某中華レストランにて

「爆笑マタニティ倶楽部@島岡医院」終演後はいつも島岡先生を囲んで食事会です。昨日はお手伝いのスタッフも参加してもらったので、賑やかでした。

場所は某リーガロイヤルホテル地下の中華料理「皇家龍鳳」。昨日は特別の日で、料理研究家、程一彦先生とのコラボ料理。スペシャルやねえ。

画像


料理だけではなくて、程一彦先生の歌まで付いてました。テーブル全部を回って目の前でジャズを歌ってくれはりました。相変わらずお元気で目立ってはりますわ。ほんとスペシャル。

料理も終盤に差しかかり紹興酒も進み過ぎのような気がしたところへ、ジャスミン茶のポットが出てきました。私も欲しかったので、「お湯呑をください」とお願いしました。

出てきたのはこれ。お湯割りグラスにお湯だけ入ってます。

画像


「お湯呑」と「お湯のみ」を聞き違えたらしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ちりとてちん
2015年02月09日 20:49
「落語」ですなぁ。
千枚漬
2015年02月10日 21:57
ジーやんはんは京男。ホンマに「お湯のみ」が欲しかったら、
「白湯(サユと読んでおくれやっしゃ。パイタンやおへんえ)おくれやす」
と言いはるわなあ。訪日客が増えてはるから、ホテルのお人も大変どすなあ。

血圧のお薬でも飲むと思われたんどっしゃろか。