じーやんの拍子の悪い日々・桂米二

アクセスカウンタ

zoom RSS 第14回京の噺家桂米二@繁昌亭

<<   作成日時 : 2013/02/22 01:21   >>

面白い ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


「第14回京の噺家桂米二でございます@天満天神繁昌亭」へご来場ありがとうございました。数を重ねてもう14回になるとは、ちょっと驚きですな。

なぜか2月と8月という、くそ寒い時とくそ暑い時にやる羽目になってます。なんでこうなったんやろ? 2月は繁昌亭の使用料が他の月より安いのですが、べつにそれを狙ったわけでもないしね。

画像


今回は八方兄さんをゲストにお招きしました。プログラムに書いた文章をちょっと引用させてもらいます。


本日のゲストは月亭八方兄さん。古い話ですが、あの伝説のザ・パンダのメンバーだった方です。というてもおわかりにならん若い方のために説明しますが、ザ・パンダは亡くなった先代林家小染、桂きん枝、桂文珍のお三方と八方兄さんがメンバーだったのです。“ヤングおー!おー!”の時代でした。あ、本日ご来場のお客さまは年代的に皆さんご存じで説明不要でしたね。

私が最初に生で八方兄さんを見たのは中学生の時でした。その頃は宇治に住んでましたが、近所のスーパーイズミヤ大久保店へ吉本の若手芸人がやってくるというので、放課後、友達と連れ立って行ったのです。噺家は八方兄さんときん枝兄さんのお二人が来てはりました。アイドルそのものでしたね。会場は人、人、人で埋め尽くされてましたから。無料のイベントでしたが。

この話はまだ八方兄さんご本人には話したことなかったかも? 今は八方兄さんと一緒に飲んだら落語談義に花が咲きます。ご自分で八聖亭という寄席小屋までつくってしまった八方兄さんの落語もお楽しみください。


引用ここまで。

そうなんです。落語会ではなくてスーパーのイベントで見たのです。まだ本格的に落語ファンになる前でしたね。その直後ぐらいから落語会通いが始まったのでした。

屋外でのイベントでしたから、立って漫談という形でしゃべってはりました。おもしろかったです。笑いました。内容は……忘れました。ま、そんなお兄さんに出ていただきましたが、ご出演を快く引き受けてくれはったのが何よりも一番嬉しいことでございます。

落語の後はいつもの丸留提供、果物抽選会。今回の景品は柑橘類の「甘平」。これで“かんぺい”と読むそうです。「勘平さんは三十になるやならずで……」とは違いますよ。わかってるちゅうねん。

3個入りを17名の方にプレゼントしました。これって高級品で1個が1,000円ぐらいするという噂……。あくまで噂ですよ。それなのに写真を撮るのを忘れた。ごめんなさい。見てもらえなくて。

それにしても抽選会の時のお客さまの顔というたら、みんな生き生きしてはります。落語の時、寝てた人も起きてはるしね。ま、それはそれでええのですが……。

終演後は例によって酒浸り。たらふく飲んでるうちに京阪特急がなくなる時刻になってしまいました。JR新快速が遅くまであるのですが、この間は草津まで行ってしまったという憂いがあります。なまじ野洲行きに乗ってしまったからいけないのです。もう25分遅らせて最終京都行きに乗るべきなんです。ちゃんと学習してるでしょ? 二乗と二葉が一緒ですが、頼りになるという保証はどこにもない。

そんなわけで、ほとんどみんなが帰ってからも飲み続けておりました。そして乗った最終の京都行き。寝ても大丈夫と思たら寝られないもんです。ワーワーしゃべってたらあっという間に京都到着。

3人でタクシーに乗り込みましたが、こういう時はまず二乗師匠をお宅までお送りして、それから我が家へ向かいます。二乗師匠が運転手さんに指示をして良きところで車を停めてもらい、「お疲れさま」と降りて帰って行きました。

次は我が家ですが、運転手に道を教えるのは弟子の役です。二葉が指示した通りのところで停めてもらい、まず二葉が降りました。続いて私も降りようとしたら、いきなりドアが閉まって車が動き出したやないですか。

どうなってるんや? 拉致されたんか? 行先は北朝鮮?

どんどん走って、我が家は遠ざかってしまいました。

「ちょっと停めてよ。どこへ行くの?」

「えっ? 次はどこまで行ったらいいのですか?」

これは運転手の勘違い。ここは二葉だけが降りて、私の家は別のところやと思てはったんです。勝手にそんなこと思いないな。

「違いますねん。ここで二人とも降りるんですがな」

やっと降ろしてもらいましたが、ふと思いました。私と二葉の間は「どんな関係なんや?」と、きっと運転手に不思議に思われたことでしょうな。一緒に降りたから同じ家に住んでると思われたに違いない。アフロと私では親子には見えんやろうし、まさか師弟関係とは気がつくまい。「ひょっとしてあの二人は……」とへんに勘ぐられたんやないかと思うと、妙におかしくて仕方がないという不思議な夜でございました。

あ、もちろん二葉はその後、自転車で自分の家へ帰って行きましたよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
とても楽しく、ご挨拶もでき嬉しかったです。
ありがとうございました^_^
ももわか
2013/02/26 14:38
また来てくださいね。お待ちしております。
ジーやん
URL
2013/02/28 22:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第14回京の噺家桂米二@繁昌亭 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる