テーマ:カルチャー

「餅屋問答」をやり始めたのは?

何かきっかけがあって、その落語をやり始めるということがあります。そのきっかけがなかったら、一生やってないかもしれないということもある訳です。 私の場合、まず「茶の湯」です。裏千家の大きなイベントがあって、その世話役の方から頼まれたのです。 「落語に『茶の湯』というのがあるそうですが、やってもらえませんか?」 心配になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸術鑑賞週間

夏枯れです。仕事は暇です。その代わり雑用が忙しい。でも雑用はすぐに先延ばしにしてしまいます。あきませんねえ、私の性格。 時間があったので、先週はいろいろと観に行きました。まず24日(火)の夜は、ミュージカル「シークレット・ガーデン」。会場は西宮の兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール。ここへ来るのは2回目。残念ながら出たことはないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本梅小学校「くしゃみ講釈」

昨日は亀岡市立本梅小学校へ落語指導に行ってきました。まだ今年度は2回目です。新たなレパートリーに「くしゃみ講釈」を加えました。言うとくけど、難しいでぇ。 私がまず一席全部やって見せました。その時はゲラゲラ笑っていた子ども達ですが、「さあ、やってみて」と言うたら急に静かになります。ま、仕方ないけど。声を出して台本を読むだけでいいので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

給食食べ比べ

今年度も始まりました。小学生への落語指導。本当は難しい名前が付いてます。何年も行ってるのに覚えられない名前。 「文化を未来に伝える次世代育み事業」(学校・アート・出会いプロジェクト) ね、日本語なのに覚えられないでしょ? 今週から2校一ぺんに始まりました。相楽東部広域連合立笠置小学校と亀岡市立本梅(ほんめ)小学校です。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

赤い花が咲く木

天満天神繁昌亭昼席の1週間が終わりました。だいたい年に3回、1週間単位で出演していますが、年々疲れを感じるようになってきました。これが還暦なんや、と実感している次第でございます。ま、飲みに行かなかったら疲れの度合いは違うと思いますが……。 楽日の昨日、いつもは渡らない天神橋1丁目にある歩道橋を渡ってみました。堺筋と天神橋筋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

審査員

審査員で思い出す一番古い記憶はなんでしょ? 毎日放送の「素人名人会」で三代目林家染丸師匠が「敢闘賞~!!」と叫んではったことですね。古~!! ほんと古いです。当時、私は小学校の3年か4年生、つまり50年ほど前のこと。その染丸師匠が亡くなった後、「素人名人会」の落語、漫才など演芸部門の審査員はうちの師匠、桂米朝、そして五代目…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

亀岡市立本梅小学校の落語発表会

昨年7月から指導を始めた亀岡の本梅(ほんめ)小学校の5、6年生14人。今日は明後日の発表会に備えてのリハーサルでした。今まで10回以上に渡って稽古を重ねてきましたが、子ども達はここへ来てやっとトップギアに入ったようです。ほんま、ちょっと心配したよ。 もう一校教えに行ってる笠置小学校はもう何年も行ってますから、それなりに形は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「つる」は落語のエッセンス

「つる」桂米二 えっ? やったことないのに。出てる。 まだ若かりし頃、「桂米朝独演会」それもうちの師匠にとっても大舞台、大阪サンケイホールの正月の独演会です。その前座の出番をいただいたのですが、その時の私の演目が「つる」。持ちネタではないのですよ。うちの師匠に言おうかと思いました。 「私、やったことがないので、師匠の独…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

笠置小学校6年生の「時うどん」

この頃、あっちこっちからお座敷がかかっていて、我々噺家の生活を脅かす勢いの笠置小学校の子ども達。一昨日12日(水)のことになりますが、6年生のそのお座敷に付き添いました。 呼ばれて行ったイベントが大層です。「平成29年度京都府PTA指導者中央研修会」と長いタイトル。会場がまた凄い。国立京都国際会館のメインホール。1,200人入るん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「本の森」→「本と私」「I読書」

5月28日付の京都新聞には載ってませんでしたが、6月4日付に載っていると歯の主治医(山本先生感謝!)が教えてくれたので、その新聞をわざわざ買うてきました。販売所の態度がちょっと悪かったけど。 読書欄の中の「本と私」というコーナーでした。「本の森」と違うやんか。共同通信からは「本の森」と聞いていたので、全国的にそのタイトルかと思たら…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

芸名をつけよう

噺家は本名ではできません。当たり前やけど。噺家みたいな名前で生まれてくる人はないしね。「笑福亭」とか「三遊亭」とか「古今亭」とか、こんな名字はありません。ただ我々の「桂」はありますね。ひょっとしたら私と同姓同名の罪のない一般人も居てはるかもしれませんな。お気の毒に。 14年前、うちも弟子が来たので、名前を付けました。筆頭は高井豊史…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「猪買い」とはなんぞや?

