囃子場の一大事

DSC_4428 こころ坂・楽々落語会 囃子場 ごきぶり後.JPG

昨日の「こころ坂・楽々落語会」でのこと。トリの演目は「けんげしゃ茶屋」で、ゲンの悪い嫌な旦那を、そこは桂米二の本領発揮で、楽しく楽しく演じておりました。サゲまであと少しという時、舞台袖の囃子場で異変が……。

音がするんです。ガタンゴトンという感じでもない。スーッという感じでもない。何かあったらしい。物が倒れたのか? 人が倒れたのか? もう気になって気になって……。

久しぶりの「けんげしゃ茶屋」ですから、頼りないところもあるんです。囃子場に気を取られて出てこない言葉がありました。そこはもうスルーして、あってもなかってもストーリーには差し支えないから、あとはすっ飛ばしてサゲまで。

「またしくじりよった」

ドンドンとサゲ囃子が入って、あとは抽選会。思わず袖に向かって言いましたよ。

「何があったのー?」

「大事件がありました」

と米輝君。でもそのあとのことは言うてくれないのです。ま、ええか。そのまま抽選会に進みました。これも済んでお開き。バレ太鼓がドロドロドロドロ……。

楽屋へ戻ってから、もう一ぺん聞いたら、

「ゴキブリが出たんです。それも上から飛び出してきたんです」

これはびっくりするやろねえ。ぞろぞろと這うて出たのならマシですが、いきなりゴキブリが飛んできたら、これは肝をつぶしますわ。米輝君は飛びのいて逃げて行ったそうです。お囃子の鏡ちゃんは三味線を抱えてるので逃げられず、固まってたそうです。雀喜君はその場に居なかった。

あの音は米輝が逃げた音やったんですね。あの大きい体で飛び出したら、音もしますわ。けどみんな、よく声を上げなかったねえ。これ塩鯛君なら「ギャーッ!」と叫んでたんと違う? わたしゃ、ゴキブリが出て、声を上げて逃げ回る彼を見たことがあります。

「で、そのゴキブリはどうなったの?」

「こちらの大将が素手で捕ってくれはりました」

主催の酒谷さんが手づかみで退治してくれはったんですと。男やねえ。しかも手が早い……というと誤解を招くか。とにかく一件落着。私はそのゴキブリを見ることもなかったという訳ですわ。

ご来場のお客様、何の音か分からず、もやもやしたままお帰りになりましたね。あれはゴキブリの仕業だったことをご報告いたします。これですっきりしたでしょ? でも客席でなくて良かったわ。客席へ出てたら、落語はメチャメチャになるところでした。

酒谷さん、退治していただいてありがとうございます。でもこれから酒谷さんとの握手は遠慮しときますね。普段からせえへんけど。

ついでに「うめきた落語会」の宣伝です。落語がどれだけ芝居や浄瑠璃のお世話になってるか? お越しになると少し理解してもらえるような番組です。ご予約よろしく!! ご予約の際は、時節柄、お電話番号もお知らせください。

2020-12-02 11 うめきた落語会 L.jpg

学校給食・亀岡市立本梅小学校編

2020-11-27 58 こころ坂・楽々落語会 L.jpg

コロナ禍で実施が危ぶまれた今年度の「文化を未来に伝える次世代育み事業」ですが、今のところ昨年度と同じ2校、亀岡の本梅(ほんめ)小学校と笠置小学校でやらせてもらっています。こんな大層なタイトルがついてると何かいな、と思うのですが、要するに、小学生に落語を教えているのです。

何度も言いますが、子ども達に落語をやってもらうと本当に面白い。みんな個性がこんなにあるんやから、あまり型にはめてしまうのは良くないと切に思います。

小学校へ行くといつも給食をいただきます。低予算でこれだけのものができるのですから、つくってくださる人の努力は大変なものでしょう。

では紹介していきます。今回は亀岡市立本梅小学校編。

10月8日(木)
週に1回のコッペパン。わたしらの頃の給食は全部パンでした。戦争負けたからね。ABCスープとウインナーカクテルソース和え。なぜか子ども達に人気のアルファベットのパスタが入ったスープ。この写真ではみんな沈んでて「B」しかわかりません。カクテルソースとウインナーは相性パッチリ!

