アクセスカウンタ

じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

プロフィール

ブログ名
じーやんの拍子の悪い日々・桂米二
ブログ紹介
私の周りではしばしばへんなことが起こります。落語会をやるとしょっちゅう台風を呼んでしまいます。裕次郎でもないのに“嵐を呼ぶ男”の異名を持つ上方落語の語り部、ジーやんこと桂米二の身辺雑記です。Twitter : jeeyan2
zoom RSS

初めての鏡餅

2017/12/31 13:10
画像


初めて弟子一同が鏡餅を供えてくれました。正直言ってちょっと感動ものでしたよ。一番古い二乗が段取りしてくれたのですが、こんな一言を添えて。

「昆布がありませんでした」

探したんかい? まあ、よろしい。でもなんか変ですねえ……。

次の日になってから気がつきました。裏白は下に敷くんやがな。で、修正したのがこれ。ほんまは半紙もあったほうがええねんけど、それに橙がすぐにころこんで落ちるんです。縁起物がそう簡単に落ちてきては困るのですが、そこは我々、落とし噺が商売ですから。

画像


初めての米二一門の鏡餅ですから、これで良しといたしましょうか。

今年1年ご贔屓ありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

年明けの繁昌亭新春公演、それから「落語初詣〜気分はご参詣」でお待ちしております。落語で笑顔をお届けいたします。

画像

画像


最後に6年前の米朝一門の大きなお鏡さんもご覧ください。

画像
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1


還暦はあと少し

2017/12/20 14:20
一昨日18日(月)、還暦記念と肩書を付けた今年の独演会が終わりました。ご来場くださったお客様、厚く御礼申し上げます。来てくださらなかったくそ野郎……これ以上のコメントは控えさせていただきます。

そのくそ野……もとい、来られなかった方のためにプログラムをここにアップさせていただきます。まず表面。

画像


文章が読みにくいかもしれないので、ここにも記しておきます。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

60歳の誕生日の朝、ないことにうちの妻が声をかけてきました。

「60歳ってどんな気分?」

どんな気分て訊かれても……。特に何もなかったですね。驚きも何もない。そら30歳から急に60歳になったら、びっくりするやろけど、前の晩から60になるのはわかってたから。

今、思うのは「60歳ってわりと元気やん」ということですね。若い頃、60歳なんて、もっとオジンと思ってましたから。60になったら、もう走ることもでけへん……と。

今でも走ってますよ。電車に遅れそうな時。三条京阪まで走る走る……。

しかし、確実に老いは近づいてきています。いつまで元気でいられるかは、神のみぞ知るでしょう。元気な間に、私の落語をもっと聴いておいてくださいね。

特別ゲストに鶴瓶兄さんをお願いしました。前座で出る二葉が落語を好きになるきっかけをつくった人でもあります。彼女は私の弟子になりたいと言うてきた時に言いました。

「私、鶴瓶さんの追っかけをしてました」

それを聞いて、すぐに鶴瓶兄さんに電話をしました。アフロ(当時、見事なアフロヘアでした)の女が弟子にしてくれ、言うて来てます、と。

「弟子にしたりいな」

背中を押されましたがな。あれから6年半。弟子にして良かったか、悪かったか? 答えは出てません。ようわからん。でも不思議な奴です。

本日のご来場、まことにありがとうございます。私の還暦はあと半月で終わります。来年は米團治君が還暦ですわ。

画像


続いて裏面でした。

お祝い、楽屋見舞いもたくさんいただきました。わざわざ送ってくださった方もあり、誠に申し訳ないと思いながらも、ありがたく頂戴いたしました。感謝!!

お花もこの通り。いつもの飲み仲間、準備委員会と、それから劇団四季のお友達(これも飲み友達)からいただきました。松下さん、吉谷さん、渋谷さん、佐野さん、田島さん、彰孝君、本当にありがとうございます。おっさんばっかりや。

画像


打ち上げは早めに切り上げて帰るつもりでした。次の日の19日(火)は、朝から亀岡の本梅小学校で子ども達に会うことになってたから。

「日付が変わるまでに帰るぞ!!」

それが、

「午前1時までに帰るぞ!!」

になって、結局は午前2時でした。子ども達、ごめんね。酒臭くても遅刻しなかったでしょ?

