柳家紫文師

8_IMG_0032 柳家紫文 かねよ寄席.JPG

ふらっと東京の寄席、新宿末廣亭へ寄ってみた。もうずいぶん前で何年前になるか覚えてないが、予約していた帰りの新幹線までだいぶ時間があったので、寄席を覗いてみることにしたのだ。

出演者に個人的なお付き合いがある人が居ないことを確認して、木戸銭を払って客席で観た。平日の昼間、閑散とした客席だったが、これが昔からの寄席の雰囲気なんや、と納得しながら。

その日、客席を大いに沸かせたのが、川柳川柳師と柳家紫文師。一番つまらなかったのが△△師。それは置いといて……。

川柳師は古典とも言える「ガーコン」。紫文師は「粋曲」と題して、要するに三味線漫談。面白かった。楽しませてもらった。そのお二人が、今月、続け様に亡くなった。誠に残念。ことに紫文師は私と同い年。

川柳師とは面識がなかったが、紫文師とはその後、親しくなって私が世話人の会にも出てもらった。天満天神繁昌亭昼席に1週間出られる時は必ず連絡があって、「どこかの会に挟んでくださいよ」と言うてこられた。それで「かねよ寄席」へは2回も出てもらってる。

ここ何年も連絡がなかった。どないしてはるのかな、とつい最近も思っていたら訃報が入った。同い年が亡くなるのは堪えます。合掌。

写真は2009年6月29日の「かねよ寄席」で。終演後、なぜか紫文師と私の撮影会みたいになった。この日も面白かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ちりとてちん
2021年11月26日 20:56
全日空寄席で聴いて、やっとの思いで末廣亭で聴くことが出来て・・・。

「粋」な空気を纏った芸人さんでしたねぇ。