テーマ:落語会

落語会にサーモグラフィー

開催できるのか? やきもきしましたが「上方落語勉強会」は予定通り開催されます。今のところ……。 「万全を期するために消毒用アルコールとサーモグラフィーを用意しております」 と会館からお知らせがありました。 「何、サーモグラフィー?」 名前ぐらいは聞いたことあります。たしか画面を見たら色の違いで温度が分かる機械です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また中止のお知らせ

メルマガ登録してくださっている方には先にお伝えしましたが、悲しくて悔しくてやりきれないお知らせです。また……ですわ。 ☆3月17日(火) 18:30 ~ (開場 18:00) 第27回京の噺家桂米二でございます@繁昌亭/(G)天満天神繁昌亭(椅子席) Osaka Metro 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

延期と中止

延期と中止はどう違う? 延期は「その日にはやりませんが、代わりの公演を必ずやりますよ」ということなんですね。でもこれは希望的観測に過ぎないこともあります。 また延期と中止が増えました。いや、今度はどれも中止です。まず動楽亭昼席。今日から20日まで中止です。私が出る予定だったのは13日(金)。   3月13日(金) 14:00…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

落語会やります

本日の「動楽亭昼席」、明日の「勝ち越し亭」は開催します。なんか落語するのん久しぶりみたいな気がする……。   3月5日(木) 14:00 ~ (開場 13:30) 動楽亭昼席/動楽亭(前方座椅子・後方腰掛席)  地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前」1番出口すぐ  ファミリーマート左の階段を2Fへ (G)ファミマ山王動物園前店 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野村さんと長嶋さん

今から40年以上前、私が内弟子で、桂米朝の家に住み込み修業をしていた頃のことです。家の前にどでかいリンカーンが横付けされました。あんな大きな車を間近で見たのは後にも先にもこの時だけですわ。 運転していたのは野村克也氏。南海ホークスを解任されたばかりでした。うちの師匠のところへ挨拶に来られたのです。 それよりもこのリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑福亭の中に桂が一人

こんな経験は初めてかもしれません。私以外は全部笑福亭。芸風の違いを感じてください。ま、個人差もありますが。そんなに変わらんかも? 今夜です。SMSで見たと言うていただいたら、前売料金にさせていただきます。   ☆11月19日(火) 18:30 ~ (開場 18:00) 第8回グランフロント大阪・うめきた落語会/(G)うめき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー

ラグビーのワールドカップが始まりました。実はラグビーにはちょっと縁がございまして。うちの子(男・女)が二人ともやってたんですよ。小学校の時に。練習の時は付き添いで行ってました。懐かしいなあ。左端でタックルされてるのがうちの子ですわ。もう18年前の写真。 日本代表メンバーに松田力也君が居ますが、うちの近所の子です。もう大きい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「餅屋問答」をやり始めたのは?

何かきっかけがあって、その落語をやり始めるということがあります。そのきっかけがなかったら、一生やってないかもしれないということもある訳です。 私の場合、まず「茶の湯」です。裏千家の大きなイベントがあって、その世話役の方から頼まれたのです。 「落語に『茶の湯』というのがあるそうですが、やってもらえませんか?」 心配になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風明けの落語会

台風10号で予定が大幅に狂いました。毎年行っている井手町の圓覚寺さんの「お盆寄席」は9月21日(土)に延期になりました。中止にならずに延期になったのは本当にありがたいことです。但し、しん吉君は別の仕事が入っているので、この日はNGでした。代演は私が務めます。つまり一席ではなくて二席しゃべることになりますが、お客さん、何か不都合はございま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと&うめきた

私は京都で生まれたといつも言うてますが、本当はそうではありません。生まれたのは山科ですから。洛中(上京区、中京区、下京区)にお住いの皆さん、山科は京都ではありませんよね? ですから、京都生まれではなく、京都市生まれと言うようにしましょうか。 山科は私のふるさとです。私の生家は山科区北花山河原町にあります。いや、今はもうないから、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸新開地で泊まりますか?

