7日間ブックカバーチャレンジ五日目

IMG_0652 ブックカバーチャレンジ 圓生全集 寄席楽屋帳.JPG

#bookcoverchallenge

笑福亭鶴志兄さんが亡くなりました。車を運転している時に枝鶴兄さんから電話がかかってきて、亡くなったというお知らせ。たぶん車がふらついたと思います。それだけで済んだけど、今の時期に交通事故なんか起こせませんからね。……あ、ハンズフリーですからご心配なく。ハンドル握ったままですよ。

数年前、繁昌亭昼席で一週間一緒で、打ち上げでしゃべったのが最後でした。その週は私のほうがトリで、中トリが鶴志兄さん。毎日酒の噺ばっかりで、「僕にも酒の噺やらせてください」とお願いしたら、笑いながら「わかった」と言うて、その日は三代目春團治師匠直伝の「代書屋」をやりはったんやなかったかな? 私は「かわり目」をやらせてもらいました。

64歳。私より二つ年上。早過ぎます。一緒に写ってる写真を探したんですが、見当たりません。また出てきたらアップしますね。合掌。

さて、7日間ブックカバーチャレンジ。遅れましたが、五日目です。ほんまやったら、もう終わってますが、まあよろしい。

落語本です。東京を代表して三遊亭圓生師匠に登場してもらいます。うちにあるのは「寄席楽屋帳」と「圓生全集」。

圓生師匠の本では自伝の「寄席育ち」が有名ですが、「寄席楽屋帳」はその続編とも言える内容で、昭和天皇の御前公演のことなども書かれています。「寄席育ち」も内弟子の頃、師匠に借りて読みました。あの頃が一番勉強熱心だったのは間違いない。

「圓生全集」は別巻も入れると8冊もあって、全部で162篇の落語がぎっしり詰まってます。

これ、どちらも頂き物です。「寄席楽屋帳」は内弟子の頃、うちの師匠からもらいました。なぜか二冊あったのです。そのうち一冊を頂いたという訳。内弟子が一人だったおかげですな。何人か居てたらつかみ合いの喧嘩になってます。

「圓生全集」は落語ファンの方から頂きました。これだけではなく「小さん全集」「五代目笑福亭松鶴集」とか他の落語の本も。「自分が持ってるより、あなたが持ってるほうがいい。これを役立ててください」とのメッセージ付きで。……辛いなあ、これは。何度もページは開いておりますが。

どちらも今はない青蛙房(せいあぼう)から出ています。「上方落語ノート」も青蛙房です。ここから落語や演劇関係の本はたくさん出ていますね。

昭和の名人と言えば、志ん生、文楽、圓生のお三方。私は圓生師匠だけ間に合いました。生の高座を何度も聴けました。楽屋で少しだけお話ができました。

高座の湯呑に白湯を容れたこともあります。あれはね、熱い熱いお湯を大きな湯呑に半分くらい容れるんですよ。ぬるくてはいけません。お弟子さんの生之助師に教えてもらいました。衣装も畳んで、楽屋でお手伝いをさせてもらいました。

その次にお会いした時に、「この間はありがとう」とご祝儀までいただきました。その金額は……また何かの機会にご紹介します。

圓生師匠はDVDもCDもたくさん出ています。私もたくさん持ってますので、最近は別テイクを探しております。初めてブックオフを利用しました。中古盤でもめっちゃ綺麗。2枚組で781円。すっごく得した気分。

#7日間ブックカバーチャレンジ
#読書

IMG_0069 ブックオフ CD決定盤三遊亭圓生ベスト.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント