定員半分・うめきた落語会10回記念

DSC_4320 上方落語勉強会客席 ソーシャルディスタンス.JPG

先日の「桂米二一門会@文芸」はおかげさまで大入り満員になりました。というても、いつもの半分の50名なんですけどね。

落語会ではできる限りの感染対策をしています。入口で検温、消毒を実施しています。客席では対面になりません。皆さん、お行儀良くマスクをしてはります。舞台と客席は2メートル空けてます。

履物までソーシャルディスタンス。たまたまかもしれんけど。

IMG_1033 靴もソーシャルディスタンス.JPG

終演後、帰宅して道具を片づけて、衣装を片づけて、それからお金の計算。皆さんからいただいた入場料の総額から経費を引きます。ギャラとか会場費とかチラシ代とか。全部の計算が終わって……。

「お金、残ってへんやん!」

現実を突きつけられました。定員半分というのはこういうことなんですね。

6月から落語会を少しずつ再開して、アクセル全開までには程遠いけど、ようやくここまで来ました。はじめは落語ができる喜びだけで満足していましたが、ここへきてガーンと一発食らった感じ。

それでも続けるしかありません。コロナはまた感染を広げてきましたが、落語会の感染対策は今まで以上にいたします。

明日は「うめきた落語会」の10回記念。今回は歌もあります。でも立ち上がって踊るタイプの歌ではありません。よそにはない笑える歌です。雀三郎兄さん、よろしく!!

2020-07-30 10 うめきた落語会 L.jpg

定員半分でもまだ少し入れます。ご予約お待ちしております。

デジタル広報委員会

2020-07-15 天満天神繁昌亭昼席 L.jpg

上方落語協会にデジタル広報委員会が設置されまして、笑福亭仁智会長から任命されまして桂米二が初代委員長に就任いたしました。

デジタル広報委員会は何をするか? 天満天神繁昌亭の客席にある大きな二つの時計を、アナログ時計からデジタル時計に替える……のではなくて、ま、いろんなことです。追々お知らせしていきましょう。

IMG_1181 繁昌亭大時計 S.jpg

今、一番の大きな課題は天満天神繁昌亭昼席のネット配信「オンライン繁昌亭」を広く世間に知らしめて視聴してもらうことであります。ほんまににまだ少ないんです。聞いてびっくりするくらい。

「オンライン繁昌亭」とは? 繁昌亭の昼席をライブ配信してその後、2日間何度でも観られて1,500円というもの。どう?

ただ最初の手続きが複雑なんです。これさえ乗り越えたらあとは簡単……だそうです。私も手続きのやり方知らんのです。私は買わなくてもいいので。

今日の天満天神繁昌亭昼席のトリで出演します。これが「オンライン繁昌亭」で配信されます。即、手続きよろしく。手続きだけでもいいです。後から観られますから。昼席は午後2時開演ですが、手続きは午後1時59分までにお願いします。時間が無くてごめんなさい。

2020-08-31 オンライン繁昌亭昼席公演 L.jpg

追記

先ほどから時間が延長されまして、今夜8時まで購入できることになりました。お仕事から帰ってきてからでも大丈夫です。これは今日からです。私が出ている時からです。さすがデジタル広報委員会委員長!!

丁酉の会

IMG_3146 鼎談 スタンバイ.JPG

このぬるま湯感はなんとも言えませんねえ。同い年のおじんの会はお客様より噺家のほうが楽しんでいます。

願わくばもっとお客様が増えたら……。来年は3人で192歳。頑張ります。

IMG_3142 丁酉 梅團治米二枝鶴 鼎談.JPG

久しぶりに「パーソナル情報」をつくりました

20200712 パーソナル・プリント L.jpg

桂米二の落語会で配布している「桂米二パーソナル情報」。A4の紙1枚に情報をいかに多く、いかに親切に、いかに分かりやすく詰め込むかを考えたら、こんな読みにくいものになってしまいます。

でも久しぶりにフルバージョンをつくれて自己満足。今夜の「丁酉の会」で配布します。でもこれをつくるのにまる1日かかるなんて、ほんま仕事が遅いわ。でも急いだら絶対にミスがあるから。

チラシ付きのもっと詳しい落語会情報はこちら。
米二ドットコム落語会情報

3人で189歳

丁酉の会 繁昌亭舞台 by枝鶴 20180711 E.jpg

還暦を過ぎてから同い年が3人寄りました。昭和32年、丁酉(ひのととり)年生まれの3人。お互いに同い年なのは知ってましたが、仲良しとは言えない仲でした。それは何故か?

同い年でもキャリアに差がある先輩後輩の間柄だからです。笑福亭枝鶴、高校在学中の昭和50年1月入門。桂米二、高校卒業後の昭和51年11月入門。桂梅團治、大学卒業後の昭和55年4月入門。ね、微妙でしょ。

少しでも先輩は兄さんという世界ですから。堅気の世界なら大卒が一番大きな顔してはりますけど、我々の世界は若くて早く入門したほうが勝ちです。

でも還暦を過ぎ、芸歴40年を超えて気がつきました。そんなん、どうでもええやん。同い年は言わなくても通じる部分があるから、仲良くしようや、てなことになった訳です。枝鶴兄さんからこんなことを言われました。

「米二、俺にはため口でしゃべれ」

辛いですねえ、これは。私、以前からちょいちょいため口でしゃべってましたから。……うかっとですけど。

DSC_0893 丁酉の会鼎談 by安平氏 0716 E.JPG

みんなが元気なうちに、と始めたのが「丁酉の会」です。今年3回目で、3人合わせて189歳という大変元気な会です。

  ☆7月12日(日) 18:00 ~ (開場 17:30)
第3回丁酉(ひのととり)の会~枝鶴・米二・梅團治三人会/天満天神繁昌亭(椅子席)
 Osaka Metro地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」7号出口・徒歩3分
「開口一番」二豆 「寄合酒」米二 「遊山船」枝鶴
「鼎談」枝鶴・米二・梅團治 「井戸の茶碗」梅團治 糸:正子
前売・予約¥2,500 当日¥3,000 102名限定 ◎チケット整理番号順に入場
TEL 06-6352-4874 天満天神繁昌亭窓口
問&予 TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCメール・Yahoo・Gmail等はこちら g-yan@yoneji.com
携帯メール(docomo・ezweb・softbank等)はこちら yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
★新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスク着用、検温、消毒、お名前、連絡先の確認等をお願いしています。

コロナ対策で席数を減らしてはいますが、まだ入れます。日曜日の夜、お暇でしょ? ご予約お待ちしております。

天満天神繁昌亭地図

2020-07-12 03 丁酉の会 L.jpg