神戸新開地・喜楽館ができて1年が経ちました。私は遠い(往復約4時間)のと還暦過ぎ(61歳10ヶ月)ということもあって、1週間単位ではなくて、スポット的に出演させてもらってます。 今までに昼席2日連続はありましたが、こんな2日連続は初めてです。1日目が夜席、2日目が昼席。新開地で泊まったほうがいいですか? でもねえ、泊まっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和32年生まれの落語会

同い年というだけなのに、この安心感はなんなんでしょ? という訳で、昨日の「丁酉(ひのととり)の会=昭和32年生まれの三人会」もすさまじく楽しい会になりました。楽しんでたのは出演者だけかもしれませんが……。 鼎談(ていだん=3人でしゃべるトーク)のテーマは枝鶴兄の発案で「選挙」になりました。参議院と思いきや、会長選挙の話にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京丹後大宮で落語会

丹後というと近くて遠いところでした。同じ京都府なのに、京都市内とは別世界を感じます。気候も違うし言葉も違うから。 うちの子どもが小さい頃は時々、海水浴に行ってました。でも遠かったんです。もちろん泊りがけ。 それが数年前、京都縦貫自動車道が繋がってからは近くなりました。去年、ボックを連れて経ヶ岬まで行ったもんね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椅子席有ります

今夜は今年初の「臨時停車の会」です。6月に今年初というのは遅すぎるのですが、3月に京都では最後の独演会(平成最後という意味ではありません)があった関係で大きく間が空いてしまいました。 この会では原則的に二席しゃべります。一つはあまりやらない噺、もう一つは比較的やり慣れてる噺の二つを並べてます。今回は前者が「野崎詣り」で後者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30周年

昨日で結婚してから30年経ちました。妻にも子にも感謝。円満とは言えませんが、穏やかなのはすべてボックのおかげです。犬は鎹(かすがい)ですね。 さて、終末は高槻の「レセプション亭落語会」。今回のテーマは「春夏秋冬」で私は冬の担当。そろそろ梅雨入りという時期に「除夜の雪」です。この噺は腹の中で「寒い、寒いなあ」と思いな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

こころ坂・楽々落語会・びわ湖浜大津寄席

先日、七条大橋や鴨川沿いのあちこちが落書きの被害に遭いました。書いた外国人はアートと言うたちゅうんですが、下手くそ過ぎますがな。 烈火のごとく怒ってはったのが、「こころ坂・楽々落語会」を主催してもらってる酒谷宗男さん。「七条大橋をキレイにする会」なるものを作って、積極的に掃除をしておられます。この方の七条大橋愛が聞きたかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成から令和へ

平成最後にした仕事は落語ではなくて審査員でした。上方落語協会若手公演委員会がプロデュースしている「若手噺家グランプリ2019」の予選の審査員でした。毎回9人の若手噺家の落語を聴いて点数をつけていきます。それが4回。全部で36人を聴いて、決勝へ残る9人を選びました。 それがなんとか済んでホッとしてたら、疲れが出たんでしょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背割堤

昨日の朝、八幡の背割堤(せわりてい)へ行ってきました。ここは宇治川と木津川が合流地点で、京阪電車でいつも近くを通っているものの、行ったことがないところでした。雨あがりでソメイヨシノが散ってないか心配しましたが、まだ大丈夫でしたよ。 初めて来たところはボックの張り切りようが違います。こっちもフーフー言いながらついて行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人多い無礼講トーク

昨日の朝、電話があって飛び入りが決まりました。 「トークにも出てもらえません?」 「ほな司会やったるわ」 ということで、無礼講トークにも参加してもらうことになりました。 それから私は大阪某所であった「株式会社米朝事務所」の株主総会へ出席し、米朝事務所の現状を知り、中川明(桂米團治)代表取締役社長も大変やなあ、とため息…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ママの誕生日&師匠の命日・うめきた落語会

今日はママのお誕生日です。ママと言うても、私の母のことでもうちの嫁のことでもありません。うちの師匠の奥さん、桂米朝夫人である中川絹子さんのことです。おめでとうございます。生きてはったら93歳ですね。 偉大な方でした。ある意味では師匠より偉大なんです。よくぞ、どこの馬の骨とも牛の骨とも分からん奴ばっかり、それも大勢の男どもを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の「桂米二独演会」