ついでですが、給食のご紹介を。大根と里芋のそぼろ煮と、おかか和え。

画像


さて今夜は「上方落語勉強会」です。一昨日と同じ京都府立文化芸術会館、一昨日はホールでしたが、今日は3階の和室です。昨日の夜までは疲れておりましたが、今夜は元気になって……いるはず。

  ☆12月20日(水) 18:30 〜 (開場 18:00)
第246回上方落語勉強会/京都府立文化芸術会館3F和室(一部椅子席)
 河原町通・市バス「府立医大病院前」すぐ
 京阪「出町柳」or「神宮丸太町」徒歩12分 有料P有
 TEL (G)075-222-1046 (G)府立文化芸術会館
「御公家女房」九ノ一 「厄払い」米二
「くまざわあかね新作Vol.38・お題の名づけ親はあなたです-その110」達瓶
「七段目」銀瓶 「質屋蔵」雀五郎 糸:千華
前売・予約¥1,500 当日¥1,700 学生¥1,300 発売中!!
問&予 TEL 075-222-1046 京都府立文化芸術会館 http://www.bungei.jp/
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 新作の演者を我々は犠牲者と呼んでおりますが、今回の犠牲者は笑福亭達瓶さんです。
京都府立文化芸術会館

京都府立文化芸術会館地図

画像


そうそう、亡くなった笑福亭仁勇君の写真が出てきました。今年の4月、繁昌亭昼席で一緒でした。この時に会ったのが最後になりました。

画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


笑福亭仁勇さん

2017/12/18 10:13
笑福亭仁勇君が亡くなった。同年代の死は辛い。

数年前、飲んでる時に彼がこんなことを言った。

「米二、なんかやる時は、俺、全力で応援するで」

仲間内から、それに一門でもないのに、こんなことを言われたのは初めてだった。驚いたけど嬉しかった。「なんか」というのは、襲名というような大きなことを言ってくれたのに違いない。でも私には襲名の話なんか今までなかったし、これからもないけどね。

彼のその気持ちだけはありがたく私の胸にしまっておきます。

残念ながら一緒に撮った写真がない。

ついでにというたらなんですが、今夜の独演会のことです。おかげさまで前売券は完売しました。昨日、手元に残っていたのが、綺麗に亡くなりました。チケットぴあにも文化芸術会館にも米朝事務所にも、もうありません。

補助席ですが、当日券を出すことになりました。そこそこ数はあると思います。よかったら還暦の桂米二に会いに来てください。

仁勇君は59歳、一つ下でした。心からご冥福をお祈りいたします。

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


第3回尼崎落研選手権

2017/12/12 00:57
各大学から大勢の応援団がやって来て、甲子園のスタンドではないけど、応援合戦まがいのことがあるのと違うか? てなことを思てたら大間違い。客席のほとんどが高齢者で埋めつくされ、老×男女という感じ。大学とは縁もゆかりもございません。これやったら普通の落語会とおんなじや。そういうと1回目もそうでしたなあ。でも満席でしたよ。

今年で3回目を迎える「尼崎落研選手権」の審査員を務めてきました。時は12月10日(日)、会場は近松記念館。一緒に審査するのはお馴染み演芸ライターの日高美恵さん、それから貴布禰神社(「きふね寄席」を開催されてます)の江田政亮宮司の3人。私は第1回もやらせてもらったので、今回で2回目です。

各大学の落研を代表して一人が一席演じます。なんと今年は東京から3校、九州からも1校が参加して、エントリーした大学は全部で13校。だんだん増えてます。交通費も出えへんのに……。ま、大賞を取れば5万円もらえますが。

出場者はご覧の通り。

画像


この中から大賞一人、特別賞二人が選ばれます。特別賞には賞金がありません。副賞は尼崎特産の麦チョコが1年分。つまり365個。重いよ。

午後1時に始まりました。持ち時間は12分ですが、2回の休憩を挟みながら13席も聴くのですから、かなりの長丁場です。へとへとになりながら、全部を聴き終えました。でもこれだけ多いと最初のほうは忘れてしまいそう……。

今年もレベル高かったです。しかもみんな真面目……。へんな言い方ですが、落研の落語ってちょっとチャラチャラしてるイメージがあるんですよ。ところが、みんなちゃんとやってはります。