タイトルだけでは「なんじゃようわからん」という落語の一つに「池田の猪買い」があります。落語をご存じない方は読み方も分からないでしょうね。「いけだのししかい」と読みます。 まだこの噺を聴いたことがない頃、私はこのタイトルだけ見て「いったいどんな噺やろ?」と想像を巡らせました。だいたい意味がわかりません。前半分の「池田の」は分かります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第35回京の噺家桂米二でございます

「京の噺家桂米二でございます」はどこから付いた名前なのか、皆さん覚えてますか? ……えっ? もう忘れた? 時が経つのは早いからねえ。 その昔、NIKKEI NET(日本経済新聞)というところで「京の噺家桂米二でございます」というコラムを連載させてもらってたんです。2003年から7年間も。これはネット限定で紙面には載りませんでした。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2016年自己ベストテン

あけましておめでとうございます。去年はうちの国宝の喪中で、人と会っても「お……むにゃむにゃむにゃむにゃ」と口ごもって言うてましたが、今年ははっきりと言わせてもらいます。 昨年もたくさんしゃべりましたが、やっぱり人間ですからええ時と悪い時がありますなあ。しくじったことはすぐ忘れるようにしてます。楽天家で前向きな性格ですから。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春日大社で落語奉納

いよいよ明日です。春日大社での落語奉納。20年に一度の式年造替(しきねんぞうたいと読みます。やっと覚えた)で本殿の修理が終わり、先日、神様が本殿へお戻りになりました。それをお祝いしての落語奉納。ですから、明日はお客様に向かってではなく神様に向かって落語をやらせてもらいます。(でもその場にいらっしゃるお客様は頼りにしております) 落…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

乙夜(いつや)寄席

「乙夜」と書いて「いつや」と読みます。知らなんだ。乙は十干、甲乙丙丁の乙です。旧暦では夜を五つに分けた呼び方があって、乙夜はその二番目。今の時間でだいたい午後9時から11時頃までを指します。飽くまでもだいたいです。旧暦はご存じのように日の出日の入りを基準にしていますから、夏と冬では時間が大幅に違ったのですね。 その「乙夜」を寄席の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

桂高校落語鑑賞会

学校で生徒、児童に落語を聴いてもらうのは、いろんな意味でいいことだと思っております。映像世代の子ども達に、視覚に頼らずに自分で想像する世界を味わってもらうのですから。どうよ? 昔からいろんな学校で落語をやらせてもらっておりますが、すごく印象に残っているのは神戸の有名進学校、灘高校の落語鑑賞会。灘中学やったかな? ま、どっちでもよろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も笠置小学校

今年も昨日から始まりました。小学校での落語指導。もう7年目です。で、今年は……いいえ、今年も京都府の南の端、笠置小学校へ来ております。もう3年目。ここの小学校にとって落語はライフワークみたいなものらしいです。先生方の熱意が違います。落語会へ団体で来はりましたもんね。 去年までは4年生から6年生まで教えてました。というても全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異業種交流

作家の朝井まかてさんがゲストの「天神寄席」終わりました。朝井まかてファンの熱意を感じました。落語も気に入ってくれはりましたやろか。 前半から押して押して、予定時間を30分もオーバーして午後9時25分終演でした。繁昌亭は9時半までに撤収しないと会場費の超過料金を取られます。協会主催の場合はドガチャガかもしれんけど。 打ち上げも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とっておきの京都

本日です。パラボラさえあれば無料で視聴できるBS朝日で午後9時からです。2時間スペシャルで私は後半だそうです。つまり午後10時から。 北野天満宮から始まって、お馴染みの京極かねよで終わります。一日着物で歩いてたいへんでした。下駄も雪駄もすり減ったやろうなあ。 番組ホームページから無断転載。 今回は2時間スペ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バースデイライヴ「不定期落語会」

今夜の「不定期落語会@太融寺」のプログラムです。つまり手抜きブログです。「ブログを見た」で予約料金2,000円にさせていただきます。 ※□※■※□※■※□※■※□※■※□※■※□※■※□※ 本日は桂米二58歳バースデイライヴへようこそ。いや、別に普通の落語会なんですけどね。今年も去年同様本当の誕生日6日が土日で彦八ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

文化を未来に伝える次世代育み事業

今年も始まりました。文化を未来に伝える次世代育み事業「学校・アート・出会いプロジェクト」が……。 なんのこっちゃわからへん。前はもうちょっと簡単な名前がついてたと思います。だんだん訳のわからん名前になってきて……。要するに私が前から小学校へ落語を教えに行ってるあれです。今年で6年目かぁ。 そして今年から担当する小学校が二つに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネタがつく(メルマガ・アーカイブス)

≪ネタがつく≫ ~2012年4月30日付メルマガ巻頭エッセイより~ 落語会で時々ありますね。「あれ? このパターン、さっきも聴いたような気がする」ということが。同じ落語会で前に出た演目と後から出た演目がよく似ていることがあるのです。 もちろん演目を決める時、そんなことがないように番組を決めるのですが、そこは人間、うかっとする…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

反省会・動楽亭昼席・臨時停車・米二&九雀

昨日の「桂米朝落語研究会@安井金比羅会館」は出番がなかったこともあり、じっくりとみんなの落語を聴いて、反省会も充実したものとなりました。珉珉の餃子もあるし。雀三郎兄さんも参加してくれはったし。(餃子が先かい!) うちの師匠の反省会は、みんな正座してただただ師匠のご意見、お小言を聞く。たまにお褒めの言葉を頂戴するだけでしたが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

後輩へ稽古

昨日は稽古でした。つけてもらうのではなくて、つけるほう。つまり教えるほう。 以前はうちの家で稽古をしてましたが、今は事情が変わりまして家で稽古ができなくなりました。大きな顔をしたボックが居るから。 うるさいねん、こいつ。稽古でへんな声出すと。 そんな訳で、この頃はずっと上方落語協会会館の会議室を借りてやらせても…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

創元社「米朝落語全集」by京都新聞

昨日、1ヶ月半ぶりにメルマガを送信しました。ついでに言うと、携帯版メルマガもやっと復活できました。こっちは1年半ぶりですわ。 「落語会へ行ってへんから見捨てられたと思てた」なんてお返事をいただきましたが、私はそう簡単にお客様を見捨てたりしません。お客様のほうがよう見捨てはるやございませんか。メールはずっと送り続けます。お金かからん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

米二はん→米二さん(メルマガ・アーカイブス)

≪米二はん≫ ~2012年5月25日付メルマガ巻頭エッセイより~ 言葉は難しい。関西弁は難しい。つまり大阪弁は難しい。京都弁はもっと難しい。神戸弁はわかりません。江戸っ子はもっとわからん。 言葉が乱れてると言われて久しいですが、私のような古くて片意地な人間は言葉について気になることだらけ。「ら抜き」言葉も違和感+嫌悪感を感じ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

謙信はん→謙信さん

今日の新聞広告。「謙信はん」はあかんて。正しくは「謙信さん」。「ん」の後は「はん」と違うて「さん」が大阪弁なんです。 お茶の「伊右衛門はん」からおかしくなりましたねえ。今の人はなんとも思わんのかもしれんけど私は言い続ける。間違うてるで。 追記 文章が短いのでTwitterとFacebookだけアップしましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メルマガ「携帯電源オフ車両」の写真

本日、メルマガ最新版を送信しております。(現在進行形) ブログのように写真を見てもらいたいのですが、メルマガで写真添付は好ましくないと思うので、ここでご紹介します。 これが昨年まで走っていた阪急電車の携帯電源オフ車両です。ドアの横に大きく書いてましたね。一番先頭と最後尾の車両がそうでした。やっぱり評判が良くなかったで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小糸とチョコレート

16日(月)は年に2回の「京の噺家桂米二でございます@天満天神繁昌亭」でした。大勢のご来場ありがとうございました。やっぱり3年半ぶりの「立ち切れ線香」でどっと疲れました。腹が減ってたからかもしれんけど。 終演後、ええ年のおじさまが「落涙しました」と言うてくれはりました。以前はたしかに泣いてもらいたいという気でやってました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more