DSC_4394 本梅小給食 ABCソース ウィンナーカクテルソース和え コッペパン E.JPG

10月27日(火)
赤だしと秋の香りご飯。赤だしは具がたっぷり。秋の香りとはなんぞや? いろんなきのこが入ってました。それにしてもご飯が山盛り。子ども達の手前、残す訳にはいきません。ちょっと苦しめの満腹。

IMG_3305 本梅小給食 赤だし 秋の香りご飯 E.JPG

11月10日(火)
豚肉のごま和えと豆腐のすまし汁。個体差はありますねえ。たまたまですが「豆腐」の存在感のないすまし汁でした。でもご飯は大盛り。

IMG_2871 本梅小給食 豚肉ごま炒め 豆腐のすまし汁 E.JPG

11月24日(火)
筑前煮と麩のすまし汁。これも「豆腐」の時と似ていて「麩」の存在感が……。筑前煮は大きな鶏肉がゴロゴロしてました。それにしてもなんで赤飯なの? 私は新嘗祭と関係があると睨みましたが、その通りでした。11月23日は赤飯の日なんですと。祝日なので翌日になった訳。

IMG_3328 本梅小給食 筑前煮 麩のすまし汁 赤飯 E.JPG

さて今夜は「こころ坂・楽々落語会@集酉楽サカタニ」。七条京阪からすぐのファミリーマートの2階です。「ブログを見た」のあなたの一言で予約料金です。当日料金より500円安いので是非ご利用ください。時節柄、お名前と電話番号の申告をお忘れなく。

桂吉朝命日

110-1042_IMG吉朝とお紺.JPG

桂米朝誕生日の2日後の11月8日は桂吉朝兄さんの命日。15年前に亡くなりました。51歳になる直前に。

朝から某A新聞の某記者から電話があり、こんなことを言われました。

「吉朝さんが亡くなったそうで」

危篤なのは知ってましたが、そんなことは初耳です。

「それは知りません。聞いてないです」

「いいえ、亡くなってるはずです。なんで隠すんですか?」

「隠すにもなんにも、私はほんまに知りません」

「そんなことはないはずです」

「知りません」

これの繰り返し。本当にまだ聞いてなかったんですから。もう腹が立ってきて、電話を一方的に切りました。それから1時間以上経って、米朝事務所から「亡くなった」と電話がありました。

その記者がなんで知ったのか? 米朝事務所からの知らせがなんで遅れたのか? いまだに謎であります。

マスコミへの不信はまだあります。今から5年前の3月19日、うちの師匠が亡くなった時です。あっという間に知り合いの新聞記者から電話が入りました。携帯が鳴りっぱなし。出ませんでした。だってもうすぐ正式に米朝事務所から発表があるのですから。

あれは病院にスパイが居たのに違いないと睨んでます。病院のスタッフに「何かあったら教えて」と鼻薬をきかせていたに違いありません。

人が死んだことを報道するのが一刻を争いますか? 師匠が死んだ悲しみより、何かやるせない思いが先に立ちました。

吉朝兄さんの秘蔵の写真があります。サンケイホールでの「怪談市川堤」のリハーサルの時の写真。幽霊は藤間流の藤間紫雀師匠です。うちの師匠の時も幽霊をしてはりましたね。それにしても私、よくこんな写真を撮ってました。初公開。

2020-11-14 08 米二・染二ふたり会 L.jpg

今週末の11月14日は私の入門記念日。この日は毎年「米二・染二ふたり会」です。只今「金明竹」ネタ下ろしで苦しんでおります。まだ余裕がございます。ご予約お待ちしております。

11月6日は桂米朝の誕生日

IMG_0701 米朝誕生日 可朝 ざこば.JPG

昨日、11月6日はうちの師匠、桂米朝の誕生日でした。今週、神戸新開地・喜楽館は「米朝ウイーク」で、マクラでもうちの師匠のことをしゃべらせてもらいました。

10年前のこんな写真を見つけました。デジカメの写真はちゃんと撮影日まで記録されているので便利ですな。あれからもう10年かぁ。米朝、可朝、ざこばのお三方。生きてはるのはざこば兄さんだけですが。

みんなが集まる時でも滅多に来ることのなかった月亭可朝師。ざこば兄さんが「今日は師匠の誕生日でっせ」と電話しはったら、すぐに飛んで来はりました。フットワーク軽いやん。

師匠が亡くなってからも11月6日はみんなが集まって誕生日祝いと称して集まってわいわい言うてました。今年はなかったけど。コロナの影響かな?

ここしばらく、毎日どこかの寄席へ出演しています。明日は天満天神繁昌亭昼席、明後日は動楽亭昼席へ出ているので、ちょっとお知らせしときます。

2020-11-08 天満天神繁昌亭昼席 L.jpg
2020-11-09 動楽亭昼席表 L.jpg
2020-11-09 動楽亭昼席裏 L.jpg