テーマ:落語会

動物が出てくる噺

先日の「桂米二一門会@繁昌亭」の無礼講トークでこんな質問がありました。アンケート形式で紙に質問を書いてもらって、それを仲入りの間に回収してトークで紹介します。それに書いてあった質問です。 「落語の台詞の中で、好きなものはありますか?」 噺家ならみんな思い当たるのがあると思いますよ。この台詞が好き、これを言いたいがため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古々粋亭・金比羅・臨時停車

27日の「桂米二一門会@繁昌亭」が済んでほっとしているところです。私の会にしては珍しく「完売」とか「満員御礼」なんてことになりました。感謝でございます。 会の当日のことです。二乗に予約されていた方がコロナに感染されました。その方はキャンセルされたので、当日の朝になって1枚だけチケットが余ってしまいました。で、二乗がTwitterで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

無料の落語会

入場無料の落語会。大変お得な催しではありますが、しょっちゅう落語会をやっているところではあんまりやって欲しくないですね。有料の会をやってる隣でタダの会があったら、みんなタダのほうへ行くやないですか。 普段、落語会をやっていないところでは嬉しい催しです。これをきっかけに落語ファンになる人がきっとありますから。 たまたま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂米二一門会@繁昌亭 完売御礼

お知らせです。9月27日(火)の「桂米二一門会@繁昌亭」は昨日、完売いたしました。繁昌亭、チケットぴあ、私の手持ちチケットの全てがなくなりました。ひょっとして二乗が隠して持ってるかも? そんなことはないか。 二葉が出ている会はおかげさまで売り切れになります。二葉が出ていない会は売り切れになりません。そんな訳で今、大阪開催で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「音太小屋寄席」公演中止

緊急のお知らせです。明日9月19日(月祝)午後2時開演の「音太小屋寄席」は中止になりました。 電車が止まったらアウトですし、お客様が帰り道ずぶ濡れになって、噺家は打ち上げで飲んでて全く濡れなかった(実際にありました)てなことになってもいけませんので。そんな訳で明日はお越しになりませんようお願いいたします。 代替公演を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の繁昌亭昼席

今月は「天満天神繁昌亭大誕生祭」開催中です。桂米二は本日、出演いたします。……こういうことはせめて昨日にお知らせするべきでしたねえ。それでも遅いか。 笑福亭福笑兄さんとご一緒は久しぶりのような気がします。今日はなかなかユニークな出番ですな。 今月から13時30分開演に、そして10本に数が増えました。出演者の数が増えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米二・小鯛ふたり会

銀瓶君が出られなくなって「米二・銀瓶ふたり会」ができなくなりました。代わりに二乗との親子会にしようかな、という思いが頭によぎったのですが、昔、言うことを聞かない彼に腹を立てた時のことを思い出して「米二・二乗ふたり会」は消えました。どうせまた彼は私を怒らせますから。 誰かと「ふたり会」がしたいと思いました。誰がええかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気分は地蔵盆・桂米二独演会(芸術祭参加?)

《落語夏祭り~気分は地蔵盆・桂米二独演会2022》 2015年からお正月にやらせてもらっている「落語初詣~気分はご参詣」はちょっと不憫な会です。もともと米朝一門のメインの会、サンケイホールブリーゼの「正月恒例!!米朝一門会」に出してもらえないマイナーな噺家で始めた会ではあるのですが……。 ですから「ご参詣」というタイトルには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たくさんの忘れ物

落語会の準備は大変です。例えば昨日の太融寺の「不定期落語会」。鳴物類、見台は会場にあるので、持って行くのは衣装、受付セット(予約リスト、つり銭等)、プログラムと挟み込み用のチラシ(これが重たい)などを大きなスーツケースに詰め込んで持って行きます。 早朝からプログラムの用意をしました。Wordでつくります。ご挨拶代わりの短い文章、好…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

釣り鐘

「京丹後大宮寄席」へ大勢のご来場ありがとうございました。京都市内から遠いと思っていた京丹後市がぐっと近くなったように思います。 終演後、リラックスして興勝寺の釣り鐘でお囃子の美希さんと遊びました。鐘の中に頭を突っ込みながら「除夜の雪」のことをやっぱり考えてしまう桂米二でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿末廣亭