普段の落研の落語会で、客席も学生が多い時はもっとチャラチャラしてるそうです。変化球ばっかりで受けを狙うような。ところが、この選手権みたいにジジババ……もとい、お年寄りが多い時は、それでは受けないのです。そこを各落研も分かっていて、本格的にやったほうがいいと判断して、ちゃんとやってるのですね。

これは私の意見ではなくて、付き添いで来ていたうちの弟子、二豆の分析です。彼は落研事情に詳しいのです。自身も少しだけ落研に所属していたし、どこかの大会で準優勝を取ったことがあるのです。二豆にこんな形で教えてもらうなんて、初めてですわ。でもたぶんその通りでしょう。

中には「真景累ヶ淵〜豊志賀の死〜」を出している学生が居ます。法政大学か……。上手い。ちゃんと聴かせてくれました。笑いのない怪談噺で客席を魅了しました。その証拠に軽いくすぐりで客席が沸きましたから。私もゾクゾクっとしました。暖房が効いてないから一層寒かった……。ただ少し時間がオーバー(減点の対象)したんです。惜しい。それはともかく、東京からよく来てくれました。よくこの噺をやってくれました。滑稽噺も聴いてみたいと思いましたよ。

二松学舎大学ってどこにあるねん? みんなのこの疑問を逆手にとってマクラで笑わせてくれました。関西で無名ですが、関東でも無名だそうです。なんともとぼけたキャラで「鈴ヶ森」を楽しませてくれました。

最後のほうになって、一段とレベルが高くなったように思います。神戸大学の女の子の「ちりとてちん」。これが南光兄さんそっくりなんです。口移しで稽古してもらったのではないかと思うほど。またしっかり間を持って、走ることなくじっくり聴かせて爆笑を呼んでました。

その次の関西学院。二豆はここの落研に1年だけ居たそうです。彼の後輩になる訳ですね。この「竹の水仙」が凄く面白かったんです。人物の描き分けがちゃんとできてた。宿屋の亭主、甚五郎、侍を見事に。客席も沸きましたね。

トリ(というても順番はくじで決めたのですが)は大阪大学。笑いが少ないはずの「死ぬなら今」で爆笑でした。賄賂を受け取る閻魔大王から、赤鬼青鬼などのキャラクターも見事でした。やられましたね。

さて審査です。これがなかったら審査員も楽なんですが……。結局この5人の中から3人を選ぶことになったのですが、迷いました。悩みましたよ。まず大賞は大阪大学と決まりました。おめでとうございます。

ところが、特別賞がなかなか決まらない。二人に絞るなんて無理です。でも選ばないといけません。結局、二松学舎大学と神戸大学の女の子に決まりました。あとのお二人さん、本当にごめんなさいね。何かあげるものがあればあげたかったです。

受賞された皆さん、本当におめでとうございます。それから、他のみんなも素晴らしかった。

授賞式が終わったのが、もう午後5時前。4時間かかりましたな。しかし、こういう学生さんのフレッシュな落語を聴いた後はいつも思います。プロの連中、もっとしっかりせなんだらあきまへんで。……特にそこの桂米二。

画像
記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


究極の空間での落語会

2017/11/28 19:13
落語会に向いている会場と向いていない会場があります。今、私が世話役を務めている落語会の会場は、ほとんどが向いていると言っていいでしょう。恵まれてますわ、ありがたいことに。

その中でもピカ一、究極の空間での落語会がこの会です。ここよりいい会場は無いと私は思っております。ナンバー1でしょう。その会のタイトルは「こころ坂・楽々落語会」。交通の便も最高です。それにわかりやすい。京阪電車、七条駅を地下から地上へ上がって、少し東へ歩いたらすぐです。ファミリーマートの2階にある「集酉樂(しゅうゆうらく)サカタニ」。

なぜここが素晴らしいか。まず綺麗。数年前にリニューアルして、照明は全部LEDになったし、壁の白さも一段と磨きがかかりました。

安全になりました。以前は高座の真上に鉄の梁が通っていて、背の高い噺家が時々頭をぶつけてましたが、今はそれもなくなって、頭を怪我する恐怖感からも解放されました。

客席は80名程度。響きも良くて、喉の弱い私でも声がよく通ります。もちろんマイク無しで。お客様の笑い声も心地良く高座まで返ってきます。ここで受けなかったら、よっぽど噺家が下手なのです。私はここで数々の名演を残してきました。エヘン。……誰も言うてくれへんので、自分で言うてますが。

