桂吉朝命日

110-1042_IMG吉朝とお紺.JPG

桂米朝誕生日の2日後の11月8日は桂吉朝兄さんの命日。15年前に亡くなりました。51歳になる直前に。

朝から某A新聞の某記者から電話があり、こんなことを言われました。

「吉朝さんが亡くなったそうで」

危篤なのは知ってましたが、そんなことは初耳です。

「それは知りません。聞いてないです」

「いいえ、亡くなってるはずです。なんで隠すんですか?」

「隠すにもなんにも、私はほんまに知りません」

「そんなことはないはずです」

「知りません」

これの繰り返し。本当にまだ聞いてなかったんですから。もう腹が立ってきて、電話を一方的に切りました。それから1時間以上経って、米朝事務所から「亡くなった」と電話がありました。

その記者がなんで知ったのか? 米朝事務所からの知らせがなんで遅れたのか? いまだに謎であります。

マスコミへの不信はまだあります。今から5年前の3月19日、うちの師匠が亡くなった時です。あっという間に知り合いの新聞記者から電話が入りました。携帯が鳴りっぱなし。出ませんでした。だってもうすぐ正式に米朝事務所から発表があるのですから。

あれは病院にスパイが居たのに違いないと睨んでます。病院のスタッフに「何かあったら教えて」と鼻薬をきかせていたに違いありません。

人が死んだことを報道するのが一刻を争いますか? 師匠が死んだ悲しみより、何かやるせない思いが先に立ちました。

吉朝兄さんの秘蔵の写真があります。サンケイホールでの「怪談市川堤」のリハーサルの時の写真。幽霊は藤間流の藤間紫雀師匠です。うちの師匠の時も幽霊をしてはりましたね。それにしても私、よくこんな写真を撮ってました。初公開。

2020-11-14 08 米二・染二ふたり会 L.jpg

今週末の11月14日は私の入門記念日。この日は毎年「米二・染二ふたり会」です。只今「金明竹」ネタ下ろしで苦しんでおります。まだ余裕がございます。ご予約お待ちしております。

11月6日は桂米朝の誕生日

IMG_0701 米朝誕生日 可朝 ざこば.JPG

昨日、11月6日はうちの師匠、桂米朝の誕生日でした。今週、神戸新開地・喜楽館は「米朝ウイーク」で、マクラでもうちの師匠のことをしゃべらせてもらいました。

10年前のこんな写真を見つけました。デジカメの写真はちゃんと撮影日まで記録されているので便利ですな。あれからもう10年かぁ。米朝、可朝、ざこばのお三方。生きてはるのはざこば兄さんだけですが。

みんなが集まる時でも滅多に来ることのなかった月亭可朝師。ざこば兄さんが「今日は師匠の誕生日でっせ」と電話しはったら、すぐに飛んで来はりました。フットワーク軽いやん。

師匠が亡くなってからも11月6日はみんなが集まって誕生日祝いと称して集まってわいわい言うてました。今年はなかったけど。コロナの影響かな?

ここしばらく、毎日どこかの寄席へ出演しています。明日は天満天神繁昌亭昼席、明後日は動楽亭昼席へ出ているので、ちょっとお知らせしときます。

2020-11-08 天満天神繁昌亭昼席 L.jpg
2020-11-09 動楽亭昼席表 L.jpg
2020-11-09 動楽亭昼席裏 L.jpg