初めての東京の寄席、珍しく緊張したけど楽しかったですわ。 あまり早く楽屋入りしても迷惑なので、新宿3丁目辺りをうろうろ、うろうろ。新宿御苑の周りを歩いたり、伊勢丹の地下へ寄ったり……。上がりの1時間前、午後2時過ぎに楽屋入りしました。私を呼んでくれた今席の主任、桂文治師と上方の笑福亭鶴光兄さんが並んで座ってはりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKテレビ・びわ湖浜大津寄席・新宿末廣亭

今日のテレビ出演と落語会のご案内です。 ★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜。★ 数年前、突如現れたあの携帯用扇風機。猛暑日が連日続くような暑い日はあれが一番やそうです。でもまだ私は使うたことございません。欲しいと思たこともない。なんでかと言うと、私は扇子を持って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音太小屋寄席

一昨日、松竹座の千穐楽に行ってきました。「藤山寛美三十三回忌追善喜劇特別公演」という長いタイトルが付いております。要するに松竹新喜劇に藤山直美さん、林与一さんらが参加した特別公演ですな。 寛美先生の娘である直美さん。お見事でした。一人で食ってしまったという感じ。もちろん周りがちゃんとしっかりしたお芝居をしてくれるからできる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂雀喜独演会

桂雀喜君とは何かとご縁があります。雀三郎兄さんのとろこへ弟子入りする前に、私が「東の旅発端」の稽古をいたしました。当時、まだまだ元気だったうちの師匠、米朝に頼まれたからです。 雀喜君は最初、桂米朝のもとへ弟子志願に行ったのです。うちの師匠は元気でしたが、「もう弟子は取らん」と言うてました。直弟子を育てるというのはそれだけ大変なこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂米二一門会@内幸町ホール

長いこと東京での落語会ができなくて、そろそろかまへんかな、と思って内幸町ホールの空き日を調べたら、5月5日子どもの日の夜が空いてました。お休みの日に空いていることはなかなかないので、すぐにこの日に決めました。 決めてから、ちょっと後悔しました。普通の祝日ならまだしも、ゴールデンウィークはあかんやろ、という気がしてきたのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の噺家桂米二でございます@繁昌亭/小学生の落語

小学生に落語を教えに行くようになって11年経ちました。今や私のライフワークになっています。ところが、コロナ禍になって、せっかく発表会があってもなかなか観に来てもらえない状態が続いています。でも子どもたちは一生懸命取り組んでくれています。 今、教えている演目は四つです。 「動物園」「道具屋」「時うどん」「んまわし」 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の噺家桂米二@内幸町

こんなに長くおのぼりさん(東下りとも言います)にならなかったのは久しくありません。昨年4月以来の東京公演です。 定期的に東京で自分の会を開くようになって、今年で18年になります。深川江戸資料館だったり、内幸町ホールだったり、どちらも私にはちょうどいい会場だと思っています。 でも、始めた頃のアウェー感は半端ではなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不定期落語会

スケジュールがぐちゃぐちゃになりました。オミクロンで感染拡大のせいです。落語会もですが、小学校もです。今年度も笠置小学校、亀岡の本梅小学校の2校へ行ってますが、半年かけてみっちり落語を教えてきて、ここへ来て発表会の延期また延期です。結果的に指導に行く回数が増えて、たくさん給食もいただきました。それがどないしてん? 両校とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨時停車の会・落語らいぶ in 黒谷常光院

プチ鉄ちゃんである私は、自分の落語会のタイトルに鉄道用語を使っています。それが大阪梅田、太融寺での「不定期落語会」と京都府立文化芸術会館和室での「臨時停車の会」。 今、不定期列車なんてほとんど言わないですね。季節列車とか臨時列車と言うたほうが分かりやすいです。要するに定期列車と違って、毎日は運転していない列車です。「不定期落語会」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語会情報更新&45周年桂米二独演会

ようやく米二ドットコム「落語会情報」の更新ができました。最新版であります。東京も決まりましたよ。日程だけ。 桂米二落語会情報 とりあえずは明日の「45周年桂米二独演会」へお越しくださいませ。ご予約は明日28日(日)正午まで受け付けます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米朝直弟子集合

もうこんなに大勢の直弟子が集まることはないでしょう。昨日、京都府立文化芸術会館ホールで開かれた「桂宗助改メ二代目桂八十八襲名披露公演」での光景です。ざこば兄さんが体調不良で休演になり、南光兄さんが代演してくれました。 襲名披露口上が始まる前、集合写真を撮ってもらいました。後列左から米裕、勢朝、団朝、米平、米左、すずめ。前列…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