私の演目は、まだまだ自分のレパートリーにはなってくれそうにない「いらちの愛宕詣り」と、若い頃から時々やってる女郎買いの噺、「三枚起請」。

  ☆11月29日(水) 19:00 〜 (開場 18:30)
第48回こころ坂・楽々落語会/集酉楽Syu-Yu-Raku・サカタニ(椅子席)
 京阪「七条」川端七条東入南側・ファミリーマート2F
 (G)ファミリーマートサカタニ京阪七条店
「道具屋」二豆 「強情灸」ちょうば 「いらちの愛宕詣り」米二 「三枚起請」米二 糸:福
前売・予約¥2,000 当日¥2,500 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥500 協力:京都女子大学落語研究会
問&予:サカタニ(月曜定休) TEL (G)075-561-7974 FAX 075-561-6710
PCからのメール info@sosake.jp
または桂米二予約センター TEL 080-5338-7331(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 ここのホールは極上の空間で、少々下手な噺家でも上手に聞こえます。
集酉楽 Syu-Yu-Raku サカタニ

サカタニ地図

画像



続いて落語会に向いている会場での落語会、その中でもピカ一、究極の空間での落語会……。さっきもそんなこと言うてましたね。さっきの「こころ坂・楽々落語会」は京都での究極、この会は大阪での究極……と呼ぶことにしましょう。その名は「音太小屋寄席」。「ねたごや」と読んでくださいね。

残念ながら交通の便はさほど良くありませんが、そんなに悪くもありません。天六から徒歩5分としてますが、ほんまはもうちょっとかかるかもしれません。鯖読んでますな。それにわかりにくい。細い細い路地を入って行かんならん。行き過ぎないでね。

目印として私の幟が立ってます。この幟が曲者で、落語会はもう済んでるのに、その後も3日ほど立ってたことがあります。近所に住んでる米左君が「まだ立ってまっせ」ちゅうて教えてくれたことがありましたっけ。オーナーの哲さんが片づけるのを忘れてはったんです。

けどこの会場、私、好きです。まず汚い。この汚さがなんとも言えない郷愁を呼ぶのです。落ち着きます。ここなら、なんぼ汚しても怒られないという安心感。初めて来た人が「何ここ?」と思うこと請け合いです。

客席は60〜70名程度。高座と客席は凄く近いです。もちろんマイク無しで響き渡ります。ここでも私、数々の名演を……いや、少しだけ残してきました。でも私、ここが好きなんてす。何度も泊まったことがあるほどですから。

懇親会がありますし、お酒をいただきます。でもこの会はいつも車なんです。道具を積んで行ってるので。運転して帰れないので泊めてもらうのです。今回は運転手の二豆が居ますから、冷や冷やしながら帰りますけど。

演目が、これもレパートリーになかなかなってくれない「餅屋問答」と、若い頃からやってるけど体力的にしんどい「不動坊」ですかぁ。大丈夫かいな? たぶんこれを決めた時は体調が良かったんです。

  ☆12月3日(日) 14:00 〜 (開場 13:30)
第50回桂米二音太小屋寄席/天満・(G)音太小屋(2F・椅子、腰掛席)
 大阪市地下鉄・阪急「天神橋筋六丁目」東へ徒歩5分
「子ほめ」二豆 「餅屋問答」米二 「餅つき」米左 「不動坊」米二 糸:和女
予約・案内葉書持参¥2,500 当日¥3,000 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥500
問&予 TEL (G)06-6353-6985 FAX 06-6353-6984 音太小屋(日本会計用品内)
PCメール(音太小屋) tsmtz@yahoo.co.jp
または桂米二予約センター TEL 080-5338-7331(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
 樋之口町交差点西南角から少し西の「米二幟」が目印。その超細い路地を入ってすぐ。
 終演後、参加料1,000円(1ドリンクと軽食付き)で懇親会あります。
 お代わりは別料金。いつも飲んでます。この日は音太小屋に泊まりません。
音太小屋

音太小屋地図

画像


言い忘れてましたが、私も還暦で、寄る年波ということで、老後に備えて今回から値上げさせていただきました。

以上、落語会として究極の空間を二つご紹介しました。ご予約お待ちしております。ギリギリまで行けるか行けないかわからない、けどなんとか行けるようになった方は、受付で「ブログで見た」とおっしゃってください。予約料金にさせていただきます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


火曜の朝席

2017/11/20 10:25
明日の朝10時頃、あなたは何をされていますか?

お仕事でしょうか? たぶん一番多いことでしょう。

ご用事でしょうか? それはどんなご用でしょうか? 家の用事、ご主人、または奥様のご用事? 子どもさんの学校の用事?

遊びですか? 旅行でしょうか? ちょっと寒いかもしれませんが、紅葉が綺麗なことでしょう。

それともご病気で病院へ行かれるのでしょうか? 病院はどこも混んでますよね? まさか入院はされてないでしょうね? どうぞお大事に。

私は落語会です。天満天神繁昌亭の「火曜の朝席」。午前10時から11時半頃までです。落語五席のトリ、主任ということになっております。

何もご予定のない方、落語はいかがでしょうか? 早朝からの会、正直言いましてほとんどの噺家は得意ではありません。だいたい朝はボーっとしていて、お昼頃からエンジンがかかり、夕方からテンションが上がり、終演後の打ち上げが絶好調……。これが我々の世界です。

でも明日は朝から頑張ります。私以外の4人も頑張るはずです。5人が頑張りますが、入場料がまた安い! 前売・予約なら1,500円。当日でも1,800円。どこから儲けが生まれるのかと思うほど安い! 1人当たり300円やもんね。

チケットはたくさんたくさんあるそうです。ご予約をお待ちしております。助けると思ってご予約を……。

11月21日(火) 10:00 〜 (開場 9:45)
火曜の朝席/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口徒歩3分
演目当日 棗 あおば べ瓶 かい枝 米二
前売¥1,500 当日¥1,800 全席指定 TEL 06-6352-4874 天満天神繁昌亭
 最近始まった「火曜の朝席」初出演です。11:30頃終演予定。
天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


第5回米二・染二ふたり会

2017/11/12 11:36
画像


林家染二さん。この人と特に共通点がある訳ではありません。一門も違うし、齢も違うし、顔も違うし、性格も違うし、それに芸風も違います。ただ名前に「二」の字がつくだけ。もう一つ。落語が好きなだけ。

「二」の字は時に可哀想な字です。この字は漢字なのに、印刷物を見ると間違っていることがあります。カタカナのニ(に)の字になってるんですよ。ことに明朝体で印刷されていると顕著です。カタカナの「ニ」はちょっと斜めになってるから。

いつだったかテレビ放送がある時、新聞のテレビ欄を見て驚きました。カタカナになってるんです。ほんま情けなかったですわ。たまにしかテレビに出えへんのに、こんな時に限って間違われてる……。

ひょっとして染二さんも同じ思いをしているのではないかと、ふと思いました。オープニングトークで訊いてみましょうか。

  ☆11月14日(火) 18:30 〜 (開場 18:00)
第5回米二・染二ふたり会/(G)天満天神繁昌亭(椅子席)
 地下鉄「南森町」4-B出口・JR東西線「大阪天満宮」JR3出口 3分
「近江八景」(初演)他一席 米二 「子別れ(上中下通し」他一席 染二 トークあり 糸:美希
前売・予約¥3,000 当日¥3,500 ユース(25歳以下・要年齢証明)¥2,000
チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード 597-700 TEL (G)06-6352-4874 繁昌亭窓口
問&予:TEL 080-5338-7331 桂米二予約センター(主に留守電)
PCからのメール g-yan@yoneji.com 携帯からのメール yoneji.k-yoyaku.0906@ezweb.ne.jp
またはTEL 06-6355-4649 FAX 06-6355-4659 株式会社 SOMEJI
 同じ「二」の字が付く林家染二君とふたり会。
 今年は「近江八景」をネタ下ろしします。
 ご参考までにこの日は桂米二の入門記念日(噺家生活41周年)です。
 Pコード(597-700)は天満天神繁昌亭の公演全部が対象です。
 11月14日(火)6:30PMをご指名ください。
 25歳以下(要年齢証明)のユース料金チケットは桂米二予約センターまで。
林家染二オフィシャルホームページ

天満天神繁昌亭

天満天神繁昌亭地図

画像


チケットお取りします。ご予約メールお待ちしてますね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる