたり……。けど、そんなことぐらいでは開きません。とうとう車の周りを回り出したM氏……。

突然こんなことを言い出しました。

「この車、うちの車と違います」

「えっ、どういうこと? ひょっとして別の車?」

私、全然違う車のドアを開けようとしてたんです。そら開くわけないわな。

「これ滋賀ナンバーです。うちの代車は京都ナンバーですよ」

同じN-BOXで色も同じシルバー。全く一緒。自分の車なら間違わへんけど、代車やから気がつかなんだんです。さっき初めて会うたとこやもんね。М氏もすぐにはわからなんだ。

ほなら、正しい代車はどこへ行ったんや。……あったあった。間違うた車の2台向こうに停まってました。間には大きなワンボックスが停まってて、全然見えへんかったんです。置いたところはすぐ近所なのに……。

というわけで一件落着。しかし、なんですな。よその車と格闘してる時に持ち主が戻ってきたら、どうなってたでしょ? 通報されて、パトカーが来て、事情聴取されてたやろか? もうちょっとで車泥棒になるところでした。

2台の車を同じ角度から撮ってみました。一緒でしょ? 間違えるのも無理はないでしょ?

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ちりとてちん
2014年02月11日 10:18
売り上げナンバーワンの車を借りると、
こういうことが起きるんですね。
算段の……
2014年02月11日 12:10
以前コンビニでビニール傘を間違えたことがあります。確か骨が一本曲がってたのに~翌日さしたら治ってました。そこで気がついたんですがそのままネコババ。これは犯罪でしょうか??
初代
2014年02月11日 13:31
傘は天下の回り物と思っております。裸足で行って下駄履いて帰るのはいけませんが
千枚漬
2014年02月11日 23:36
キーレス、便利。殊に雨の日、荷物持ってるとき。
せやけど、「いやしくもクルマのドアが、こんな簡単に開いてええんやろか」と、一抹不安になる時がありましたんやけど、随分と厳密なもんどすのね。こりゃ安心、ハハ笑た。
そういや、今はキーとも言いまへんな、リモートコントロールやて。
そのうち、キー差し込んでイグニッション回して、なんて言うたら、どこの星から何に乗って来たんかってな顔されますのやろね。
千枚潰し
2014年02月25日 09:19
嫌な人まだコメントするの~。
2016年02月09日 15:22
はじめまして!
わたしもショッピングモールで同じことやりました(^^;)