カセットテープの声

画像


遅々として進まないが、カセットテープのデジタル変換作業実施中。PCに取り込んで永久保存するのです。高速ダビングなんて出来ないので、真夜中にテープを聴きながらの作業。

五代目文枝師匠の「質屋芝居」で、いきなり自分の声が聞こえてきて目が覚めた。

「ここは裏門、表御門へ回らっしゃい」

この噺は途中、演者と囃子場との間で、掛け合いで台詞を言うのです。

文枝「裏門合点。表御門、諸士の面々早馬にて寄り付けず、してして喧嘩の次第はなんと、なーんと」
米二「喧嘩の次第相済んだ。出頭たる師直公に手傷を負わせし科により、屋敷は閉門、網乗物にてぼっ返した」

この日、私は囃子場に居たのですね。当時の小文枝師匠に向かって台詞を2回言うてます。それなら太鼓も打っていたに違いない。覚えてないけど。今から28年前のこと。

古いテープを聴いていると、こんな発見があるからたまりません。それにしてもカセットテープは偉大です。何十年経ってもほとんど劣化せずにちゃんと音を聴かせてくれる。真夏は40℃を超える屋根裏部屋に積み上げて置いてあるのに。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

名無し
2016年06月03日 17:40
来週の文楽応援落語会の中入り前二席と同じ組合せですね