ふるさと&うめきた

私は京都で生まれたといつも言うてますが、本当はそうではありません。生まれたのは山科ですから。洛中(上京区、中京区、下京区)にお住いの皆さん、山科は京都ではありませんよね? ですから、京都生まれではなく、京都市生まれと言うようにしましょうか。

山科は私のふるさとです。私の生家は山科区北花山河原町にあります。いや、今はもうないから、ありましたと言うべきですね。そこから僅か2キロ南のところで落語会が始まります。今日です。間に合えば来てください。大石神社のすぐ近くの西野山公会堂が会場です。

IMG_2483 花子ちゃん.JPG

大石神社には可愛いミニホースの花子ちゃんがいます。今日、会えるかどうかわかりませんが……。

京都駅八条口から京阪バスが早いです。無料になった稲荷山トンネルのおかげです。1時間に3~4本あります。

  ☆7月28日(日) 14:00 ~ (開場 13:30)
第1回山科ふるさと寄席/(G)西野山公会堂(前方座布団・中後方椅子席)
 〒607-8308 京都市山科区西野山桜ノ馬場町142-1
 京阪バス「大石神社」西へ徒歩5分
 京都駅八条口から京阪バスで13分 山科駅から京阪バスで15分
演目は当日のお楽しみ 二豆 米二・二席
前売・予約¥1,500 当日¥2,000 小中学生¥500
問&予 遊ぼう家 山田 TEL 090-4406-7117
または桂米二予約センター TEL 080-5338-7331(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 新しく山科で始まる落語会は、大石神社の近くで、
 先日から無料になった稲荷山トンネルを抜けたところです。
 ここは私の生誕の地、北花山に大変近いところなんです。
 この会も長く続きますように。
西野山公会堂地図

画像


大石神社は忠臣蔵の大石内蔵助に所縁がある神社です。ですから、チラシのデザインも赤穂浪士になりました。可愛いでしょ?


さて、月末はうめきたです。うめきたって、いつ出来た言葉なんでしょ? ググったらすぐ出てきました。2011年に公募で決まったんですって。

とにかく大阪駅から近い。今回の「うめきた落語会」はメンバーが凄い。「若手噺家グランプリ」で見事優勝したばっかりの桂雀太君。頼んだ時はまだグランプリを
取ってませんでしたが。そしてスタンダップコメディ……つまり漫談のナオユキさん。玄人受けする人で、噺家にも人気があります。

  ☆7月31日(水) 18:30 ~ (開場 18:00)
第7回グランフロント大阪・うめきた落語会/(G)うめきたSHIPホール(椅子席)
 JR大阪駅北・グランフロント大阪うめきた広場
 〒530-0011 (G)大阪府大阪市北区大深町4-1
「桃太郎」團治郎 「蛇含草」生寿 「天狗裁き」雀太
「漫談」ナオユキ 「算段の平兵衛」米二 糸:律子
前売・予約¥3,000 当日¥3,500 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥1,000
主催:うめきた落語会実行委員会 協力:GG倶楽部
特別協力:グランフロント大阪TMO
問&予:事務局 TEL 090-3865-5106(高橋・留守電の場合有)
または桂米二予約センター TEL 080-5338-7331(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 グランフロント大阪南館の西側に隣接するうめきたSHIPホールでの落語会。
 JR大阪駅の北側、南北連絡橋の階段を下りて、うめきた広場の西北側にある建物です。
 JR大阪駅から一番近い落語会です。たぶん。
 今回はめでたく笑点にも出演したナオユキさんに出てもらいます。
 ナオユキさん、我々、噺家の間でも人気者なんです。
 中トリは若手実力派の桂雀太さんにたっぷりやってもらいます。
 午後5時から入口で入場整理券を配布、その番号順に入場となります。
グランフロント大阪

うめきたSHIPホール

うめきたSHIPホール地図

画像


ご予約お待ちしております!!

神戸新開地で泊まりますか?

神戸新開地・喜楽館ができて1年が経ちました。私は遠い(往復約4時間)のと還暦過ぎ(61歳10ヶ月)ということもあって、1週間単位ではなくて、スポット的に出演させてもらってます。

今までに昼席2日連続はありましたが、こんな2日連続は初めてです。1日目が夜席、2日目が昼席。新開地で泊まったほうがいいですか?

でもねえ、泊まってもホテルのチェックアウトは午前10時でしょ? 喜楽館は12時半頃まで楽屋に入れないと思います。泊まろうかな? 帰ろうかな?

2019-07-19 兵庫区民寄席.jpg
2019-07-20 喜楽館昼席.jpg

昭和32年生まれの落語会

DSC_0893 丁酉の会鼎談 by安平氏 0716.JPG

同い年というだけなのに、この安心感はなんなんでしょ? という訳で、昨日の「丁酉(ひのととり)の会=昭和32年生まれの三人会」もすさまじく楽しい会になりました。楽しんでたのは出演者だけかもしれませんが……。

鼎談(ていだん=3人でしゃべるトーク)のテーマは枝鶴兄の発案で「選挙」になりました。参議院と思いきや、会長選挙の話になり、40年前の会長選挙で私だけが知っている秘話までが飛び出して、大いに盛り上がりました。あ、ここで言う会長は上方落語協会会長のことです。ああ、昨日のお客さん、あのことは他言無用でお願いします。

会長選挙……うちの師匠、桂米朝は人間国宝になり、文化勲章までいただいた人なのに、上方落語協会会長だけはなってないのですよ。

で、トリは私の「住吉駕籠」。今年の上半期のベスト3に入るのとちゃう? あ、もう下半期ですな。じゃ、今年のベスト5。それぐらい気持ち良くしゃべらせてもらいました。そして帰ってからも興奮状態はまだ続いていて、なかなか寝付けなかったのでありました。

お囃子の勝ちゃんも少し下の同世代です。

DSC_0895 丁酉の会打上會元樓 丁酉+勝.JPG