米二・染二ふたり会@天満天神繁昌亭

噺家の名前で「二」の字が付く人が何人か居ます。まず桂米二……私です。あと林家染二さん、笑福亭鶴二さん、笑福亭瓶二(へいじ)さん。下に「二」の字が付く人はこれだけのはず。東京は「二」よりも「治」が付く人がはるかに多いですね。下に「二」が付く人は三遊亭丈二さんぐらいかな。漏れてたらごめんなさい。 かつて米二、染二、鶴二の三人で今は亡き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びわ湖浜大津寄席&いぬのきもちわんワン1

コロナ禍でなくなった会、消えて行った会、休んでいる会がたくさんあります。ちょっと思い出してみます。 花田寄席……堺市の花田医院待合室ロビーでの会。以前からインフルエンザのシーズンは休んでました。インフルエンザのウイルスが待合室に残っている場合があるから。見えへんけど。コロナ禍で最初に中止になった会がこれです。同じ理由で。再開の目途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラップ手術はしましたが……

たぶん9回目になります。山本歯科医院でフラップ手術。歯周病になって、歯茎の奥深いところにまで侵入した歯石を取ってもらうのです。手術というぐらいですから、麻酔して、切開して、縫合してもらいます。歯茎にメスが入ると思うだけでいやでしょ? でも9回もしたら慣れます。……いや、慣れへんか。 ひょっとしたら手術後、腫れるかもしれんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動楽亭昼席&姫路七福寄席

一昨日、奈良の「桂米二たったひとり会@古々粋亭」、初めて助演無しで三席しゃべらせていただきました。助演無しで早く終わってはいけないと引っ張り気味にしゃべってたら、引っ張り過ぎました。午後2時開演で終わったら4時20分。仲入りはあったけど一人で2時間以上しゃべってた訳です。 お客様も大変だったことでしょう。同じ顔を2時間、視覚的に変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良へ行きます

ずいぶん長い間、奈良の落語会に出演していません。プライベートの集まりで呼んでもらったことはあるのですが、木戸銭を払って入ってもらう普通の落語会には出ていないのです。 以前、奈良学園前のギャラリーGM-1で半年に一度「らくご・らいぶ in GM-1」をやらせてもらっていました。半年に一度、38回もやりましたねえ。ギャラリーG…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桂米二全快!! 京の噺家桂米二@繁昌亭

昨日、神戸新開地・喜楽館とかねよ寄席の掛け持ちをしました。病み上がりでどうかいな、と思たんですが、はっきり言うてパワー全開、元気に務めることができました。自分の体に感謝!! 今日も神戸新開地・喜楽館の昼席へ行きます。そしていよいよ明日が本格的復帰になる「京の噺家桂米二@繁昌亭」です。三席ですよ。バッチリ務めます。昨日の掛け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜楽館昼席&かねよ寄席

明日は病み上がりの体に鞭打って掛け持ちです。それも神戸と京都。まず「神戸新開地・喜楽館昼席」。  8月30日(月) 14:00~ 喜楽館昼席/神戸新開地・喜楽館(椅子席) 神戸高速・神戸電鉄「新開地」東改札口3番出口・徒歩2分 演目当日 りょうば 眞 雀喜 福楽 春雨 「津軽三味線」来世楽 米二 ◆限定96名 全席指定 前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ感染でお世話になりました

新型コロナウイルスに感染して、ありとあらゆるところにご迷惑をかけて、ご心配をかけて、そしてお世話になりました。 まずこちらが勝手に“かかりつけの医者”と決めてかかっている近所のG医院。先生自らPCR検査を受けられるように手配をしてくださいました。年に1回、インフルエンザの予防接種を受けに行くだけなのに。私は年間3,500円…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

若手噺家グランプリ2021 予選

以前、上方落語協会若手公演委員会委員長だった頃、この「若手噺家グランプリ予選」の審査員、司会をやっておりました。名前だけでも責任者でしたから。今は協会委員会のクラス替えでデジタル広報委員会委員長になって、ここから離れてしまいましたが、気になる存在ではあるのです。 今回は予選の後半第3夜と第4夜だけオンラインで見せてもらいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more