落語会にサーモグラフィー

開催できるのか? やきもきしましたが「上方落語勉強会」は予定通り開催されます。今のところ……。

「万全を期するために消毒用アルコールとサーモグラフィーを用意しております」

と会館からお知らせがありました。

「何、サーモグラフィー?」

名前ぐらいは聞いたことあります。たしか画面を見たら色の違いで温度が分かる機械ですよね? 要するに体に触れない体温計。そんなもんを落語会に用意するんですか……。

というので、見に行ってきました。はい、暇はありますから。ジャジャーン!

IMG_0585 サーモグラフィー アンドロイド接続 FLIR.JPG

これはスマホに繋いでアプリで計るそうです。へえーっ。

ところが、会館のスタッフが持ってるスマホには繋げないそうです。iPhoneとはコネクターの形が違います。聞いたらUSBのType-Cやそうです。他の形からType-Cに変換するブツはあっても、その逆はなかなかないそうです。つまり誰もこの機械に繋げないんですよ。宝の持ち腐れ。

ところが、私のスマホ、XPERIAがその形なんです。ピッタリはまりました。もうバッチリ。私のスマホで計測することになるかもしれません。

「ほなら、せっかくやから、もらって帰るわ」

と言うたら、全員に止められました。誰も使えないのなら、私がもらって使わないとなんにもならんのに。ケチーッ。

帰ってネットで調べたら、これ5万円もするのね。くれへんはずですわ。

たぶん明後日は楽屋でせんどこのサーモグラフィーで遊んでから、お客様をお迎えすることになりそうです。でもこれで体温が高いと分かったら、入場できないかもしれないですね。私がはじかれたら、どないしょ?

2020-03-26 257 上方落語勉強会 L.jpg