敦賀落語の会ネタ帳

画像


4日(土)に寄せてもらった「敦賀落語の会」の歴史の一端をご紹介しましょう。ネタ帳です。

昭和47年というと、もう今から……あかん、すっと計算でけへん。つまり1972年やから、今年が2014年で、ということは42年前ですな。やっと計算できた。

第1回が米朝で、第2回が松鶴。まあ贅沢な。それにこれは直筆ですよ。たぶん……。

米朝の筆跡は間違いありません。悪筆……もとい、くせのある字ですからわかります。私が内弟子の頃、師匠に頼まれて葉書を出す時、「郵便屋さん、ちゃんとこの字を読んで、先方へ届けてね」と祈りながら投函した覚えがあります。それに比べたらこれは綺麗なものです。

42年前から使い出して今は2冊目のネタ帳になっていますが、保存状態は抜群にいいです。但し見たらわかるように、左下のほうが汚れてます。手垢ですね。みんなここへ来たらこれを見るんでしょう。数多の噺家の手垢なんです。

世話役の方、ほんとにたいへんとは思いますが、伝統のある会を続けてくださいね。そして、この伝統ある落語会へ呼んでいただいたことに感謝いたします。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ちりとてちん
2014年10月07日 21:05
「第二回」の字は、ものすごく上手というか、エエ字ぃですねぇ。
文字だけやなしに、帳面全体にバランスがよろしいなぁ。