東山区? 下京区?

昨日は亀岡の本梅小学校から動楽亭昼席への掛け持ちでした。12時15分に子ども達の落語指導が終わって、いつもなら給食をいただくのに、急ぐからと給食を辞退して12時半に飛び出したら、1時半に動楽亭へ着いてしまいました。車で1時間。いつもより早い楽屋入りでした。給食食べたらよかった……。

昨日の動楽亭昼席の番組はこうでした。

「ガマの油」小鯛
「京の茶漬」ちょうば
「寄合酒」団朝
「遊山船」よね吉
 仲入り
「時うどん」米二
「骨つり」宗助

何か気がつきませんか? 6人のうち4人が京都市出身なんですよ。ちょうば、団朝、よね吉、米二のこの4人。他に米朝一門で京都市出身は、塩鯛、米紫が居るので、全部で6人ですな。

まず、ちょうば君が出るなり「今日は京男が4人出ております。私は左京区です」なんて言うから、私も気がついたんです。次に団朝君が、

「京都と言うても米二兄さんは山科ですからね。私は下京区です」

ほうら、山科を馬鹿にした。ま、塩鯛君(中京区出身)もよく言うてます。「米二君は山科出身。私は洛中です」みたいなことを。言われ慣れてるけど、後輩の団朝に言われると、少しはムッとしますがな。

次に上がったよね吉君も京都のことをゴジャゴジャ言うてました。いちいち覚えてへんけど。仲入りを挟んで私ですが、もう京都に触れない訳にいきません。

「今日ほど山科に生まれたことを悔やんだことはございません。親を恨みます」

めっちゃ受けましたがな。ええ「つかみ」になりました。「つかみ」というのは芸人用語で、観客をひきつけるための最初のギャグ……というような意味です。次から説明しないので覚えといてね。

みんな京都出身、京都出身て言うてますが、今はみんな大阪に住んでますがな。今も京都に住んでるのは私と米紫君だけなんですよ。うちの弟子の二乗も京都には住んでますが、出身は三重県四日市です。とても京男とは言えません。よね吉君はひょっとしたら住んでるのかもしれません。でも彼は住所不定ですから。……ギャグですよ。ちょいちょい本気にする人が居るので念のため。

しかしなんですね。京男が続いて4人出て、みんながそれぞれの立場で京都のことを言うだけで、お客さんは爆笑しました。京都はいろんな意味で偉大なところなのでしょう。でも京都は生まれた地域によって歴然と格差がありますからねえ。口には出さなくても思ってる人は一杯居ます。口に出す人があんなに多いのですから。

京都は上京区、中京区、下京区が洛中で、そこだけが本当の京都なんだそうです。私が住んでる東山区は鴨川を渡りますから、洛外なんです。ところが……なんです。この間、発見したんです。こんなものを。

DSC_3996 堀池町は元下京区 T.JPG

これはうちの町内に掛かっている古い古い住居表示ですが、よく見てください。「下京區」としてあります。ここは「東山区」なのに「下京区」になっているのです。どういうこっちゃ?

これは調べんといかん。ググってみました。ウィキペディアにちゃんと載ってました。偉大です。ウィキは。寄付してもええかな? 300円ぐらいなら。

明治22年(1889)に京都市が発足して、まず上京区と下京区ができたそうです。そして昭和4年(1929)に上京区と下京区から、左京区と中京区と東山区が分区となったんです。つまり明治、大正、昭和の初年まで、ここは下京区やったんですね。……べつにそんなこと嬉しくないけど。……ほんまに嬉しくない。

私、子どもの頃もこの近所(左京区でした)に住んでて、今の家に住んで22年になりますが、知らなんだ。この住居表示も何回も見てるはずやのに、気がついてなかった。ボーっと生きてんじゃねーよ!

そうそう、今日も動楽亭昼席です。よろしく!

2019-09-07 動楽亭昼席裏 L.jpg
0

この記事へのコメント