文化を未来に伝える次世代育み事業

今年も始まりました。文化を未来に伝える次世代育み事業「学校・アート・出会いプロジェクト」が……。

なんのこっちゃわからへん。前はもうちょっと簡単な名前がついてたと思います。だんだん訳のわからん名前になってきて……。要するに私が前から小学校へ落語を教えに行ってるあれです。今年で6年目かぁ。

そして今年から担当する小学校が二つになりました。大胆なことをするもんです。ま、本業が暇なのでできるのです。威張ってどないするねん。

去年から引き続いて2年目、京都の南の端は笠置小学校と、今年から行く南丹市美山の平屋小学校。平屋小は来年統合されて廃校になることが決まっていて、今年限定です。とにかく南と北へ走り回ることになって、17日(水)が笠置、20日(土)が平屋と両校とも行ってまいりました。

去年、笠置小の子ども達はずいぶん熱心でした。落語もレベルが高かったです。もっと熱心だったのが教頭先生。2年連続で教えに行ったことは一度もないのですが、口説かれてしまいました。こんな言葉で。

「予算を取って落語用の座布団を三つ買いました」

おお、他にはなんの役にも立たん大きな座布団を三つも買っちゃったんですか。無茶しますな。そんなこんなで今年度も行くことが決まりました。そして決まった途端、教頭先生が異動となりました……。さすが落語好きの教頭先生、ちゃんと落ちをつけてくれはりました。

その教頭先生は居てはりませんでしたが、笠置小学校へ着いた時、先生や子ども達がずらっと並んで私を出迎えてくれました。照れくさいやないですか。

画像


昨年は4年から6年までの12人。今年も同じく4年から6年までの12人。5年と6年の7人は去年からのお付き合いになります。6年生の男の子は一人だけ。ちょっとしゃべったら声が低いんです。

「おう、声変わりしたな」

今年は去年やってもらった「動物園」と「道具屋」の他に新ネタも用意することになりました。台本はまだできてへんけど。

お馴染みの給食はすき焼風煮と胡麻酢和え。

画像


そしてもう一校の平屋小学校。ここの校長先生は以前からよく知っている方でした。校長先生は5年前、最初の年に教えに行った日吉の殿田小学校の教頭先生でした。その後、落語会へも度々来てくれはりまして、私も親しくさせてもらい、気がついたら今は平屋小学校の校長先生になってはったのでした。めでたしめでたし……。

ここで話が終わったらいかんのですが。ちなみに笠置小の元教頭先生も、今の平屋小の校長先生も女性です。

その女性校長先生からこんな話を聞きました。最初の殿田小は私も手探りで教えていたのですが、教えてる最中に泣き出した女の子が居ました。私は優しくアドバイスをしたつもりですが、その子は怒られたように思ったのかもしれません。でもその女の子はそれから一生懸命稽古をして、発表会ではしっかりとやってくれました。私もよかったなあと胸を撫で下ろしたのです。

で、月日が流れて去年、その子は中学3年生になってました。南丹市の弁論大会(はっきりした名前は知りません)へ出て、見事優勝したそうです。しっかりしゃべれるようになったんや。嬉しいやないですか。ま、これは余談ですが……。

昨日、平屋小学校の全学年と保護者や近所の人達も一緒になって、私の落語を聴いてもらいました。落語指導は5年と6年だけですが、初めて落語に触れた子ども達も1年生から大笑いでした。その後、5、6年生といろいろ話もし、小噺をちょっとやってもらいました。みんな筋はいいですよ。

その間、他の子ども達は近所の人達と一緒に案山子をつくる作業をしていたようです。出来上がったのがこれですわ。立派なもんです。

画像


土曜日なので、こちらの給食は次回のお楽しみとなって、美山を後にしました。そして帰り道に出会ったのが、この動物。どうやらニホンアナグマらしいのですが、最初からこんな動物、しかも珍しい穴熊に会うたら、そのうち月の輪熊にも会いそうですな。……嫌やがな。

画像

画像


今年は北と南の子ども達からパワーをもらいます。発表会が、ほんと楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント