テーマ:イベント

長島温泉「花火大競演」

去年に引き続き長島温泉まで「花火大競演」を観に行ってきました。温泉には入ってへんけど。しかし、物好きですな。三重県まで花火を観に行くなんて。でもここなら犬連れで車で行っても花火を観られるんです。それに9月中旬までの土日はずっとやってます。 京都から長島温泉まで車で約2時間。去年は事故渋滞でえらい目に遭いました。花火に間に合わないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

審査員

審査員で思い出す一番古い記憶はなんでしょ? 毎日放送の「素人名人会」で三代目林家染丸師匠が「敢闘賞~!!」と叫んではったことですね。古~!! ほんと古いです。当時、私は小学校の3年か4年生、つまり50年ほど前のこと。その染丸師匠が亡くなった後、「素人名人会」の落語、漫才など演芸部門の審査員はうちの師匠、桂米朝、そして五代目…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

亀岡市立本梅小学校の落語発表会

昨年7月から指導を始めた亀岡の本梅(ほんめ)小学校の5、6年生14人。今日は明後日の発表会に備えてのリハーサルでした。今まで10回以上に渡って稽古を重ねてきましたが、子ども達はここへ来てやっとトップギアに入ったようです。ほんま、ちょっと心配したよ。 もう一校教えに行ってる笠置小学校はもう何年も行ってますから、それなりに形は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回桂米二de新門前寄席

第1回はお知らせせず第2回目からお知らせするご無礼をお許しください。第1回は結果的にシークレット・ライヴになってしまいました。口コミだけでSOLD OUT!! なんかかっこええけど定員は40名ね。武道館やないから。 で、2回目はなんとかしてご紹介したいと思いまして、ここに目出度くご披露できることとなりました。 私、狭いところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての鏡餅

初めて弟子一同が鏡餅を供えてくれました。正直言ってちょっと感動ものでしたよ。一番古い二乗が段取りしてくれたのですが、こんな一言を添えて。 「昆布がありませんでした」 探したんかい? まあ、よろしい。でもなんか変ですねえ……。 次の日になってから気がつきました。裏白は下に敷くんやがな。で、修正したのがこれ。ほんま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第3回尼崎落研選手権

各大学から大勢の応援団がやって来て、甲子園のスタンドではないけど、応援合戦まがいのことがあるのと違うか? てなことを思てたら大間違い。客席のほとんどが高齢者で埋めつくされ、老×男女という感じ。大学とは縁もゆかりもございません。これやったら普通の落語会とおんなじや。そういうと1回目もそうでしたなあ。でも満席でしたよ。 今年で3回目を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK上方落語の会・本日放送あります

やっとこさ本日放送されます。選挙やとか、なんやかんやで初めの放送予定より2週間遅れました。 10月20日(金)午前11時5分~45分 NHK上方落語の会 「はてなの茶碗」桂米二 収録したのは9月7日(木)でした。誕生日の次の日でした。60歳ほやほやで湯気が立ってるくらい。 http://www4.nhk.or…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人間国宝桂米朝」宮崎金次郎写真展

私の師匠、桂米朝の専属カメラマンというべき方がいらっしゃいました。あ、カメラマンは生きてはります。うちの師匠が亡くなってるので、つい過去形になってしまいましたが……。 その宮崎金次郎さんの写真展へ行ってきました。京都は河原町蛸薬師の三條サクラヤビル6Fの「ギャラリー古都」。なんか京都を代表するギャラリーみたいな名前ですなあ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

笠置小学校6年生の「時うどん」

この頃、あっちこっちからお座敷がかかっていて、我々噺家の生活を脅かす勢いの笠置小学校の子ども達。一昨日12日(水)のことになりますが、6年生のそのお座敷に付き添いました。 呼ばれて行ったイベントが大層です。「平成29年度京都府PTA指導者中央研修会」と長いタイトル。会場がまた凄い。国立京都国際会館のメインホール。1,200人入るん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2017若手噺家グランプリ

私が委員長を務める上方落語協会、若手育成委員会がプロデュース。「第3回上方落語2017若手噺家グランプリ決勝戦」が天満天神繁昌亭で開かれました。 4月に予選を4回行いましたが、その3回目でした。抽選でトップバッターに決まった桂雀五郎君が高座へ上がるなり言いました。 「誰がなんと言おうと若手です」 もう爆笑でした…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

弟子に名前を付ける

いろいろ出ましたねえ。落語会や落語会の懇親会で新しい弟子の名前を公募したところ、こんなにも。私も少し考えましたよ。 落語会のチラシの裏とか(チラシは持って帰ってほしいねんけど)、割り箸の紙とか、訳のわからん紙に書いてもらったのが膨大な量になりました。そこでエクセルに入力して、アイウエオ順にして、プリントしてみました。そして、先日の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

若手噺家グランプリ記者会見

昨年から上方落語協会では、風紀委員会から少し形を変えて若手育成員会というのができました。私は番組編成委員会からトレードされて、初代委員長。ただ一番古いということだけで選ばれました。芸のことは誰も何も言わずに……。 これがなかなか忙しくて、仕事が暇で持て余してる体を癒してくれてます。天満天神繁昌亭で深夜寄席「乙夜寄席」を立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂米朝没後2周年記念セレモニー

昨日は師匠の命日でしたが、そんな日に師匠をしくじってしまいました。11時から始まる姫路の兵庫県立歴史博物館での「桂米朝没後2周年記念セレモニー」に遅刻したから。 はじめは電車で行くつもりでしたが、電車だと向こうで飲んで最終で帰ってくる恐れがあります。現に実績もあるし……。それも何回か……。今、直前に迫った「上方落語勉強会」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都マラソンで交通規制

先ほど、鳴物、見台、衣装を会場の京都府立文化芸術会館へ運んできました。明日の落語会「桂米二一門会@文芸」のために。 明日は京都マラソンで、大規模な交通規制が行われるのです。それも長時間。市民マラソンやから仕方ないねえ。いつもは車で12時半頃に行くのですが、明日は丸太町通が通れなくて、車ではたどり着けるかどうかわかりません。歩いてな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

25,000人目

昨日の「第239回尼崎落語勉強会」で嬉しいことがありました。第1回からの入場者数が通算で25,000人を超えたのです。……誰が勘定してたんや? まあしかし、細かいことを数えてたんですなあ。他の落語会でこんなん数えてる会はありますかい? 239回で25,000人ということは1回あたり何人? 電卓で計算したら104人……。そんな大勢来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語審査員とテレビロケ

先週と今週は目が回る忙しさで、また慣れない仕事もいくつかありました。27日(日)は新人お笑い尼崎大賞落語部門の審査員長。7月の民放連賞ラジオ番組の審査員に続いて審査員は2回目ですが、落語の審査員は初めて。しかも審査員長。ええかいな? 審査員長は大賞や優秀賞を選ぶだけではなくて、講評をせんならん。しかも笑いを取らんならん。……いや、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また歌いました

数年前、シンガーソングライターの豊田勇造さんが私の落語会へ来てくれはりました。「サカタニさんから聞きました」とおっしゃって。サカタニさんとは一昨年の秋まで「こころ坂・楽々落語会」を開いていただいた七条京阪ファミマの2階、集酉樂サカタニの酒谷宗男さんのことです。 その日から今度は私が豊田勇造さんのLIVEに行きたいと思いまし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今年は見られなかった神幸祭

台風19号は日本列島を駆け抜けて行きました。ありがたいことにうちの界隈はこれといった被害がなかったようです。 その台風のために2日間の粟田祭の2日目は中止になりました。中止になった2日目の神幸祭(しんこうさい)を過去の写真でご紹介しましょう。まず剣鉾から。 40~60キロの重さがある剣鉾を一人で差し上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粟田祭

粟田祭は2日間の予定が台風の影響で今日1日だけに。 肝心の神輿や剣鉾がでないことになったのは、ハッピーマンデーのせいよ。祭は昔から体育の日に決まってました。10日だったら天気よかったのに。 うちの町内、堀池町の飾り付けが完成。 これが剣鉾。 これが十二燈。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

団扇に絵を描きました

昨日、久しぶりに法然院へ行ってきました。そんなに遠くないけど、自転車で行ったらしんどかった。坂がきついわ。 時々、お茶子さんをお願いしている日本画家の中尾美園さんと若林静香さん(この方にもお茶子さんしてもらいたいと密かに思てます)の展覧会が開かれているのです。9月3日までね。 で、昨日はお絵描きコーナーがあるというの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地蔵盆

地蔵盆が終わりました。本番は先週23日(土)のことでしたけど。 数日前から天気予報はずっと雨でした。これだけ準備して中止は考えられません。子ども達がずぶぬれになってもやろうではありませんか! とは、よう言わんかったけどね。朝、準備を始めた頃はくもりでした。子ども達におやつを渡して、スーパーボールすくいやヨーヨー釣りを…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ゆだまの会

いやあ、楽しかったです。 世間ではいろんなサークル、交流会が開かれています。そういうところからも時々呼んでいただきます。今回は「ゆだまの会」という若い人(というても30代でしょう)の集まり。普段は田植えをしたり、稲刈りをしたり、田植えをしたり、稲刈りをしたりする集まりです。たぶん他のこともやってはるはずですが、私はそれしか聞かなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大喜利

ちょっとバタバタしてました。ここでご紹介したいことがいくつかありますが、順番に行きましょうか。 まず8月30日(木)の「尼崎落語勉強会35周年記念公演」から。予約制の上、抽選に当たった人だけが入場できるこの会ですが、そのわりに知ってる顔が多かったなぁ。みんなそんなにくじ運がええのん? この会は私としては思い入れがあります。内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米朝一門夏祭りとアンドロイド

「桂米朝米寿記念・米朝一門夏祭り@サンケイホールブリーゼ」と「桂米朝展」が終わりました。私は自分の出番があった4日(土)と千穐楽9日(木)に参加してきました。落語会はもちろん盛況で完売した日もありましたし、まあ、よく笑ってくれはるお客さまでした。 千穐楽は春團治師匠がお怪我(転倒してお顔に傷があるそうです)のために休演というハプニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六代目桂文枝襲名披露パーティー

5日(日)の夜、三枝改メ六代目桂文枝襲名披露パーティーに出席してきました。 こういう催しに出席する時、いつも私は困ります。何を着て行こう? スーツ嫌い、持ってない人間ですから。ことに夏場は本当に困る。上着着たら暑いもん。 ジャケットはカバンの中に忍ばせて行きました。会場のトイレでカバンから出して着たら、しわくちゃになってけつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初舞台は太融寺

うちの弟子の初舞台は太融寺に決めてます。というわけでもないのですが、二乗も二葉も太融寺になりました。但し二乗は8年前で建て替え前の古いほう、二葉は建て替え後の新しいほう、ビフォー&アフターです。なんのこっちゃ……。 おかげさまで昨日の太融寺はギッチリ満席。受付は開演までに捌ききれないほど行列ができました。ありがとうございます。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

かなもじ会狂言会

「棒縛り」終わりました。今年、桂米二にとって一番の難関、関所のように立ちはだかってたものが済んだのです。 とりあえず写真をお見せします。 私、次郎冠者は泥酔いたしました。太郎冠者は杯に三杯も飲みましたが、次郎冠者は一杯しか飲んでないのにへべれけです。次郎冠者は酒に弱いのかという疑問を抱きつ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

どろろおめんと怪談噺

「どろろおめんと怪談噺」 なんとも怖いタイトルですな。入場料が16,500円。私の落語会史上、最高値であります。もちろん食事付きですが……。 くろちくさんのプロデュースでおめん高台寺店で開かれました。おめんの社長、品川さんとは以前からお知り合いでして、こういう形でまたお目にかかれるのはまことに嬉しいことです。私、落語会へ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今年も狂言やります

自分の親の世代が次々と旅立たれて寂しい限りです。昨年亡くなった私の狂言の師匠、茂山千之丞師追善狂言会のお知らせです。 狂言の世界は我々落語と違って、素人のお弟子さんがたくさんいらっしゃいます。私もその一人なのですが、茂山千之丞社中「かなもじ会」の発表会の詳細が決まりました。私の今年の演目は「棒縛(ぼうしばり)」です。私の役は次…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ちょっとだけ祇園祭

人ごみは避けるのは顔が差すから……。ウソです。 ちょっと珍しいものを教えてもらって、宵山へ行ってきました。南観音山のあばれ観音。 観音さまが3回往復して、ワッショイ、ワッショイと担ぎ上げられてはりました。ま、すごい人やわ。終わったら、地下鉄の終電が出たところで(宵山ぐらいもっと運転してくれたらええのに。京都の地下…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more