じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 新開地グルメ

<<   作成日時 : 2018/09/03 11:31   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


神戸新開地に喜楽館が誕生して1ヶ月半ほどになりますが、私は昨日までに4回半出演いたしました。半というのは落語の出番ではなくて大喜利だけ、というのはお分かりですね? ……分からへんか。

でもそうなんです。8月15日と16日の2日間、「豪雨災害チャリテイー落語会」が開かれましたが、私は16日に大喜利だけで出演しました。なおこの落語会で、上方落語協会から日本赤十字社を通じて、1,134,982円寄付いたしましたことを、ここに謹んでご報告いたします。

という訳で落語の出番はまだ4回。一昨日1日(土)、昨日2日(日)と出演してきましたが、誠によく笑ってくださる素晴らしいお客様でした。感謝!!

でも、京都東山から神戸新開地までは遠いのです。往復で4時間近くかかります。電車賃も高い。ほんと疲れます。それに新開地へ着いたらお腹が減るんです。でもどこで食べたらいいのかわかりません。

私の食べ物マイブームは担々麺、かつ丼と続きまして、今はチキン南蛮への移行期です。移行期というのは、チキン南蛮はまだ数回しか食べてないから。それに比べてかつ丼は平均してよく食べてますねえ。

見つけました。喜楽館の少し北にかつ丼の店がありました。三六八(さむや)新開地店というお店です。いろんな種類があるんですよ。3回行ったので、三つ写真をアップしておきます。

まず神戸あんかけかつ丼。とんかつに和風のあんがかかっています。

画像


続いてかつ丼。フツーに卵をからめたもの。

画像


最後はソースかつ丼。関西風のだしとソースが混ざっているそうです。

画像


他にもいろいろありましたが、全部制覇するには半年近くかかりそうです。今度、喜楽館昼席は10月末なので、その時の楽しみにしておきましょう。

昨日の終演後、枝鶴兄さんが誘ってくださって軽く打ち上げ。すぐ帰るつもりでしたが、何故か2軒目。八喜為(はきだめ)という面白い名前のお店でした。枝鶴兄さんの弟子の鶴太君はこれを「やたがらす」と読んだそうです。センス抜群やね。

ここで変わったメニューを見つけました。とり皮の串かつ。焼き鳥メニューにとり皮はあるのに、これは串かつ。気になるので注文しました。デカい!! 二度づけ禁止やけど、一ぺんではソースがつかないほど。味は良かったけど。

画像


まだまだ新開地は楽しめそうです。さあ皆さん、今度は一緒に行きませんか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新開地グルメ じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる