テーマ:カルチャー

乙夜(いつや)寄席

「乙夜」と書いて「いつや」と読みます。知らなんだ。乙は十干、甲乙丙丁の乙です。旧暦では夜を五つに分けた呼び方があって、乙夜はその二番目。今の時間でだいたい午後9時から11時頃までを指します。飽くまでもだいたいです。旧暦はご存じのように日の出日の入りを基準にしていますから、夏と冬では時間が大幅に違ったのですね。 その「乙夜」を寄席の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

桂高校落語鑑賞会

学校で生徒、児童に落語を聴いてもらうのは、いろんな意味でいいことだと思っております。映像世代の子ども達に、視覚に頼らずに自分で想像する世界を味わってもらうのですから。どうよ? 昔からいろんな学校で落語をやらせてもらっておりますが、すごく印象に残っているのは神戸の有名進学校、灘高校の落語鑑賞会。灘中学やったかな? ま、どっちでもよろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も笠置小学校

今年も昨日から始まりました。小学校での落語指導。もう7年目です。で、今年は……いいえ、今年も京都府の南の端、笠置小学校へ来ております。もう3年目。ここの小学校にとって落語はライフワークみたいなものらしいです。先生方の熱意が違います。落語会へ団体で来はりましたもんね。 去年までは4年生から6年生まで教えてました。というても全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異業種交流

作家の朝井まかてさんがゲストの「天神寄席」終わりました。朝井まかてファンの熱意を感じました。落語も気に入ってくれはりましたやろか。 前半から押して押して、予定時間を30分もオーバーして午後9時25分終演でした。繁昌亭は9時半までに撤収しないと会場費の超過料金を取られます。協会主催の場合はドガチャガかもしれんけど。 打ち上げも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とっておきの京都

本日です。パラボラさえあれば無料で視聴できるBS朝日で午後9時からです。2時間スペシャルで私は後半だそうです。つまり午後10時から。 北野天満宮から始まって、お馴染みの京極かねよで終わります。一日着物で歩いてたいへんでした。下駄も雪駄もすり減ったやろうなあ。 番組ホームページから無断転載。 今回は2時間スペ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バースデイライヴ「不定期落語会」

今夜の「不定期落語会@太融寺」のプログラムです。つまり手抜きブログです。「ブログを見た」で予約料金2,000円にさせていただきます。 ※□※■※□※■※□※■※□※■※□※■※□※■※□※ 本日は桂米二58歳バースデイライヴへようこそ。いや、別に普通の落語会なんですけどね。今年も去年同様本当の誕生日6日が土日で彦八ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

文化を未来に伝える次世代育み事業

今年も始まりました。文化を未来に伝える次世代育み事業「学校・アート・出会いプロジェクト」が……。 なんのこっちゃわからへん。前はもうちょっと簡単な名前がついてたと思います。だんだん訳のわからん名前になってきて……。要するに私が前から小学校へ落語を教えに行ってるあれです。今年で6年目かぁ。 そして今年から担当する小学校が二つに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネタがつく(メルマガ・アーカイブス)

≪ネタがつく≫ ~2012年4月30日付メルマガ巻頭エッセイより~ 落語会で時々ありますね。「あれ? このパターン、さっきも聴いたような気がする」ということが。同じ落語会で前に出た演目と後から出た演目がよく似ていることがあるのです。 もちろん演目を決める時、そんなことがないように番組を決めるのですが、そこは人間、うかっとする…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

反省会・動楽亭昼席・臨時停車・米二&九雀

昨日の「桂米朝落語研究会@安井金比羅会館」は出番がなかったこともあり、じっくりとみんなの落語を聴いて、反省会も充実したものとなりました。珉珉の餃子もあるし。雀三郎兄さんも参加してくれはったし。(餃子が先かい!) うちの師匠の反省会は、みんな正座してただただ師匠のご意見、お小言を聞く。たまにお褒めの言葉を頂戴するだけでしたが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

後輩へ稽古

昨日は稽古でした。つけてもらうのではなくて、つけるほう。つまり教えるほう。 以前はうちの家で稽古をしてましたが、今は事情が変わりまして家で稽古ができなくなりました。大きな顔をしたボックが居るから。 うるさいねん、こいつ。稽古でへんな声出すと。 そんな訳で、この頃はずっと上方落語協会会館の会議室を借りてやらせても…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

創元社「米朝落語全集」by京都新聞

昨日、1ヶ月半ぶりにメルマガを送信しました。ついでに言うと、携帯版メルマガもやっと復活できました。こっちは1年半ぶりですわ。 「落語会へ行ってへんから見捨てられたと思てた」なんてお返事をいただきましたが、私はそう簡単にお客様を見捨てたりしません。お客様のほうがよう見捨てはるやございませんか。メールはずっと送り続けます。お金かからん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

米二はん→米二さん(メルマガ・アーカイブス)

≪米二はん≫ ~2012年5月25日付メルマガ巻頭エッセイより~ 言葉は難しい。関西弁は難しい。つまり大阪弁は難しい。京都弁はもっと難しい。神戸弁はわかりません。江戸っ子はもっとわからん。 言葉が乱れてると言われて久しいですが、私のような古くて片意地な人間は言葉について気になることだらけ。「ら抜き」言葉も違和感+嫌悪感を感じ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

謙信はん→謙信さん

今日の新聞広告。「謙信はん」はあかんて。正しくは「謙信さん」。「ん」の後は「はん」と違うて「さん」が大阪弁なんです。 お茶の「伊右衛門はん」からおかしくなりましたねえ。今の人はなんとも思わんのかもしれんけど私は言い続ける。間違うてるで。 追記 文章が短いのでTwitterとFacebookだけアップしましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メルマガ「携帯電源オフ車両」の写真

本日、メルマガ最新版を送信しております。(現在進行形) ブログのように写真を見てもらいたいのですが、メルマガで写真添付は好ましくないと思うので、ここでご紹介します。 これが昨年まで走っていた阪急電車の携帯電源オフ車両です。ドアの横に大きく書いてましたね。一番先頭と最後尾の車両がそうでした。やっぱり評判が良くなかったで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小糸とチョコレート

16日(月)は年に2回の「京の噺家桂米二でございます@天満天神繁昌亭」でした。大勢のご来場ありがとうございました。やっぱり3年半ぶりの「立ち切れ線香」でどっと疲れました。腹が減ってたからかもしれんけど。 終演後、ええ年のおじさまが「落涙しました」と言うてくれはりました。以前はたしかに泣いてもらいたいという気でやってました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稽古

弟子や後輩につける稽古はともかくとして、自分自身の稽古を「これだけの時間をかけてしました」とはよう言わん性分です。なんか恥ずかしいやないですか。稽古したことを宣伝するのは。 それは私が内弟子の3年間、うちの師匠が稽古している姿を目撃したことがないことから来ているのかもしれません。「いつ稽古してはったんやろ?」と、今でも思うのです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハンズフリーで電話

知らんかった。ガラケーでも車のハンズフリーで電話できるんや。ちょっとガラケーを見直した。Bluetoothが付いてたんです。無料の機種でも。 桂米二予約センター(08053387331)は運転中でも電話に出られることになりました。なんぼでも予約&お問い合わせの電話してきてや。(ほんまはメールのほうがありがたいけど) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桂米朝と「たちぎれ線香」

新年おめでとうございます。本年も昨年同様よろしくお願いいたします。来てね。呼んでね。どこへでも行きまっせ。 さて復活したばかりのメルマガですが、昨日の大晦日も送信いたしました。メルマガご希望の方はなんらかの方法でメールアドレスをお知らせください。オフィシャル・ホームページ「米二ドットコム」のトップページの右上「お便り」からメールは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本日の公演プログラムと解説

昨日、1年と1ヶ月ぶりにメルマガを送信しました。今回お送りした方は、パソコンとスマートフォン(@i.softbank.jp @gmail.com @icloud.com)限定です。ガラケーの人、ごめんなさい。スマホでこれらのアドレスをお持ちの方、メールアドレスをお知らせいただいたら送らせてもらいます。 全部で2,813通の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「向う付け」と「かわり目」

いよいよ明日です。今年最後の東京の会、「京の噺家桂米二でございます@内幸町ホール」。   ☆12月25日(木) 19:00 ~ 第29回京の噺家桂米二でございます/千代田区立(G)内幸町ホール(椅子席)  JR「新橋」北へ徒歩5分 TEL (G)03-3500-5578 「七度狐」二葉 「黄金の大黒」雀五郎 「向う付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄筋彫刻

砂丘の写真の上に黒いペンでイラストが描いてある。この写真を見た時、最初はそう思いました。 でも違うんです。砂丘は写真に違いないけど大きいのです。いわば壁です。その砂丘の壁を背景に立っているのは、鉄筋、針金の太いもので作り上げた彫刻なんです。それも大きくて等身大の高さがあります。鉄筋彫刻と言うそうです。こんなアートは初めて拝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

丸岡へ行ってきました

先日、大太鼓のケースがボロボロになったので新しいのを注文したところ、サイズが違ってました。ケースが大き過ぎたんです。 昨日、笠置小学校の後、そのまま大阪の丸岡太鼓楽器店へ行ってきました。大太鼓のケースを一回り小さいのに交換するために。今度はキルトケースです。これから寒なるさかいね。……いや、ショックを吸収するためですわ。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敦賀落語の会ネタ帳

4日(土)に寄せてもらった「敦賀落語の会」の歴史の一端をご紹介しましょう。ネタ帳です。 昭和47年というと、もう今から……あかん、すっと計算でけへん。つまり1972年やから、今年が2014年で、ということは42年前ですな。やっと計算できた。 第1回が米朝で、第2回が松鶴。まあ贅沢な。それにこれは直筆ですよ。たぶん………
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

毎日新聞書評欄

おかげさまでこのところ毎日働かせていただいております。昨日なんか、掛け持ちまでさせていただいて、ありがたいやらしんどいやら。もうちょっと万遍なく仕事したい……なんて決して口に出して言わないことにいたしましょう。 さて、東京で取材を受けたのが新聞に載りましたので、ご紹介いたします。毎日新聞書評欄です。私がこんなコーナーに載る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠置とか和束とか加茂とか

昨日、二学期に入って2回目の笠置小学校落語指導でした。まず前回、報告を怠った給食からご紹介しましょう。ジャジャーン、カレーですぞ。9月2日(火)のメニューでした。 肝心の落語ですが、前回みんなに言うたことはこれです。 「自分がやるところは全部覚えといてね。台本なしでしゃべれるように。大丈夫、君達は覚えるのが早いから。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団扇に絵を描きました

昨日、久しぶりに法然院へ行ってきました。そんなに遠くないけど、自転車で行ったらしんどかった。坂がきついわ。 時々、お茶子さんをお願いしている日本画家の中尾美園さんと若林静香さん(この方にもお茶子さんしてもらいたいと密かに思てます)の展覧会が開かれているのです。9月3日までね。 で、昨日はお絵描きコーナーがあるというの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷の日

昨日は劇団四季俳優の別嬪さんが名古屋から京都まで遊びに来てくれたので、お昼間ちょっとだけ先斗町の長竹さんへ顔を出しました。3時間ほど。 どう? このかき氷。溶けたら抹茶ミルクになる味。暑かったので美味しゅうございました。 残った抹茶ミルクは3人でチューチューしました。長竹さん、ストローのご提供ありがとうござい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鶏と冬瓜の冷製ピリ辛煮

10日(木)の台風の日に生放送「ちちんぷいぷい」に出てきました。茶色の羽織が赤に見えたそうですね。桂米二は還暦ではございません。 10分ほど出るだけなのに控室は豪華。慣れないテレビでお見苦しい点があったとは思いますが、お許しくださいませ。 出ると決まった時点で、質問というかアンケートがFAXで送られてきました。この質…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

笠置小学校の落語指導

昨日も笠置小学校へ行ってまいりました。今年の「次世代文化継承・発展事業」プロジェクト、ま、要するに落語指導です。前回は子ども達に落語とはどういうものか知ってもらい、今回からは子ども達に指導を始めたわけです。 4年生から6年生までの12名。女の子が多いです。実際に覚えてやってもらう「動物園」と「道具屋」、そして小噺、うどんの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

米朝落語全集完結

ご紹介が遅れましたが、創元社の「米朝落語全集」全八巻が完結しました。よくもまあ、毎月一巻ずつという無茶なスケジュールでこれだけ出せたものです。ひとえに私の努力の賜物……と言うたら米團治君が怒るわ。けど、僕もがんばったもんね。 改めて八冊を並べてみました。……あ、写真の順番間違うた。右下に八巻を置くつもりが、七巻を置いてた。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more