なんぞ言うと「平成最後」「平成最後」ですな。あと2ヶ月を切ったのですから、無理もないですが。という訳で「平成最後の桂米二独演会」です。 京都での独演会を始めて何年になるでしょうか? ちゃんと記録をつけていたのですが、そのノートが行方不明。今はエクセルでつけているので、PCさえ開いたらすぐにわかりますが、昔のことは記憶に頼るしか仕方…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大嶽部屋激励落語会「勝ち越し亭」

間もなく大相撲大阪場所は初日を迎えます。昨年同様、我が大嶽部屋の稽古場に、私の名前が入った幟を挙げてもらいました。ええ色やねえ。これは幟が挙がった日の写真。 先週、私が稽古を見せてもらった日の幟がこれ。からみついて私の名前が見えなくなってます。隣の笑福亭銀瓶幟は凛々しくはためいてるのに、私のはこんがらがってるやん。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご寿命……テレビのことです

今朝……というか夜明け前(午前3時起床)、春團治師匠の「野崎詣り」のDVDを観ようと思ってテレビをつけたら、映りませんでした。壊れたんです。叩いたら直ると言われた時代のテレビが見事につぶれたんです。もちろん叩いてもダメでしたが……。 このテレビは20年以上使ってました。そろそろ寿命とは思ってました。予兆がありましたから。誰…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪の大津で車が立往生

大寒波が襲来しているそうです。天気予報で観測史上最強とか言うてます。最近多いですね。50年に一度とか、観測史上初とか。幸い京都の寒さはそれほどでもありません。 ところによっては大雪のところもあるようですね。雪で思い出すことがあります。あれは阪神タイガースが日本一になった昭和60年の12月でした。大津の西武百貨店まで買い物に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂塩鯛休演

大事なお知らせです。26日(土)午後6時開演の「米二・塩鯛二人会@天満天神繁昌亭」ですが、塩鯛さんが病気のために休演となり、代演としてざこば兄さんと米團治君が出演することになりました。つまり、「桂塩鯛二席」の代わりに、「桂ざこば一席+桂米團治一席」となった訳です。オープニングトークも「米二×塩鯛」が「ざこば×米二×米團治」となり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「寝床」と「質屋蔵」

「繁昌亭らいぶシリーズ」として、私のCDとDVDが発売されたのが2008年。もう10年前になるのですね。もう廃盤になったので手に入りにくくなりましたが、Amazonではまだ売ってます。 繁昌亭らいぶシリーズCD 繁昌亭らいぶシリーズDVD どちらも中身は同じで、「けんげしゃ茶屋」と「寝床」が入ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6回米二・染二ふたり会

林家染二さん。この人と特に共通点がある訳ではありません。一門も違うし、齢も違うし、顔も違うし、性格も違うし、それに芸風も違います。ただ名前に「二」の字がつくだけ。もう一つ。落語が好きなだけ。 「二」の字は時に可哀想な字です。この字は漢字なのに、印刷物を見ると間違っていることがあります。カタカナのニ(に)の字になってるんです…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

93歳の誕生日

師匠、93歳のお誕生日おめでとうございます! 引き出しをガソゴソしてたら、こんな写真が出てきました。写真の裏に記してある日付は1992年4月26日、京都府立文化芸術会館の楽屋での打ち上げです。何か気がつきませんか? #物故者 #米二以外全員 #長生きしようぜ #日付記録とは几帳面 いよいよ明日は福岡で年に一度の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨時停車の会「代書」「天狗裁き」

明日「臨時停車の会」です。 「代書」は「代書屋」というタイトルでやる人もありますが、私は「代書」。原作が「代書」でしたから。それに「今は代書屋とは言わない。司法書士か行政書士と言う」。こんなクレームが来たこともあるそうです。古典落語……もとい、昭和10年代の新作落語でっせ。 原作通りにやるとお客が4人も登場します。私はいつで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第250回記念上方落語勉強会のプログラム

一昨日、めでたく250回を迎えた「上方落語勉強会」、はみ出すぐらいの大入り満員になりました。ご来場ありがとうございました。 今回は「お題の名づけ親はあなたです~名作特集」と銘打ちまして、「これは傑作」と作者と演者が勝手に思い込んでる新作落語を並べてみました。みんなこの会で初演、そしてお客様にタイトルを付けてもらった噺ばかり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more