次の日の物干しの屋根


2時間かけた作業が無駄になりました。穴が開いた物干しの屋根をレジャーシートで覆って、これで雨は大丈夫と思てたんですが……。

あっさりとはがれ落ちました。

画像


大変な作業でした。大きなレジャーシートを穴の大きさに合わせて折り畳んで、ガムテープで貼り付けたんです。レジャーシートも折り畳んだ内側に水が入らないように、折り目にもテープを丁寧に貼り付けたんですよ。物干しの手すりに乗って、下を見ないように、ベタベタとガムテープで貼り付けました。ひょっと落ちて死んだら、新聞記者はどない書くやろ……てなことを思いながら。

「還暦過ぎた噺家、物干しから転落死」
「京の噺家桂米二、本人の予言通り転落死」

私は屋根裏の階段からの転落死は、いつもマクラで予言してますが……。

それはともかく、あんなに手間をかけたのにたった1日で元の木阿弥。せめて……3日ぐらいは頑張ってもらいたかった。はい、私の目標はいつも低めなんです。

忙しい大工さんが優しい人で、来週早々に波板を張り替えてくれはることになりました。それで肝心の保険ですが、どうやら状況は厳しいようです。今、私が一番嫌いな言葉はこれです。免責。

でもまあ、もっともっと大きな災害に遭った方もたくさんあるのですから、これぐらいで済んで良かったと思わなければ……。そんな訳で、仕事ください。

今週は小学校ウィークでもありました。5日に笠置小学校、7日に亀岡の本梅小学校へ行ってきました。亀岡は停電で大変やったそうです。

それではお待ちかねの本梅小学校の給食です。豚肉とキャベツの生姜炒め、五目卵焼きにすまし汁。

画像

まだ被害がございました

今年は災害が多いですね。また地震ですか。地球が悲鳴を上げてるのかもしれません。

さて4日の台風21号ですが、我が家にももう少し大きな被害があったことが判明しました。場所は2階の物干し。屋根の波板が飛んでたのです。下ばっかり見てたから気がつかなんだんですな。上を見てあんぐりですわ。穴が開いて青空が「こんにちは」言うてますねん。

画像
画像


この波板が割れて落ちそうになってました。これは危ないから下へ置いてから撮影。

画像


他に浮いている波板もあるので、全部張り替えないといけませんな。見積もりをお願いします。

とりあえずレジャーシートの大きなものがあったので、穴が開いたところを覆って、ガムテープで貼り付けました。すぐはがれるかもしれんけど。息子と二人で物干しの手すりの上へ乗って、落ちそうになりながら貼り付けました。怖かった……。

画像


なるべく早く直してもらいますが、これって保険は大丈夫?

台風一過で我が家は……

台風一過。でもまだ北海道の近くでうろうろしてるのですね。今日の京都は暑くなりそうです。

うちの近所でも被害があったようで、大きなトタン屋根が白川に落ちているそうです。柳も折れたとか。お見舞い申し上げます。

一つ前の台風20号も近畿地方を通過しましたが、その時は私、東京で飲んでたんで知らんのです。帰ってきた時、家族の目が冷たく刺さってきたので気がついた次第です。

今度の台風21号は動楽亭昼席が公演中止になったので、家に居ました。周囲を見守る(たまに)こともできました。今朝になって気づいたところをご紹介しましょう。

前の門(こういう折り畳み式のものって本当はどう呼ぶんでしょ?)が曲がりました。はじめから折り畳んでおけばよかったのですが、油断しました。もっといがんでたのを元に戻したのがこれです。

画像


冬用タイヤが動いてました。タイヤは重いから安心してたんですが、ずれてるんです。右に傾いてたのが、一つは左に傾いてる。トラックを横倒しにする風ですから、タイヤぐらいなんでもないのでしょう。

画像


これで済んだのですから文句は言えません。被害の大きいところには申し訳ない。関空の橋もびっくりしたし、車が宙に舞うように大量にひっくり返ったり、火事になったり……。停電も大変でしたね。

さあ、世間の小学校では二学期が始まってます。今週からまた笠置小学校、本梅小学校へと続けて行きます。みんな大丈夫やったかな? 落語の台詞は覚えたかな? 厳しく指導しまっせ。では笠置へ行ってきます。

新開地グルメ

画像


神戸新開地に喜楽館が誕生して1ヶ月半ほどになりますが、私は昨日までに4回半出演いたしました。半というのは落語の出番ではなくて大喜利だけ、というのはお分かりですね? ……分からへんか。

でもそうなんです。8月15日と16日の2日間、「豪雨災害チャリテイー落語会」が開かれましたが、私は16日に大喜利だけで出演しました。なおこの落語会で、上方落語協会から日本赤十字社を通じて、1,134,982円寄付いたしましたことを、ここに謹んでご報告いたします。

という訳で落語の出番はまだ4回。一昨日1日(土)、昨日2日(日)と出演してきましたが、誠によく笑ってくださる素晴らしいお客様でした。感謝!!

でも、京都東山から神戸新開地までは遠いのです。往復で4時間近くかかります。電車賃も高い。ほんと疲れます。それに新開地へ着いたらお腹が減るんです。でもどこで食べたらいいのかわかりません。

私の食べ物マイブームは担々麺、かつ丼と続きまして、今はチキン南蛮への移行期です。移行期というのは、チキン南蛮はまだ数回しか食べてないから。それに比べてかつ丼は平均してよく食べてますねえ。

見つけました。喜楽館の少し北にかつ丼の店がありました。三六八(さむや)新開地店というお店です。いろんな種類があるんですよ。3回行ったので、三つ写真をアップしておきます。

まず神戸あんかけかつ丼。とんかつに和風のあんがかかっています。

画像


続いてかつ丼。フツーに卵をからめたもの。

画像


最後はソースかつ丼。関西風のだしとソースが混ざっているそうです。

画像


他にもいろいろありましたが、全部制覇するには半年近くかかりそうです。今度、喜楽館昼席は10月末なので、その時の楽しみにしておきましょう。

昨日の終演後、枝鶴兄さんが誘ってくださって軽く打ち上げ。すぐ帰るつもりでしたが、何故か2軒目。八喜為(はきだめ)という面白い名前のお店でした。枝鶴兄さんの弟子の鶴太君はこれを「やたがらす」と読んだそうです。センス抜群やね。

ここで変わったメニューを見つけました。とり皮の串かつ。焼き鳥メニューにとり皮はあるのに、これは串かつ。気になるので注文しました。デカい!! 二度づけ禁止やけど、一ぺんではソースがつかないほど。味は良かったけど。

画像


まだまだ新開地は楽しめそうです。さあ皆さん、今度は一緒に行きませんか?

長島温泉「花火大競演」

去年に引き続き長島温泉まで「花火大競演」を観に行ってきました。温泉には入ってへんけど。しかし、物好きですな。三重県まで花火を観に行くなんて。でもここなら犬連れで車で行っても花火を観られるんです。それに9月中旬までの土日はずっとやってます。

京都から長島温泉まで車で約2時間。去年は事故渋滞でえらい目に遭いました。花火に間に合わないかと思ったほど。今年は早めに出ました。まさか今年も事故渋滞なんてことはないやろうけど。花火が始まるのは午後8時です。

でも事故渋滞でした。ほんまかいな? 名神入ったら「事故渋滞5km」と出てました。2年連続やないの。もう堪忍してよ。「5km」がしばらく走ったら「13km」に変わってました。増えとるがな。

フーフー言いながら、それでもなんとか1時間ほど前には到着。夕食はアウトレットの中にあるフードコートで……と思たら大行列。とても花火が始まるまでに食べられそうにありません。別の少なそうなところに並びました。ここなら早く食べられることでしょう。パスタを注文しました。……まだかいな?

食べ終わったら7時55分。あと5分で始まるがな。それでもなんとか去年と同じポジションが確保ができたので、少しだけ「花火大競演」をどうぞ。



なんで大競演かというと、日によって花火師が違うそうです。毎日行っても別のバージョンの花火が観られるという訳ですな。……けど昨日のは去年のとよく似てました。

さて来年は? もうよろしいわ。大渋滞に大行列。人人人……。たぶん行かないと思いますよ。

一つなぞかけを。花火とかけまして、春團治一門と解く。その心は、はなびしの腕の競い合いです。

施餓鬼寄席とこころ坂・楽々落語会

台風20号は日本海を北上中ですか。昨日、京都から東京へ向かう新幹線の中で、東へ来るほど雲が少なくなっているな、と思っておりました。

「嵐を呼ぶ男」から「嵐から逃げる男」に改名しようかと思っております。

今夜は埼玉県鴻巣市の法要寺さんでの「納涼施餓鬼(せがき)寄席」です。施餓鬼とは辞書で調べると、餓鬼道に堕ちて飢餓に苦しむ亡者(餓鬼)に飲食物を施すことだそうです。法要寺さんで行われるその施餓鬼会の法要に落語が付いてくるという訳ですね。落語会は入場無料でございます。

  8月24日(金) 18:30 ~
第31回納涼施餓鬼寄席/慈雲山医王院 法要寺・地下ホール(椅子席有)
 〒365-0038 埼玉県鴻巣市本町2-4-42  (G)法要寺
 JR高崎線「鴻巣」東口・東へ徒歩5分
演目当日 優々 「マジック」松旭斎天蝶 米二・二席
入場無料  問:TEL 048-541-0572 法要寺
 主に檀家さん対象の落語会ですが、どなたでもお入りいただけます。
 米二は2003年に一度、ここで一席しゃべらせてもらいました。15年ぶり。
 入場無料ですが、被災者支援の寄付金をお願いしております。
法要寺地図

画像

画像


そして明日、午前中の新幹線で帰って、夜は「こころ坂・楽々落語会」です。50回目を迎えました。ここのホールは落語にちょうど良い会場です。あっちこっちでしゃべらせてもらいますが、しゃべりやすさでは間違いなくベスト5に入ります。ただ天井が近いので、下手するとゴツンと頭を打ってしまいます。今までに頭を打ったのは、桂出丸君と笑福亭鶴瓶兄さん。鶴瓶兄さんはわざとでしたが……。背がやたら高い出丸君、痛かったやろなあ。

  ☆8月25日(土) 18:00 ~ (開場 17:30)
第50回記念こころ坂・楽々落語会/集酉楽Syu-Yu-Raku・サカタニ(椅子席)
 京阪「七条」川端七条東入南側・ファミリーマート2F
 (G)ファミリーマートサカタニ京阪七条店
「いらち俥」弥っこ 「遊山船」米二 「断捨離ウォーズ」小春團治 「千両みかん」米二 糸:美希
前売・予約¥2,500 当日¥3,000 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥500 協力:京都女子大学落語研究会
問&予:サカタニ(月曜定休) TEL (G)075-561-7974 FAX 075-561-6710
PCからのメール info@sosake.jp
または桂米二予約センター TEL 080-5338-7331(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 2004年9月に始まった「こころ坂・楽々落語会」もいよいよ50回を迎えます。
 ゲストに桂小春團治さんをお願いしました。いつもと違って土曜日の午後6時開演です。
 この会も他の会と同じく、老後を考えて入場料を2,500円にさせていただきます
集酉楽 Syu-Yu-Raku サカタニ

サカタニ地図

画像


ご予約メールお待ちしております。予約しそびれた方は「ブログ(orフェイスブック orツイッター orインスタ)を見た」と言うてくれはったら、前売・予約料金にさせていただきます。来てくださいね~。

芸術鑑賞週間

夏枯れです。仕事は暇です。その代わり雑用が忙しい。でも雑用はすぐに先延ばしにしてしまいます。あきませんねえ、私の性格。

時間があったので、先週はいろいろと観に行きました。まず24日(火)の夜は、ミュージカル「シークレット・ガーデン」。会場は西宮の兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール。ここへ来るのは2回目。残念ながら出たことはないですねえ。

画像


主演は石丸幹二さんと花總まりさんでしたが、私の目当ては元劇団四季の笠松はるさん。彼女は大阪府吹田市出身で、ふだんは見事に綺麗な大阪弁。もう何年前になるかな? 知り合った頃にこんなことを言われました。

「私はキャッツと米朝師匠のCDを聴いて育ちました」

これで一ぺんにお友達になった訳でございます。

「シークレット・ガーデン」って何? と思たら「秘密の花園」なんですね。ああ、あれかと思たんです。うちに本があったから。小学生の頃に父が買うてくれた子ども向けの文学全集に入ってたんです。読んでないけど。あの全集の中には、今となったら読んどいたらよかったと思うものがたくさんありましたねえ。

で、舞台は出演者の半分が幽霊……半分は言い過ぎですが、とにかく幽霊がよく出てくる。はるちゃんもそう。理解するのにちょっと時間がかかったけど、ほのぼのとしたなんともいいお芝居でした。歌も良かったし、子役(というても中学3年生)の上垣ひなたさんも素晴らしかった。

いつだったか、笠松はるちゃんに「陰ながら応援してるよ」とメッセージを送ったら、こんな返事が来ました。

「もっと前へ出て応援してもらってもいいですよ」

この返しは関西人ですなあ。私、今もこのフレーズ、パクって使わせてもらってます。

次の夜、25日(火)はガラッと変わって松竹大歌舞伎。大歌舞伎を「だいかぶき」と読んではいけません。「おおかぶき」です。以前、劇場で「だいかぶき」と大声で連呼してた人が居てましたねえ。胸倉つかんで「違うやろ!」と言うてやりたかった……。言わへんかったけど。

画像


会場はあましんアルカイックホール。米朝一門の勉強会をやっている尼崎市総合文化センターの中にあります。勉強会をやっている関係で招待していただきました。席に着いたら、隣は桂宗助君。ま、これぐらいのことはあるでしょう。でも彼と二人並んで何かを観るなんて、今まであったかな?

「人情噺文七元結」「八代目中村芝翫襲名披露口上」「棒しばり」の三本。時間配分が凄い。それぞれ80分、10分、40分ですが、最初の休憩が20分でしょ。そのあとの「口上」が10分で、すぐまた休憩が25分。回り舞台のない会場でバタバタしてるのかもしれんけど、長い休憩ですなあ。「25分休憩」のアナウンスで客席は溜息してましたよ。

「文七元結」は元々落語です。だからよく知ってます。ようやらんけど。歌舞伎でも私は二代目尾上松緑、十七代目中村勘三郎で観てます。落語と演出が少し違います。それはともかく面白かった。

けど改めて落語で聴きたくなりましたねえ。芝居にはない場面が落語にはあるから。幸いうちには圓生師匠と志ん朝師匠のDVDがあります。圓生師匠はなんとレーザーディスクまであります。私、圓生師匠の10枚組のレーザーディスクを持ってるのを自慢してたんやけどなあ。こんなん手に入らんやろうと。高かったしねえ。今は何の値打ちもない。

「棒しばり」はやったことがあります。狂言で。こう見えても(どう見えてるが知りませんが)茂山家で狂言を習ってましたから、会でやったことあるんです。だから、ところどころ覚えてます(ところどころかい!)。前半は狂言とほぼ一緒ですが、後半は歌舞伎舞踊はこうなるんですね、と納得。いやあ、勉強になりました。

一昨日の28日(土)夜は「ソング&ダンス 65」、大阪四季劇場です。本当は別の日に観に行こうと思てたんですが、うちの娘が「一緒に行く人が行けなくなった」と言うてきたので、代理で観に行ったんです。「島之内寄席」で「質屋蔵」を35分しゃべった後、出かけて行きました。

画像


これはミュージカル・ナンバーの玉手箱ですね。ミュージカルの曲をそのままやるのではなくて、それにダンスを組み合わせたり、楽器を持ってきたり、いろいろと趣向をして聴かせてくれます。楽しいのなんの。自分でも曲をよく知ってるなあ、と感心するぐらい。全部ではなかったけど。

終演後は出ていたお友達に面会に行って、飲みに行く約束をして……。ま、いろいろ。

一週間に三つ観に行きました。仕事は二つしかなかったのに。でも一杯収穫があったし、元気をもらいました。改めて落語頑張るぞ、と思た訳です。ですから……仕事ください。

写真は公演プログラム、チラシから拝借しました。

では最後に、SNSではお見せしましたが、あましんアルカイックホールのトイレをご覧に入れます。朝顔(とはちょっと形が違うか)が32も並んだ風景を。

画像