春團治師匠の思い出

昨日は激震が走りました。三代目桂春團治師匠の訃報。それも朝のNHKニュースで知ったから。こういうことはたいてい上方落語協会からのお知らせで知るのに。直弟子の春雨君によると、正式発表するその前にマスコミに抜かれたそうです。どこの社か知らんけど地獄耳ですな。

去年3月のうちの師匠の時もそうでした。病院で亡くなってすぐに新聞社から私の家にも携帯にも電話が入ったもんね。あれは病院にスパイが居たに違いないで。

たった1枚、ツーショットで師匠と撮った写真があります。2003年、私の独演会にゲストで出ていただいた時のものです。ええ顔してはりますなあ。

画像


いろいろと思い出すことがありますが、ここでは昔書いたことをご紹介いたします。2008年3月15日に桂枝光君の結婚式の様子をアップしたものです。ここから先は転載ですからね。だから年齢は当時のものです。


。oO○。oO○。oO○。oO○。oO○。oO○。oO○。oO○。oO○。oO○


昨日、ほぼ同期の桂枝光君の結婚式に出席してきました。彼の年は私より2つ下ですから48才。もちろん(というのもおかしいけど)2回目の結婚です。

同じテーブルに座ったのが春團治師匠にざこば兄、そして八方兄。みんな羨ましがってましたね。私も含めて1回しか結婚してませんから。

画像


司会は同門のおとうと弟子、桂坊枝君でした。

「1回目の結婚式は兄弟子の文也兄さんでしたが、2回目の今回は私が務めさせていただきます」

最初からぶっ飛んでました。こんなこと、噺家やさかい言えることですわな。そのあとのスピーチはみんな酔っぱらってるからハチャメチャ。ここでのご紹介は控えさせていただきます。

乾杯の発声だけの予定だった春團治師匠(ずいぶんお酒が進んでおりました)が、もう一ぺんしゃべると言うてマイクを握りはったのでした。

画像


「たくさん噺家が出席してますが、この中で一番もてる男が私です!」

悔しいけど、ほんまのことですな。イヨッ、三代目!

とにかく枝光君、おめでとうさんでした。

春團治師匠の隣の八方兄さんは、まだ仕事があるというて、途中で帰りはりました。春團治師匠の隣が空席になったわけです。春團治師匠が手招きしてはります。喜んでお隣へ座らせてもらいました。久々にゆっくりお話ができました。

「米二君、君はちゃんと落語を守ってくれてるな。がんばってくれよ」

身に余るお言葉をいただきました。そして、

「弟子には厳しい稽古をしたってや」

それはもう、二乗には厳しく稽古しておりますとも。話題はついに「ちりとてちん」に……。

「ドラマやさかい、拵えごとや。ストーリーについてはけっこうやと思う。けど、あれだけは許せん」

とうとう出ました。「許せん」とまでおっしゃいました。そう、私もメルマガで指摘しましたが、一番腹立たしかったことです。

「弟子に落語の稽古するのに、あんな服のままで、しかもあぐらかいたり、寝転んだりするとは何事や! あんなことをテレビでやられたら、噺家はみんなああいうええ加減な稽古してると思われるやろ」

噂には聞いてましたが、本当にお怒りだったのです。皆さん、ドラマを見て誤解しないでください。噺家はみんな着物か浴衣を着て、弟子あるいは後輩に稽古をつけてやってますからね。

「けど、今でも見てるよ」

結局、披露宴お開きの後、春團治師匠のお宅までお邪魔してお酒をいただいて、最終電車で帰ってきました。枝光君も幸せな一日やったと思うけど、桂米二も幸せな一日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ちりとてちん
2016年01月17日 19:32
あちらでは、「四天王落語会」が開催されているんでしょうねぇ。

合掌。
じーやん
2016年01月24日 09:19
観たいですねえ。今は遠慮しときますが。