桂塩鯛休演

画像


大事なお知らせです。26日(土)午後6時開演の「米二・塩鯛二人会@天満天神繁昌亭」ですが、塩鯛さんが病気のために休演となり、代演としてざこば兄さんと米團治君が出演することになりました。つまり、「桂塩鯛二席」の代わりに、「桂ざこば一席+桂米團治一席」となった訳です。オープニングトークも「米二×塩鯛」が「ざこば×米二×米團治」となりました。どっちが得や?

物議をかもす発言は撤回しまして、ま、私としても「えらいこっちゃ」なんです。私の二席「始末の極意」と「火事場盗人」は変わりませんが、代演で大先輩と御曹司が出てくれるんです。しかも米朝事務所的に言うと、常務取締役と代表取締役社長ですよ。ナンバー2とナンバー1が出演するんです。私は米朝事務所的に言うと単なる株主ですが……。最近、株の買い増しをしましたが……。そんなことはどうでもええんです。

という訳で、どの順番で出演するのか、何をやってくれるのか、トークでどこまで際どい話が出るのか、全く未知数です。おもろそうやけど。そんな訳で、塩鯛さんは出演しませんが、落語会は開催いたします。それをご承知の上でご来場くださいませ。

すでにチケットを買ってくださった方、これから予約してくださる方、どうぞよろしくお願いいたします。

その肝心の塩鯛君ですが、肝機能障害というか、肝硬変というか、要するに肝臓が悪いのですが、それもお酒が原因ではないようです。何かのウィルスが入ったとか(詳しいことは知りません)、他の原因だそうです。怖いものですね。幸い本人は元気になりまして、落語会に出る気も満々なのですが、まだお医者さんの許しが出ないとのことです。すでに私ともLINEでのやりとりはしていますし、あとは日にち薬ですね。

他人事(ひとごとと読みましょう)ではありません。私も還暦を過ぎ、いつ病に侵されるかわかりません。そんな訳で去年の秋から週に2日以上の休肝日を設けるという暴挙に出ました。人間ドックで女医さんにえらい叱られたんです。何年もお酒をほとんど抜いてませんでしたから。でも、この先生は酒を飲まない人だとすぐにわかりましたね。

その昔、桂米朝に言われたことを思い出します。まだ六代目松鶴師匠が存命でした。

「松鶴もわしも年取ってきた。春團治(三代目)も小文枝(五代目文枝)も若うない。ええか。この人の落語を聴くことはこれからもあるやろうけど、この人のこの噺(演目)を聴くのは、今日が最後と思て聴いときなさい」

この台詞を我々の世代が言う番が回ってきましたね。うちのお弟子さんよ。私の「始末の極意」と「火事場盗人」はこれが最後と思って聴きなさい。……たぶんそのうち「動楽亭昼席」でもやると思うけど。

画像


  ☆1月26日(土) 18:00 ~ (開場 17:30)
第11回米二・塩鯛二人会/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 徒歩3分
オープニング・トーク「上燗屋」塩鯛 「始末の極意」米二
「三十石夢の通い路」塩鯛 小佐田定雄作「火事場盗人」米二 糸:公美子
塩鯛休演 代演 ざこば 米團治
前売¥3,000 当日¥3,500 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥2,000 全席指定
11/26(月)前売・予約開始 ぴあ 0570-02-9999 Pコード 597-700
問&予 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
主催・お問い合せ TEL 06-6365-8281 米朝事務所 TEL 06-6352-4874 繁昌亭窓口
 もう11回目の開催になる同期会、昨年同様、土曜夜公演です。
 Pコード(597-700)は天満天神繁昌亭の公演全部が対象です。
 1月26日(土) 6:00PMをご指名ください。
桂塩鯛

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

taka-me
2019年01月24日 11:56
うーん。微妙な選択ですね。翌日地元の法事が無かったら、行こかいな。と、思わせますわな。奥から出てきた代役がちょっとねえ。若旦さんはええとして、兄さんの方は、そら聞いとかんと。下手したら、近日来演もんやしね。
まあ、どっちゃみち、行かれへんのですけどね。惜しいなあ。
ちょっとあかんな、このコメント。すいません。
まあ、にぎやかしで、ゆるしてください。




初代杢兵衛
2019年01月29日 08:05
初めて火事場盗人きかせていただきました。予想外の内容で還暦過ぎたおっさんが泣いたらいかんと思いながら最後は涙が出てきてあきまへんでした。塩鯛さんの快癒を切に望みます。
守口の山ちゃん
2019年01月29日 12:00
米二さんの「火事場盗人」、すばらしかったです。今回で三度目になると思いますが、終わりに近づくにつれ、やはりうるるとなってきました。私も今年末で70歳になりますが、60代も終わりに近づき涙腺がゆるくなってきたというだけではないと思います。「火事場盗人」では毎回うるるとなっております。
それ以後塩鯛さんの体調はいかがでしょうか?くれぐれもお大事にとお伝えください。
じーやん
2019年04月04日 01:37
「火事場盗人」は小佐田定雄先生の晩年の傑作です。晩年は余計ですが。私も初めて台本読んだ時に泣きました。