尼崎落研選手権

開催があやぶまれましたが、「第6回尼崎落研選手権」が例年通り、近松記念館で開催されました。昨日でした。全国の大学の落語研究会から10校のエントリーがあって、今年は沖縄の琉球大学からも参加(交通費自腹)してくれることになっていましたが、コロナ禍の影響で半分の5校出場になりました。中には大学側の許可が出なかったところもあったそうです。

1校は当日のドタキャンで開演時刻ギリギリに不参加の連絡がありました。これはコロナではなくて、寝過ごしたという憶測も流れておりますが……。

前半3校、後半2校、各大学落研の看板を背負って一席ずつ披露してくれました。聴いていて、正直「ええかいな?」と思う演者もありましたが、後半は大いに盛り上がりました。大賞を取ったのは国際基督教大学の境家一八四(さかいやいやよ)さんの「紙入れ」でした。いやよ、なんて名前なので女性かと思ったら男性でした。その間男をするおかみさんが妙に艶っぽいのです。審査の講評の時、思わず訊いてしまいました。

「あなた、間男の経験があるでしょ?」

もちろん否定されましたが、聞いたら1年生で19歳だそうです。これにはびっくりしましたね。小学校の時から落語をやってるそうです。小学校で間男の噺はやってないと思いますが……。

3592 尼崎落研選手権表彰.jpg

素人さんの落語を聴くと勉強になります。いろんなことに気づいて、ここはこうやるべきと思うが、自分はできてるかしら? なんて反省までしてしまいます。上下(かみしも)の振り方、目の使い方などができてない人も居て、落語って難しいんや……と思うことも。

右向いたり、左向いたり……これが上下です。これがビシッと決まらないと人物の描き分けができません。今、どこを見ているかというのも大事です。目線だけで笑いにつながることもあります。素人さんはこれができてないことが多い。それが大賞を取った19歳にはちゃんとできていたのです。大したものですわ。

審査員特別賞は例年二人(つまり2位と3位)なのですが、今年はエントリーが少ないので一人だけ。受賞者の副賞は地元尼崎産の麦チョコ1年分。運ぶのが大変な大きい袋です。今回は審査員特別賞が一人になったので、麦チョコが1年分余りました。関係者で分けることになって、私、初めていただきました。半月分ほど。写真はその一部です。

IMG_2883 麦チョコ 尼崎落研選手権景品.JPG

審査員というのは非情な決断を下すこともあり、しんどいこともあるのですが、結局は毎回楽しんでおります。尼崎にはもう一つ「新人お笑い尼崎大賞」というのもありまして、こちらも私、審査員です。この出場者は社会人が多く、キャリアは私より古いのでは? なんて人も出てこられます。2月6日(土)が決勝です。

さて、年内の落語会が数少なくなってきました。12日(土)の「五右衛門の会」は102席完売しましたが、オンライン配信をいたします。例によって購入方法が難しいと思いますが、こちらからどうぞ。
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2030044&rlsCd=001

2020-12-12 09 五右衛門の会 L.jpg

また次の日の13日(日)の昼席もオンライン配信があります。桂米二、出演しております。昼席を毎日オンラインで配信するのは年内で終了します。来年からは週に2回の配信になる予定です。番組も日替わりから週替わりに戻ります。今の形での昼席、生でも配信でもどうぞよろしく。

この中から12月13日(日)を選んでください。
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2030139&rlsCd=001

2020-12-13 天満天神繁昌亭昼席 L.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント