テーマ:悲しみ

台風明けの落語会

台風10号で予定が大幅に狂いました。毎年行っている井手町の圓覚寺さんの「お盆寄席」は9月21日(土)に延期になりました。中止にならずに延期になったのは本当にありがたいことです。但し、しん吉君は別の仕事が入っているので、この日はNGでした。代演は私が務めます。つまり一席ではなくて二席しゃべることになりますが、お客さん、何か不都合はございま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成から令和へ

平成最後にした仕事は落語ではなくて審査員でした。上方落語協会若手公演委員会がプロデュースしている「若手噺家グランプリ2019」の予選の審査員でした。毎回9人の若手噺家の落語を聴いて点数をつけていきます。それが4回。全部で36人を聴いて、決勝へ残る9人を選びました。 それがなんとか済んでホッとしてたら、疲れが出たんでしょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松之助師匠作の袴板

どこの楽屋か忘れたけど、楽屋で袴板(はかまいた)の話をしていました。袴を穿く時に腰へ着けて使う物です。これがあると袴を穿いた後ろ姿が凛々しくなるんです。若い頃、私は持ってませんでした。袴は持ってましたよ。 そんな話を松之助師匠が聞いてはったんですね。その次にお会いした時、 「作ったったで」 と、これをいただきました。笑…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ご寿命……テレビのことです

今朝……というか夜明け前(午前3時起床)、春團治師匠の「野崎詣り」のDVDを観ようと思ってテレビをつけたら、映りませんでした。壊れたんです。叩いたら直ると言われた時代のテレビが見事につぶれたんです。もちろん叩いてもダメでしたが……。 このテレビは20年以上使ってました。そろそろ寿命とは思ってました。予兆がありましたから。誰…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪の大津で車が立往生

大寒波が襲来しているそうです。天気予報で観測史上最強とか言うてます。最近多いですね。50年に一度とか、観測史上初とか。幸い京都の寒さはそれほどでもありません。 ところによっては大雪のところもあるようですね。雪で思い出すことがあります。あれは阪神タイガースが日本一になった昭和60年の12月でした。大津の西武百貨店まで買い物に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の死

昨年9月15日、父が91歳で亡くなりました。もう10年以上前から痴呆の症状が出て、醍醐にある同和園という特養老人ホームでお世話になっていました。会話ができなくなって、私が会いに行っても分かってるのか分かってないのか反応のない日もありましたが、最晩年はしきりに私を見て「あー、あー」と声を上げていたので、息子だということは分かってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6回米二・染二ふたり会

林家染二さん。この人と特に共通点がある訳ではありません。一門も違うし、齢も違うし、顔も違うし、性格も違うし、それに芸風も違います。ただ名前に「二」の字がつくだけ。もう一つ。落語が好きなだけ。 「二」の字は時に可哀想な字です。この字は漢字なのに、印刷物を見ると間違っていることがあります。カタカナのニ(に)の字になってるんです…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

次の日の物干しの屋根

2時間かけた作業が無駄になりました。穴が開いた物干しの屋根をレジャーシートで覆って、これで雨は大丈夫と思てたんですが……。 あっさりとはがれ落ちました。 大変な作業でした。大きなレジャーシートを穴の大きさに合わせて折り畳んで、ガムテープで貼り付けたんです。レジャーシートも折り畳んだ内側に水が入らないように、折り目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ被害がございました

今年は災害が多いですね。また地震ですか。地球が悲鳴を上げてるのかもしれません。 さて4日の台風21号ですが、我が家にももう少し大きな被害があったことが判明しました。場所は2階の物干し。屋根の波板が飛んでたのです。下ばっかり見てたから気がつかなんだんですな。上を見てあんぐりですわ。穴が開いて青空が「こんにちは」言うてますねん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過で我が家は……

台風一過。でもまだ北海道の近くでうろうろしてるのですね。今日の京都は暑くなりそうです。 うちの近所でも被害があったようで、大きなトタン屋根が白川に落ちているそうです。柳も折れたとか。お見舞い申し上げます。 一つ前の台風20号も近畿地方を通過しましたが、その時は私、東京で飲んでたんで知らんのです。帰ってきた時、家族の目が冷たく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月亭可朝は一番弟子? 二番弟子?

桂米朝の一番弟子はこの方だと思ってました。以前は。今、上方落語協会も米朝事務所もホームページの落語家系図を見る限り、二番弟子ですねえ。先月亡くなった月亭可朝師匠のことです。 一番弟子になっているのは桂米紫師匠。もちろん先代の三代目で、20数年前に亡くなってます。 このお二人、桂米朝の子飼いの弟子ではありません。前歴が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

空き家に見えますか?

腹が立ったのと、呆れたのと、悲しいのと、馬鹿馬鹿しいのがこんがらがりましたね。 ある不動産屋から、いきなりこんな手紙が送られてきました。 うちの家が空き家だから売ってくれ、と言うてる訳です。ポストに「この近辺で売家を探してます」というチラシはよく入ってるけど、こんな直接的なものが郵送されてきたのは初めてですわ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

還暦はあと少し

一昨日18日(月)、還暦記念と肩書を付けた今年の独演会が終わりました。ご来場くださったお客様、厚く御礼申し上げます。来てくださらなかったくそ野郎……これ以上のコメントは控えさせていただきます。 そのくそ野……もとい、来られなかった方のためにプログラムをここにアップさせていただきます。まず表面。 文章が読みにくいかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑福亭仁勇さん

笑福亭仁勇君が亡くなった。同年代の死は辛い。 数年前、飲んでる時に彼がこんなことを言った。 「米二、なんかやる時は、俺、全力で応援するで」 仲間内から、それに一門でもないのに、こんなことを言われたのは初めてだった。驚いたけど嬉しかった。「なんか」というのは、襲名というような大きなことを言ってくれたのに違いない。でも私に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

携帯電話よありがとう

いつの頃からか世の中に携帯電話が現れて、世間を席捲しようとしていました。私は「あんなもん使う奴の気が知れん」て言うてましたね。 1995年の阪神大震災。家の電話が通じず、寒い公衆電話からあっちこっちへ電話していたことが懐かしい。それでも「あんなもん持ってる奴の気が知れん」言うてましたわ。 1996年。初めて人の携帯電話を借り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高木さん

阪急神戸線の園田駅。ここは降りたことのない駅でした。「猪名川寄席」ができるまでは。「猪名川寄席」の世話役を引き受けてからはお馴染みの駅になりました。今は車で行くことが多いので、周辺の裏道までよく知っています。ええ町です。 その「猪名川寄席」が終わり、今は「阪急園田駅前落語会」をやらせてもらっています。同じ会場で、そして今度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大津みゆき落語会

今年も3月11日がやってきましたね。6年前のあの日は東京に居たので、あの強い揺れと帰宅難民は体験しました。怪我もなんにもしませんでしたが……。 劇団四季の「美女と野獣」を大井町の四季劇場[夏]で観ていて、揺れた後は予約していた新宿のホテルまで行けなくなり、結局、劇場に泊めてもらいました。劇団四季と大井町にはお世話になったのです。あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電話止められました

スマホ2台持ちです。1台はプライベート用、もう1台は落語会予約用。みんなが知ってる私の番号はこの予約用のほうです。 080-5338-7331 落語会のご予約はこちらへどうぞ。予約の電話は嬉しいものです。いつも明るい喜びあふれる声で応対してます。寝起きは別ですが。 但し、予約やお問い合わせは私が出てる落語会だけにしてね…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「阿弥陀池」のトチリ・大津みゆき落語会

二日連続で「桂米二一門会@繁昌亭」「最終回洛北葵寄席」と会主として大事な落語会が終わりました。ご来場まことにありがとうございました。 一門会は大変ですよ。準備が。プログラムや出演情報の制作と印刷、挟み込みチラシの荷造り等、頭と体と時間を使います。「なんで弟子がやらないで、師匠のオレがやらないかんねん?」と、せんど気の利かない弟子の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラプトンからミュージカルへ

クラプトンが終わったので、がらっと切り替えてミュージカル。ウェストサイドを観に来たら今日は夜公演でした。 嗚呼、大きな勘違い。わざわざ劇場まで来たのに。これを観てたら京都へ帰れなくなる。 新幹線は夕方を予約してるけど、これは早割で早い電車に変更できないんです。夕方まで暇や~。 仕方ないのでタリーズに居座ってメル…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春團治師匠の思い出

昨日は激震が走りました。三代目桂春團治師匠の訃報。それも朝のNHKニュースで知ったから。こういうことはたいてい上方落語協会からのお知らせで知るのに。直弟子の春雨君によると、正式発表するその前にマスコミに抜かれたそうです。どこの社か知らんけど地獄耳ですな。 去年3月のうちの師匠の時もそうでした。病院で亡くなってすぐに新聞社から私の家…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

音楽談義

デヴィッド・ボウイが亡くなりました。ずっと大好きなアーティストでした。でも1970年代からずっと聴いていた訳ではなくて、最初に興味を持ったのは映画「キャット・ピープル」の主題歌ではなかったかな? ナスターシャ・キンスキー(今、どないしてはるの?)が主演の映画でした。1982年頃。 その曲も入ってるというのでLP「レッツ・ダンス」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾麺バラバラ事件

久しぶりに三条京阪の肉屋キヨタで焼豚を買ってきました。バラ、モモ、ロースと3種類の中、今回はロースを選びました。値段はみんな一緒で100グラム300円(税込)。これは以前買った時の写真ね。 焼豚があると食べたくなるラーメン。袋物を切らしていたので、乾麺ストックから1束、すぐにお湯の中へ入れられるように結束をはずして…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

その後もついてない人

ご心配をかけました。おかげさんで左足はだいぶ良くなりました。もう大丈夫……と言いたいところやが、相も変わらんこっちゃ。ちょっとも良うならん。 ま、こない言うたら落語の「千両みかん」ですが、ほんとに良くなってきました。正座椅子に助けられてしゃべった一昨日と比べて、昨日から格段に良くなりました。階段の手すりを持たなくても上り下りできる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついてる人ついてない人

昨日、初めて審査員をやらせてもらいました。平成27年日本民間放送連盟賞。略して民放連賞。権威ある賞です。 たくさん部門があるのですが、昨日はラジオ番組部門の審査発表会が大阪の某所でありました。ラジオだけでも4部門あります。「報道番組」「教養番組」「エンターテインメント番組」そして「生ワイド番組」。私が担当したのは「生ワイド…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ガリガリ

ガリガリと言うてもアイスのガリガリ君と違うよ。 やっちゃいましたね。某銀行の駐車場で。なんでこんなところにポールが立ってるの? というところにそいつは立ってたんです。右のわき腹をガリガリッと。 前の車のバンパーこすったのも銀行の駐車場でした。これは別の銀行ね。どうも銀行の駐車場は鬼門です。ま、銀行にとって私は上客では…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

葬儀を終えて

こんなタイトルの推理小説がありましたね。アガサ・クリスティ。うちの師匠も推理小説が好きで名探偵ポアロもよく読んではりました。 それはともかく我が師匠、ちゃあちゃんこと桂米朝と一昨日、お別れをしてきました。本当に大勢の人に見送っていただいて喜んでいたと思います。出棺の時、会館の外でたくさんの人が待っててくれはったのに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

葬儀場へ

昨日はうちの師匠が武庫之荘に居る最後の日でした。直弟子数人でお棺に一緒に入れる物を選んだり、展示する衣装を選んだり、いろんなことをしておりました。酒を飲みながら。 「どうせ、ええ衣装はもうすでにお前(米團治)のところへ行ってるんやろ」 てなことも言いながら。 トランプが好きでした。花札が好きでした。というても博打とはち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大往生

師匠が旅立ってまる一日経ちました。いつかこの日が来るのはわかってましたが、急でしたね。昨日のお昼はいつも通りでなんともなかったのですから。 師匠の枕元で、みんなのいろんな思い出話が始まって、そのうちに誰かが何か言うと爆笑になりました。外にマスコミ関係がたくさん来てはりましたが、その笑い声はそこまで届いたことでしょう。 またぼ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

米八兄さん

すぐ上の兄弟子、桂米八兄さんが亡くなりました。容態が良くないと聞いていたので、今日お見舞いに行くつもりやったのに。 1976年に弟子入りして、1年間内弟子として一緒に暮らし、いろいろなことを教わった恩人です。よく怒られたから当時は煙たい存在でもありましたが……。 その代わり、すぐ下の勢朝君は私が煙たかったに違いない。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more